CubePDF Utility

cubepdf Utility(PDFの作成・編集フリーツール)のダウンロート・使い方(ファイルの分割・結合など)と評価


cubepdf とは・・・PDFを作成・編集するための、無料のフリーソフトになり、

エディションは、下記の2つになります。

  1. 【CubePDF(通常版)】・・・WordやExcelなどのファイルから、PDFへの変換機能や、PDFのセキュリティ設定をする事ができます
  2. 【CubePDF Utility】・・・PDFのページ編集(削除や順序変更・分割・結合)や、セキュリティ設定をすることができます

※通常版・Utility 共に、無料のソフトです。

今回の記事では、通常版・Utility 共に、ダウンロード・インストール手順と使い方について、順に解説していきます。

以下、目次になります。

  • cubepdf(通常版:無料ソフト)は、Word・ExcelをPDFへ変換したい人向け
  • Utility版(PDFの作成・編集フリーツール)のダウンロードとインストール手順
  • cubepdf Utilityの使い方(ファイルの分割・結合、パスワードの設定など)
  • 通常版とUtilityを評価してみる

cubepdf(通常版:無料ソフト)は、Word・ExcelをPDFへ変換したい人向け

cubepdf(通常版)では、下記のような事がおこなえます。

  1. Word → PDF変換
  2. Excel → PDF変換
  3. 画像データ(jpegなど) → PDF変換
  4. PDFのセキュリティ設定(ファイルを開く際のパスワード設定や、テキスト・画像のコピー禁止設定)
  5. PDFのプロパティ設定(タイトルや作成者設定)

フリーのツールなので、上記の事がおこない方は、ぜひ「ダウンロード」すると良いでしょう。

cubepdf のダウンロード・インストール手順や使い方については、下記記事にて、一からまとまっているので、ぜひ参考にしてください。

kananet.com:Cube PDF の使い方

以上です。

cubepdf Utility(PDFの作成・編集フリーツール)のダウンロードとインストール手順

cubepdf Utility は、PDFページの削除や順序変更、ファイル結合や分割といった事が可能です。

当章では、このツールのダウンロード・インストール手順について、順に解説していきます。

では、まず下記のページを開いてください。

CubeSoft : CubePDF Utility

すると、下図のような画面が開くので、「無料ダウンロード」をクリックしてください。

※64bitのOSの場合は、「64bitネイティブはこちらから」をクリックしてください。

cubepdf-utility-ダウンロード手順-1

すると、下図のように「cubepdf Utility」のセットアップがダウンロードされるので、クリックしてください。

cubepdf-utility-ダウンロード手順-2

セットアップが開いたら、基本デフォルト設定のまま、次へ進んでいってください。

※1点、「キューブサーチの設定」は、下図を参考に設定すると良いでしょう。

cubepdf-utility-インストール手順-3

インストールが完了すると、下図のように「cubepdf Utility」が開きます。

cubepdf-utility-インストール手順-4

以上です。

cubepdf Utilityの使い方(ファイルの分割・結合、パスワードの設定など)

当章では、「cubepdf Utility」の使い方を、6つの主要機能に分けて解説していきます(以下)

  1. PDFファイルを開く
  2. ページの削除
  3. ページの順序変更
  4. ファイルの分割(ページの抽出)
  5. ファイルの結合
  6. PDFのセキュリティ(パスワード)設定

では、順に解説していきます。

  1. 【PDFファイルを開く】

    まずは、PDFファイルを開きましょう。

    手順は簡単で、PDFを「cubepdf Utility」にドラッグ&ドロップするだけです(下図参考)

    cubepdf-utility-使い方-ファイルを開く-1

  2. 【ページの削除】

    ページを削除するには、削除したいページを選択して、上部メニューの「削除」ボタンをクリックしてください(下図参考)

    cubepdf-utility-使い方-ページの削除-2

  3. 【ページの順序変更】

    cubepdf Utility では、PDFページの順序変更も簡単におこなえます。

    手順は、順番を変更したいページを選択して、「前へ」or「後へ」を選択するだけです。

    cubepdf-utility-使い方-ページの順序変更-3

  4. 【ファイルの分割(ページの抽出)】

    cubepdf Utility では、ページの抽出機能があって、それを利用してファイル分割をおこなうことができます。

    手順は、抽出したいページを選択したあとに、上部メニューの「抽出」から「選択ページを単一ファイルとして抽出」をクリックしてください(下図参考)

    cubepdf-utility-使い方-ファイルの分割(抽出)-5

    すると、抽出したページを、新たなPDFファイルとして出力することができます。

  5. 【ファイルの結合】

    ファイルの結合は、上部メニューの「挿入」からおこなうことができます。

    例えば、下図のように「選択位置の後ろに挿入」をクリックして、結合したい「PDFファイル」を選択することで、

    選択したページの後ろに、違う「PDFファイル」を結合することができます。

    cubepdf-utility-使い方-ファイルの結合-4

  6. 【PDFのセキュリティ(パスワード)設定】

    PDFのセキュリティ設定をするには、上部メニューの「セキュリティ」をクリックして、(下図参考)

    「パスワードによるセキュリティを設定する」にチェックを付け、「PDFファイルを開く際にパスワードを要求する」にもチェックを付けてください。

    また、下図の設定では、テキストや画像をコピーする事も禁止しています。

    cubepdf-utility-使い方-パスワード設定-6

以上、「cubepdf Utility」の使い方でした。

cubepdf 通常版とUtilityを評価してみる

当章では、cubepdf の通常版とUtilityを評価してみます。

まず、通常版では、「Word・Excel → PDF変換」や、「PDFのセキュリティ設定」がおこなえ、

Utility では、「PDFのページ編集(削除や順序変更・分割・結合)」がおこなえます。

ただ、、、

本格的に、PDFの作成・編集をおこなっていく場合は、いくつか足りない機能もあります。

例えば、

  1. 新規のテキスト・画像を追加する
  2. 既存テキストと画像の編集をする
  3. ページの、背景色を設定する
  4. ページの、ヘッダーとフッターを設定する

などが、おこなえません。

一つ目に関しては、他の無料ツール(例えば、「PDF-XChange Viewer」など)で出来ますが、

二つ目以降の項目は、基本、有料のツールになってしまいます。

なので、PDFの作成・編集を本格的におこないたい方は、どーしても「有料のツール」になってしまいます。

個人的には、有料でもっともオススメなのは、王道ですが「Adobe のアクロバット」です。

1ヶ月間であれば、「体験版」もあるので、ぜひ利用してみてください。

ダウンロードや使い方については、下記記事にてまとめています。

adobe acrobat(アドビアクロバット)とは?xi proの無料体験版ダウンロード手順と使い方(PDF編集など)

以上です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。