与沢翼(フリーエージェントスタイル ホールディングス)

与沢翼(フリーエージェントスタイルホールディングス代表取締役で「与沢塾」の主催者)が、詐欺師などと言われる評判について


与沢翼とは・・・「株式会社フリーエージェントスタイルホールディングス」の代表取締役として、年収12億円を「インターネットを活用したビジネス」で稼ぎ出している「ネオヒルズ族」の象徴的存在であります。

与沢翼氏の住居はミッドタウンの最上階で、愛車は7,000万円のロールスロイスと4,000万円のフェラーリを所有し、TVや雑誌にも多数出演しています。

また「第二のホリエモン」とも呼ばれ、「金の亡者」や「毎晩、高級シャンパンなどで飲み明かしている」・「毎晩、女とベッドを共にしている」などといったイメージも広く浸透しています。

おそらく、これは与沢翼氏の「ブランディング戦略」なのでしょう。

与沢翼 ブランディング

表では、このように「時代の寵児」として脚光を浴びていますが、一方裏では

  • 高額塾に入会したが、全く稼ぐことができない、、、金返せ!
  • 高額商材を売りつけられたが、価格が高いだけで内容がまったく伴っていない、、、詐欺だ!

なんて声も多数存在しています。

与沢翼 詐欺」とググれば、このような情報がいっぱい出てくるでしょう。

そこで、今回の記事では、なぜ与沢翼氏は「詐欺師」などと言われているのか・・・その理由と、彼の経歴についてもまとめていますので、順に解説していきます。

以下、目次になります。

  • 与沢翼(フリーエージェントスタイルホールディングス代表取締役で「与沢塾」の主催者)の経歴
  • フリーエージェントスタイルホールディングスの具体的なビジネス内容
  • 与沢翼が、詐欺師などと言われる評判について

与沢翼(フリーエージェントスタイルホールディングス代表取締役で「与沢塾」の主催者)の経歴

与沢翼 若いころ

当章では、与沢翼氏の経歴を、下記の順に解説していきます。

  • 与沢翼の生い立ち~暴走族時代~早稲田大学入学
  • 与沢翼の最初の会社:「エスラグジュール株式会社」を設立
  • フリーエージェントスタイルホールディングス社の設立とその後

では、順に解説していきましょう。

与沢翼の生い立ち~暴走族時代~早稲田大学入学

生い立ち 暴走族時代 早稲田大学入学

  • 【生い立ち】

    与沢翼氏は、1982年(昭和57年)11月11日に、埼玉県秩父市で誕生しました。
    実家は旅館経営をしており、幼少期から商業が身近にある環境であったといえます。

  • 【小学時代(いじめ)】

    小学校6年生の時、埼玉の大宮に引っ越し、話し言葉の訛り(なまり)や生意気だという理由で、「いじめ」を受けたそうです。

  • 【中学時代(不良の始まり)】

    与沢翼 中学時代

    中学に進学すると、「いじめ」を受けた反動で、中学一の不良に成りあがり、大宮中の先輩や悪友、後輩とともに不良グループの連合を作り、

    毎日、喧嘩や酒の日々を送り、大宮でも有数の不良だったそうです。

    一方、中2から始めた洋服の転売ビジネスで、月に何十万と稼ぎ、この時から商売の才覚が出ていました。

  • 【高校中退(暴走族へ、そして逮捕)】

    高校は、なんと3日で退学し、18歳には関東最大級の暴走集会に参加したそうです。
    そして、その時のガサ入れから、逮捕にも至っています。

  • 【早稲田大学へ入学】

    逮捕された事をきっかけに、不良やチンピラ等全ての関係を断ち、19歳で大学受験を決意。

    大検を取得し、わずか9か月の勉強で早稲田大学に合格したそうです。

    当時は、10代の経験を生かした弁護士になるべく、入学式が始まる前より「六法全書」を携え、法律の猛勉強をしていたそうです。

    その後、2年半は法律の勉強に時間の全てを捧げています。

    ですが在学中に、経済産業省が主催するビジネスコンテストにエントリーして、数千名の応募から3名しか選ばれない優秀賞を受賞します。

    優秀賞をきっかけに、年商120億円の社長のかばん持ちをすることになり、この経験をきっかけに弁護士への道から起業家への道へとシフトしていきます。

与沢翼の最初の会社:「エスラグジュール株式会社」を設立

エスラグジュール(luxoure)

