ヒロト(長野広稔) 株式会社インターフィニティの経営者

ヒロト(長野広稔)とは?株式会社インターフィニティ(アフィリエイト等のネットビジネスが事業)の経営者である彼が詐欺師?


ヒロト(長野広稔)とは・・・株式会社インターフィニティの代表取締役で、年商にして8000万円を稼ぎだす若手起業家です。

ヒロト氏は現在(2014年)25歳で、なんと「21歳」の時には、月収148万を稼ぎだしていたという事ですから、驚愕ですね(まだ大学も卒業していない年代です)

それから右肩上がりで収入は増えていき、23の時には「月収821万」を稼ぎ出し、今では年商8000万円の企業を経営しています。

また、与沢翼や、久積篤史といったネオヒルズ族の代表格とも交流があるみたいです。

ヒロト 与沢翼・久積篤史との交流

※与沢氏と久積氏については、下記記事にて解説しています。

与沢翼(フリーエージェントスタイルホールディングス代表取締役)が、詐欺師と言われる2つの理由とは
久積篤史(ネオヒルズ族 兼 株式会社ソーシャルブランドの代表取締役)が2chで「詐欺」だのと叩かれている件

特に与沢翼氏のことを尊敬しているようですね(下記)

ヒロト 与沢氏への推薦文

ヒロト氏自身でも「フリーエージェント」を、世に広めることを提唱していますしね。

ただ、いわゆるネオヒルズ族特有の「六本木ヒルズやミッドタウンといったタワーマンションに住み、高級車や高級ブランドを所有していて、TVや週刊誌でも多数紹介されている」
といった印象はあまりありません。

また、肝心の事業内容については、アフィリエイトや情報商材の販売といったネットビジネスが主な事業となり、FXなどの投資関連もやっているようです。

※「情報商材」については、こちらで解説してます→情報商材とは?”稼ぎ系”の9割以上は詐欺まがいのモノである

また、Youtubeなどの動画を使ったマーケティングやブランディングについては、彼の得意分野でしょう。

「動画マーケティングのパイオニア」なんて呼ばれ方もしています。

Youtube:月収742万円稼ぐ23歳ヒロトが語るネットビジネスの本質

一方、ヒロト氏に対しての黒い噂も存在しています(下記)

「ヒロト氏(長野広稔)から商品を購入したのに、期限になっても商品が届かない、、」
「”片手間ほったらかしで収益をあげる方法” などと散々煽って、3万円も払ったのに、ありきたりで内容の薄い情報商材だった、、」

上記のような情報が、ネット上に多々あるのです。
「ヒロト 詐欺」などと検索したら、多々ヒットするでしょう。

そこで、今回の記事では、ヒロト氏(長野広稔)の経歴とともに、上記のような問題となっている情報についてまとめてみました。

以下、目次になります。

  • 「株式会社インターフィニティ」経営者:ヒロト氏(長野広稔)の経歴について
  • ヒロト(長野広稔)氏が、詐欺師などと言われている件について

「株式会社インターフィニティ」経営者:ヒロト氏(長野広稔)の経歴について

ヒロト(長野広稔) 株式会社インターフィニティ経営者 経歴

当章では、ヒロト氏がネットビジネスで成功(21歳の時点:月収148万)するまでの経歴についてまとめています。

  • 【生い立ち】 : 1988年8月9日に大阪で、生まれる
  • 【高校・大学時代】 : 高校は「大阪府立春日丘高校」で、大学は「関西学院大学の経済学部」に入学
  • 【ネットビジネスとの出会い】 : 18歳の頃(大学生時代)に、初めてやったのは「ヤフーオークション」

    ヤフーオークションで、物を買ったり売ったりすることで、『ネットってお金稼げるんだな』と実感し、その後、オークションでのビジネスを2年半続ける。

    2年半で稼いだ総額は「350万」くらいとの事。なので、1ヶ月の平均は「約15万」くらい。

  • 【アフィリエイトや情報商材の販売に参入】 : オークションで得たお金を元手に、「稼ぐ系」の情報商材を買い漁る

    最初は、とにかく様々な商材に手を出す。
    もちろんその中には、詐欺商材もあり、買っては騙され、買っては騙されの繰り返しだったといいます。

    ただ、その中にも上質な商材も存在し、まともな知識も少しずつ付けていったとのこと。
    菅野一勢さんや川島和正さんなど、著名な書籍も読み漁り、「この人たちにできるのだから、自分にもできる。」

