ロングテール理論(現象)

CPC(クリック単価)、PPC、CPM(インプレッション単価)とは?インターネット広告用語の意味と、費用対効果の計算式


CPC(クリック単価)やPPC、CPM(インプレッション単価)など、インターネット(リスティング)広告業界では、様々な用語があります。

ですが、特に初心者の方では、急に「CPC」などと専門用語を使われても、「CPCって何だよ?」ってなると思います。

ただ、インターネット(リスティング)広告の業界では、知ってて当たり前の言葉でもあります。

インターネット広告というのは、通常、何かしらの媒体(メディア)に出稿するだけでは、費用は掛かりません。

例えば、

  • 「広告が表示されることで、コストが発生するタイプ」
  • 「広告がクリックされることで、コストが発生するタイプ」
  • 「広告がクリックされ、遷移先のページにて、ユーザーがなんらかの行動をしたときに、コストが発生するタイプ」

※なんらかの行動とは、商品購入や資料請求などです。これを「クロージング(Closing)」ともいいます。

このように、様々な費用形態があることで、インターネット広告業界では、専門用語が多く存在するんですね。

そこで、今回の記事では、特に知っておくべき下記三つのインターネット広告用語について、順に解説していきます。

  • CPC(Cost Per Click )
  • PPC(Pay Per Click)
  • CPM(Cost Per Mille)

CPC(Cost Per Click:クリック単価)とは?インターネット広告用語の意味と、費用対効果の計算式について

CPC(Cost Per Click:クリック単価):インターネット広告用語

CPC(Cost Per Click)とは・・・ネット広告を出稿するときの費用形態の1つで、クリック1回あたりの費用のことです。

クリック単価とも呼ばれています。

例えば、下図では、二つの広告が表示されていますよね。
この広告が一度クリックされたときの費用(単価)が、「CPC」なのです。

CPC(Cost Per Click) インターネット広告例

CPC(Cost Per Click)を算出するときの計算式は、下記になります。

計算式 : コスト ÷ クリック数

例えば、1万円のコストで広告を出して、50回ほど、その広告がクリックされた場合

10000円 ÷ 50回 = 200円

となります。この例であれば、クリック一回あたりのコストは「200円」ということになります。

このように、「CPC」は、インターネット上で広告をだし集客するさい、費用対効果を算出する重要な指標となります。

CPCが低ければ、それだけ費用対効果が良く、逆にCPCが高ければ、費用対効果は悪いということになります。

以上です。

PPC(Pay Per Click)広告(リスティング広告)とは?

PPC(リスティング)広告

PPC(Pay Per Click)とは・・・CPC(Cost Per Click)と比べると、「Cost」が「Pay」に変わっただけです。

日本語に直すと、「費用」が「支払い」に。

そう「一緒」なんです。概念的には、違いなど全くありません。

また、このようなクリック課金型のインターネット広告を「PPC広告」または「リスティング広告」と呼びます。

ただ、「PPC広告」や「リスティング広告」は、検索連動型広告のことを指して使われるのが、一般的です。

なので、「クリック単価」全般が「CPC」で、検索エンジンに特化したクリック単価が「PPC」と区別しておけば良いでしょう。

検索エンジンとは、GoogleやYahooが代表的存在ですよね。
なので例えば、Googleで「ブログアフィリエイト」と検索して、検索結果に表示された広告が、「検索連動型広告」となります(以下、赤枠内)

リスティング広告枠

これらを、PPC広告やリスティング広告と呼んでいるんですね。

ここに広告を出稿する際の費用は、人気な検索キーワードほど「高額」になります(検索キーワードについては、こちら→SEOでキーワード対策をおこなう本質と、6つの対策ポイント

例えば、「クレジットカード」や「中古車」・「不動産」・「FX」といったビッグワードなどは、かなり高い出稿料になるでしょう。

要は、「PPC」が高い。ということになります。

例えば、「クレジットカード」というキーワードでは、なんと単価(目安)が、1000円以上になっています。

Google AdWords(アドワーズ)キーワードプランナー調べ】
PPC広告 キーワード単価の例

上記から、「クレジットカード」というキーワードは月間に「165,000回」も検索されていることが分かります。

このように、検索回数が多ければ多いほど、広告単価(PPC)も高くなるんですね。

PPC(リスティング)広告などのインターネット広告の特徴

インターネット広告の特徴

ここで、ちょっと「PPC(リスティング)広告」などのインターネット広告の特徴を解説しておきましょう。

インターネットに限らず、「売上げ」を上げるためには、まず「集客」が重要なポイントになりますよね。

そして、集客数を上げるためにもっともよく使われる手法が「広告」です。

TVコマーシャルや新聞・雑誌などですね。

そして、特に近年では、インターネットが当たり前の時代になり、PPC(リスティング)広告などのインターネット広告が注目されています。

従来の広告(TVや雑誌)というのは、通常、露出や配信のボリュームに応じて費用が発生するものです。

たとえ、その広告に興味・関心を抱いた人が一人もいなかったとしても、広告費を支払わなければならなかったのです。

一方、PPC(リスティング)広告というは、広告がクリックされなければ費用は生じません。

基本的に、広告内容にまったく興味がない人というのは、わざわざクリックしませんよね。
なので、「クリック」したということは、何かしらその広告に興味を持った見込み客である。ということが言えます。