206年3月、与沢翼氏は、早稲田大学在学中に1社目の会社を設立しています。
それが、ネットアパレル通販会社の「エスラグジュール」になります。

この会社を設立して、わずか3年半で月商1億円を超えるネット通販会社に育てあげました(下記、主な動き)

  • 渋谷系ファッションの、eコマースサイト「CRAZE」を立ち上げる
  • ギャル・ギャル男系雑誌である「egg」や「men’s egg」との独占的な業務提携契約
  • IT業として、初の「109」への出店
  • 海外(上海)にも実店舗を展開

ですが、その後2011年8月に会社の業績が悪化し、倒産してしまいます。

倒産の原因としては、国内and海外で同時に7店舗のアパレルショップを出店したが、どれも一気に失敗(業績不振)したことが原因となっています。

フリーエージェントスタイルホールディングス社の設立とその後

フリーエージェントスタイルホールディングス

フリーエージェントスタイル株式会社を設立する前に、実はその前身となる会社「Rajuri」を、彼女(山田るり子さん)と共に、六本木ヒルズの一室にて創業しています。

その後、個人で稼げる時代「フリーエージェントスタイル」を提唱するために、「株式会社フリーエージェントスタイル」を設立したんですね。

その後は、怒涛の勢いで「売り上げ」を上げていき、たった一年で年商50億まで登りつめます。
スタートは、所持金10万円からとされているので、本当にすごい勢いです。

会社が軌道に乗ってからは、TVや雑誌などにバンバン出演し、今の「与沢翼」というブランドを作り上げています。

以下、主要な動き

  • 著書「秒速で1億円稼ぐ条件」を出版

    著書「秒速で1億円稼ぐ条件」の広告として、山手線の全車両をジャックしたことが話題になりました(下図)

    秒速で1億円稼ぐ条件 与沢翼

    価格:¥1,620

    こちらの広告、全部で「3800万円」掛かっているそうです。

  • 運転手への暴行容疑で書類送検

    与沢翼 書類送検

    専属運転手だった男性(43)を殴って軽傷を負わせたとして、警視庁麻布署は22日、傷害容疑で、インターネット関連会社「フリーエージェントスタイルホールディングス」の与沢翼会長(31)を書類送検した。

    同署によると、与沢翼会長は「右ほほを触っただけ」と容疑を否認している。

    参照元:産経ニュース:「秒速で1億円稼ぐ条件」の与沢会長、専属運転手殴り送検 「触っただけ」否認

  • 彼女である「山田るり子さん」との別れ

    山田るりこさん

    与沢翼氏は、彼女との別れについて下記のように述べています。

    【重大なご報告】
    私事ではございますが、実は1月の初旬、最愛の彼女「山田るり子」とお別れ致しました。

    約3年11ヶ月の間、苦楽をともにし、成功と地獄を二人で見てきました。

     ・
     ・
     ・

    今後、私の苦労を知る女性は、現れないかもしれません。
    私と出会うこれからの女性は、ある程度の成功をした私しか知らないかもしれません。
    今後、女性と人生を分かち合い、ともに苦楽をともにすることは、もう私の人生では、ないのかもしれない。

    参照元:与沢翼氏のFacebook:重大なご報告

    上記からも、とても与沢翼氏にとって大切な存在であったことが分かります。

    ※「山田るり子さん」についてはこちらでまとめています→山田るり子さんとは?与沢翼氏(ネオヒルズ族)と出会うまでは、ただのOLだった?