    そう思って続けた結果、月収数百万を稼ぎだすまでに至る(しかも、1~2年という短期間で)

以上です。

参考元:ヒロトオフィシャルブログ:かっこ悪いヒロトを公開

ヒロト(長野広稔)氏が、詐欺師などと言われている件について

ヒロト(長野広稔) 詐欺師

当章では、ヒロト氏が「詐欺師」などと言われる理由について、ネット上の情報をまとめてみました。

  • 【株式会社インターフィニティから商品を購入したのに、期限になっても届かない】

    見出しどおり、「株式会社インターフィニティ」から商品を購入したのに、期限になっても届かないという事例があるようです。

    参照元:Yahoo知恵袋:株式会社interfinity(インターフィニティ)という会社について

  • 【コンサル生?とのヒドイやりとり】

    下記は、ヒロト氏とコンサル生?とのやりとりになります。

    ヒロト氏 詐欺項目 コンサル生とのやりとり

    ちょっと文字が小さく見づらいため、下記にヒロト氏の発言をピックアップしました。

    ・ゴミマインド叩き直すわ
    ・しょーもな、消えて。二度と近づくな
    ・彼は出会ったころから、もともとゴミクズだったので

    などと、目に余る暴言をはいています。

    これだけでは、詐欺と直接的な関係はないですが、もしコレが「お金を払ったコンサル生」とのやりとりだったら、、、

    考えたくもないですね。

  • 【300万円ものプログラム(コンサル?)】

    ヤフオクで、非常に高値で売りだされている【億を稼ぐ秘訣・継承プログラム】

    価格はなんと300万円です(下図)

    ヒロト 詐欺項目 ヤフーオークション

    内容は、おそらく情報商材の提供はもちろん、半年などの中期期間ヒロシ氏がコンサルするといった内容ではないかと思います。

    もちろん、これだけでは詐欺にはなりません。単に高額なコンサルプログラムなのです。

    ただ、その内容によっては詐欺に成りうるということです。

    過去に、与沢氏や久積氏が運営していた「高額塾」では、

    「数十万といった高額な塾なのに、サポートが全くされない」
    「誰でも月収100万稼げるとか謳っておきながら、全くもって成果が出ない」
    「高額塾の実態は、ただのネズミ講だ」

    などといった声をもとに大炎上しています。

    なので、このような被害にならないように「問題提起」として、当項目を挙げさせていただきました。

    また、ヤフオクのページの「商品説明欄」には下記のような記載もあります。

    「コンサルティングは300万円としましたが、別に30万円~でも可能です」

    これは、かなり矛盾している記載となっていますが、どのような意図があるのでしょうか。

  • 【射幸心を煽る情報商材の販売】

    ヒロト氏が販売している「UAP(アルティメット・オークション・プログラム)」という情報商材。

    「UAP(アルティメット・オークション・プログラム)」のセールスページ

    上記セールスページには、下記のように射幸心を煽る言葉が多数見受けられます。

    ・「片手間ほったらかしで収益をあげる方法」
    ・「オークション全くの素人、資金0の状態からでも、オークションを通じて人生を変える方法」

    ちなみにこの情報商材は「3万円」という高額な商材となっています。

    もちろんこれだけでは「詐欺」などではなく、「3万円」に見合うだけの価値ある内容であれば、何も問題はありません。

    ただ、もし・・・

    セールスページで煽るだけ煽っておいて、中身が全く伴っていない場合(ありきたりな内容になっていたり、全く役に立たないような内容)

    この場合は、完全に詐欺であり「特定商取引法」を逸脱した「犯罪(違法)」であります。

    実際に、上記のような誇大広告が問題となって行政処分が下された事例もあります(詳しくは下記にて解説しています)

    特定商取引法(特商法)とは?特定商取引法に基づく表記(表示)と、規制内容についてまとめてみた

以上、ヒロト氏が「詐欺師」などと言われる理由について、ネット上の情報をまとめてみました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。