なので、見込み客の獲得に対して、都度広告費を払っていくので、極めてムダのない費用形態と言えるのです。

これが、従来のTVや雑誌広告との、大きな違いとなります。

CPM(Cost Per Mille:インプレッション単価)とは?インターネット広告用語の意味と、費用対効果の計算式について

CPM(Cost Per Mille:インプレッション単価):インターネット広告用語

CPM(Cost Per Mille)とは・・・広告の表示に対して費用が発生する形態になります。
具体的には、1000回の表示あたりの費用が「CPM」になり、「インプレッション単価」とも呼ばれています。

前述の「CPC」や「PPC」は、クリックに対しての費用形態でしたが、「CPM」は、上記のようにインプレッションに対しての費用形態となります。

また余談ですが、CPMの「M」は “Mill”(ミル:ローマ数字で ”1000”)を意味します。
なので、1000回あたりの料金なんですね。

CPM(Cost Per Mille)の費用対効果を算出する計算式は、下記の通りです。

計算式 : コスト ÷ 表示(インプレッション)数 × 1000

例えば、10万円のコストで広告を出して、20万回のインプレッション数があった場合、

100,000円 ÷ 200,000回 × 1000 = 500円

となります。この例であれば、インプレッション1000回あたりのコストは「500円」ということになります。

このように、「CPM」は、インターネット上で広告をだし集客するさい、費用対効果を算出する重要な指標となります。

ちなみに、「CPC」で広告を出すか、それとも「CPM」で出すかを考える場合は、

価格面で考えれば、クリック率(クリック回数 / 表示回数)が、0.1を下回るなら、「CPM」のほうが良いでしょう。
逆に、0.1を上回れば、「CPC」のほうがよいです。

※1000回表示されて、クリック率が0.1%だった場合、クリック数は1になるため、「0.1」が起点となります。

ただ最近は、クリック回数あたりの課金や、成果報酬型の課金方式が一般的になっています。

以上、「CPC(クリック単価)」、「PPC」、「CPM(インプレッション単価)」の説明でした。

CPA(Cost per Acquisition:コンバージョン単価)

また、他にも「CPA(Cost per Acquisition)」といった費用対効果の指標もあります。

こちらは、商品(サービス)を購入するといった成約(コンバージョン)1件に対して、掛かった広告費用になります。

なので、「CPC」や「CPM」と比べると、はるかに高くなる指標になります。

例えば、5万円の広告費を投入して、5件の成約(コンバージョン)を出すことができれば、「CPA」は、1万円となります。

このように、「CPA」は、広告の提供側が、消費者に「最終的にとってほしい行動(購入や契約)」に対してのコストとなります。

なので、「売上げ」に対しての費用対効果を考える上で、最も重要な指標となります。

「CPA」を安くおさえるには、コンバージョン率を高めなければなりません。

コンバージョン率を高めるには、広告自体だけではなく、広告から流入させる「ランディングページ(セールスレター)」の構成や内容も非常に重要になります(ランディングページについては、こちらで解説しています→ランディングページとは?landing pageの作り方(制作手順)と、LPO対策で重要な8つのポイントをまとめてみた

コンバージョン率を高めるためのポイントについては、下記記事にまとめていますので、ぜひ見ておいてください。

以上です。

まとめ:SEO(検索エンジン最適化)について

上述しているとおり、現状、インターネット広告の主な掲載場所は、検索エンジンになります。

ですが、PPC(リスティング)広告は、年々競合会社が増え、掲載単価も高騰していっています。

一方で、検索エンジン経由でアクセスを集めるには、「SEO」という施策も非常に有効です。

SEOとは・・・直訳すると、検索エンジン最適化という意味で、自分のサイトの検索順位を上位へもっていく施策になります(下図の「検索結果枠」が表示範囲です)

seo 検索結果ページ

もし、検索結果の上位に表示することができれば、広告費など一切必要なく、検索エンジン経由の見込み客の流入を期待できます。

このような事からも、最近では、「コンテンツ・マーケティング」や「インバウンド・マーケティング」といった言葉が日本でも注目されつつあります。

短期的にみれば、広告費を投入して集客するほうが容易で、効果がありますが、中・長期的に見れば、「SEO」を施したサイト(又はブログ)は、費用を払わずとも、自動的に見込み客を集客してきて、ビジネスにおいて大きな価値を生み続けるでしょう。

「SEO」については、こちらで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください→SEO対策とは

以上です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。