  • 資金ショートの危機

    2014年4月26日、与沢氏は自身のブログで下記のように述べています。

    2013年8月期決算の法人税、住民税、及び事業税2億5千305万の支払いのうち、約1億1千万円並びに、2012年8月期の修正申告分の税として8940万7200円を追加で、計約2億円支払い、並びに2014年8月期決算予定納税の一部を支払い、フリーエージェントスタイルの資金が完全にショートしました。

    そのため、今日時点において、既にフェラーリ、ロールスロイス、ベントレー3台を売却し、住宅なども全て解約しております。

    ※参照元:与沢翼オフィシャルブログ:与沢翼からご報告します。

以上が、与沢翼氏の主な経歴になります。

経歴情報の参照元(以下)

与沢翼(よざわつばさ)Wiki
NAVERまとめ:【年収12億円】ヤバすぎるネオヒルズ族『与沢翼』とは何者なのか

与沢翼(フリーエージェントスタイルホールディングス代表取締役で「与沢塾」の主催者)の具体的なビジネス内容

与沢翼 ビジネス

与沢翼氏が「詐欺師」と呼ばれる理由をまとめていく前に、まずは彼がどのようなビジネスをおこなっているのかを、理解しなければならないでしょう。

テレビや雑誌などでは、「インターネットを活用したビジネス」などと宣伝されていますが、具体的に ”どのようにして稼いでいるのか・・・” といった突っ込んだ話しはされず、いまいち ”何をしているのか” が伝わってきません。

そこで、当章では、具体的にどのようなビジネスをしているのか・・・を順に解説していきます。

まず、結論から言いましょう。

彼が、「巨万の富」を得たビジネスは

情報商材の販売」と「自分の名を使った与沢塾の運営」

この二つに収束されます。

まず、「情報商材の販売」について。

※情報商材とは・・・主に、販売サイトやブログ・オークションなど「インターネット」を介して売買される情報(ノウハウ)のことを指し、情報自体が商品となります。
その内容としては、「アフィリエイトのノウハウ」や「FXなどの投資関連」から「ギャンブルの必勝法」まで、”稼ぎ系” のものがほとんどですが、「ダイエット法」や「異性にモテるノウハウ」なども存在します。

この「情報商材」を高額で売りつけて、多額の利益を出してるわけですね。

ネオヒルズ族の情報商材 稼ぎ方

与沢翼氏含めネオヒルズ族が扱っている「情報商材」は、”稼ぎ方” に関する商材が中心になっています。
要は、「私は、このようにして●●億円稼ぎだしました」といった類のものです。

このノウハウを情報商材として、ネットやセミナーで売りつけているわけですね(値段はピンきりですが、(リスト取得のため)無料で販売する事もあれば、5万・10万といった高額な値段で売られる場合もあります)

さらにそこから「与沢塾のような、高額な会費制の塾」へ入会を勧めていき、稼ぎを増やしていくのです。

これが、「自分の名を使った塾の運営」になります。

特徴は、「与沢翼があなたを全面サポートします」などと謳い、完全に自身のブランドを使った戦略で集客をし、入会するには「数十万」の高額な入会費が必要となります。

これら二つのビジネスが原因で、与沢翼氏は「詐欺師」と批難されるようになりました。

では、なぜ批難されるようになったのか・・・その理由を次の章で解説していきます。

※勘違いしてはいけないのが、「情報商材自体」が悪いわけではありません。健全な情報商材も、もちろんあります。
「SEOのノウハウ」や「ライティングに関してのノウハウ」など実用的な情報商材も数多くあるのです(SEOについては、こちらで解説しています→SEO対策とは

与沢翼(フリーエージェントスタイルホールディングス代表取締役で「与沢塾」の主催者)が、詐欺師などと言われる評判について

フリーエージェントスタイルホールディングス 詐欺と言われる理由

与沢翼氏が、なぜ「詐欺」と批難されるようになったのか・・・その理由を下記2つにまとめました。

1、「セールスページ」で言っている事と、実際の「与沢塾の運営内容」が違う

まずは、実際に「セールスページ」を見てみてください。
下記は、与沢翼氏とビジネスパートナーになる事を売りとした「セールスページ」になります(価格は、なんと1、000万円)

与沢翼氏とビジネスパートナーになる事を売りとしたセールスページ

上記を見てみると分かりますが、読者を「その気にさせる(購入させる)」ための煽り文句が頻出しています(下記)

  • 与沢翼の「全資産」をあなたに移転します。
  • インターネットビジネス界の頂点に君臨する「与沢翼」があなたのビジネスパートナーになります。
  • 1年間に渡る、与沢翼グループ精鋭による完全サポート
  • このオファーよりも費用対効果のきいた有効的な1、000万円の使い道は私の知る限り、この世界には存在しない
  • 私とビジネスパートナーになった方々は、私と出会うことによって飛躍的に、そして、爆発的に収入を増やすことに成功しました。その金額はなんと数千万から数億円以上です。
  • 登録者数34万件のインターネット業界屈指のメルマガに対して、作成頂いた広告(レター)を30回という回数を使用することにより、御社(あなた)の認知度、信頼性は確実に急上昇し、多くの見込み客を獲得することができます。
  • 30、000人のアフィリエイターを使うことにより、御社(あなた)の商品、サービス等を一気に拡散させ圧倒的速度で認知度を上げることが可能になります。

上記のように、煽り文句が多数ある「セールスページ」ですが、もし1、000万円を払い、上記商材を購入して、、、

セールスページの内容との相違による影響

  • 収入が全く増えなかったら
  • 完全サポートのはずが、電話すら出てもらえない放置状態だったら
  • ビジネスパートナーとは名ばかりで、まったくフォローやアシストがなかったら
  • 認知度を圧倒的速度で上げると言っておきながら、全く効果がなかったら
  • (与沢氏が保有してる)メルマガやFacebookで、認知度を上げてくれると思ってたのに、全くPRされなかったら

想像もしたくないですよね。
ですが、「詐欺師」といった「非難轟々(ひなんごうごう)の嵐」になっている状況を踏まえると、上記のような事が現実的に起こっている可能性も十分にあるのではないでしょうか。

2、高額な値段に伴っていない「与沢塾の運営内容」

フリーエージェントスタイルホールディングス 高額な塾運営

上記にも通じる部分がありますが、与沢翼氏を筆頭にネオヒルズ族が運営している「塾」というのは、高額なのが特徴になっています。

先ほどの「1、000万円」というのは異例ではありますが、少なくとも数十万円は掛かります。

一般人にとって、一筋縄では集めることができない額ですよね。

なので、当然「塾の運営内容」は、その金額に見合う内容になっていなければなりません。

ですが、実際は

  • 「全面的にサポートします」と謳っておきながら、全くの放置状態
  • 与沢翼氏だからこそできる内容であって、ごく一般人が再現できるような内容になっていない
  • ネット上で検索すれば、普通に出てくるような教材になっている

ググってみると、上記のような内容が多数ヒットされます。

もしこれが事実であれば、「高額であるにも関わらず、全く内容が伴っていない」といった詐欺になりますよね。

以上、与沢翼氏が「詐欺師」と言われる2つの理由でした。

まとめ

与沢翼氏は、資金がショートしてから自身のブログで下記のように述べています。

  • 私としては、これまで規模が小さいという理由で意にも介さなかった少額(1000円以下)の月次課金のメルマガと動画チャンネルを、とても小さな規模ですが、始めさせていただこうと思っております。
  • 高額商品と呼ばれるものは、今後、私の人生ではやらないと決意しています。
  • 弊社に関連するアフィリエイトセンターは、閉鎖を予定しております。
  • これまでの、ビジネスの中核となっていた手法それ自体から、撤退する方向でおります。
  • 今後は、有料メルマガ、有料チャンネル、YOUTUBE収益パートナー、グーグルアドセンス、アフィリエイトを行っていきます。

参照元:与沢翼オフィシャルブログ:本日、新宿アイランドタワーに移転いたしました

これは自身でも、今までやってきたビジネスの限界や苦悩・罪悪感を抱えてきたからこその発言だと思います。

今後、「与沢翼」という男が、どのような活動を展開していき、どのように世間に価値を提供していくのか。

今後も注目していきたいと思います。

【告白】:秒速で転落した真実 与沢翼

価格:¥1,404

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。