Foxit J-Reader

Foxit J-Reader(PDF編集フリーツール)のダウンロードと使い方(Word・Excel→PDF変換など)


Foxit J-Reader とは・・・PDFファイルを閲覧・作成・編集することができるフリーツールになります。

例えば、「テキストの書き込み(新規追加)」や「Word・Excel → PDF変換」などを、おこなうことができます。

現在(2014/11/11)では、「6.0」がバージョンの最新になっています。

そこで、今回の記事では、「Foxit J-Reader 6.0」のダウンロード・インストール手順と、基本的な使い方について、順に解説していきます。

以下、目次です。

  • Foxit J-Reader 6.0(PDF作成・編集フリーツール)のダウンロード・インストール手順
  • 使い方のまとめ(テキスト書き込みや、Word・Excel → PDF変換など)
  • Foxit J-Reader 6.0 で、「出来る事」と「出来ない事」を評価してみた

Foxit J-Reader 6.0(PDF作成・編集フリーツール)のダウンロード・インストール手順

当章では、「Foxit J-Reader 6.0」のダウンロードとインストール手順について、順に解説していきます。

では、まず下記サイトを開いてください。

Foxit公式サイト:製品のダウンロード

すると、下図のようなページが開くので、「Foxit J-Reader(Windows版)」の「Download」リンクをクリックしてください。

※Windows以外のPCを利用している方は、「その他のプラットフォーム」の「Foxit J-Reader」をダウンロードしてください。

Foxit-J-Reader-6.0-ダウンロード手順-1

下図のように「sign up」画面が開いたら、各情報を入力して「送信する」ボタンをクリックしましょう。

Foxit-J-Reader-6.0-ダウンロード手順-2

すると、確認メールが届くので、メール内のリンクをクリックしてください。

クリックしたら、下図のように「Foxit J-Reader」のzipファイルが、ダウンロードされます。

解凍して、「~setup.exe」を開いてください。

Foxit-J-Reader-6.0-インストール手順-3

すると、下図のようにセットアップ画面が開くので、基本デフォルトのまま、次へ進んでいってください。

※「コンポーネント」と「追加タスク」の選択だけ、下図を参考にすると良いでしょう(必要最低限のモノのみ、インストールするようにしています)

Foxit-J-Reader-6.0-インストール手順-4

インストールが完了すると、「Foxit-J-Reader」が開きます(下図)

Foxit-J-Reader-6.0-インストール手順-5

以上です。

Foxit J-Reader 6.0 の使い方(テキスト書き込みや、Word・Excel → PDF変換など)

当章では、「Foxit J-Reader 6.0」の基本的な使い方について、6つに分けて解説していきます(以下)

  1. PDFファイルを開く・保存する
  2. テキストの書き込み(追加)
  3. 既存テキストの編集
  4. Word・Excel → PDF変換
  5. 画像の追加
  6. リンクの設定

では、順に説明していきましょう。

  1. 【PDFファイルを開く・保存する】

    まずは、PDFを開いて、保存してみましょう。

    PDFを開くのは、ドラッグ&ドロップするだけです(下図参考)

    Foxit-J-Reader-6.0 使い方 PDFファイルを開く-1

    また、保存するには、上部メニューの「ファイル」から「名前を付けて保存」を押すだけです(下図参考)

    Foxit-J-Reader-6.0 使い方 PDFファイルの保存 -2

  2. 【テキストの書き込み(追加)】

    Foxit J-Reader 6.0 では、テキストを新たに書き込む事ができます。

    手順は、上部メニューの「ホーム」から「タイプライタ」や「ノート」で新規追加することができます(下図参考)

    また、追加したテキストのフォーマットも指定することができます(フォントやサイズなど)

    Foxit-J-Reader-6.0 使い方 テキストの書き込み-3

  3. 【既存テキストの編集】

    Foxit J-Reader 6.0 では、既存のテキスト自体を編集する事はできません。

    ただし、下線を付けたり、強調色を設定できたりします。

    手順は、上部メニューの「注釈」から、下線や強調のアイコンを選択することで、おこなえます(下図参考)

    また下図のように、四角枠や楕円枠・矢印などを挿入することもできます。

    Foxit-J-Reader-6.0 使い方 テキストの編集-4

  4. 【Word・Excel → PDF変換】

    Word・Excel から、PDF へ変換したい!といったときは、「ホーム」→「ファイルから」を選択し、

    変換したい Wordファイルや、Excelファイルを選択することで、おこなえます。

    Foxit-J-Reader-6.0 使い方 Word・Excel→PDF変換 -5

  5. 【画像の追加】

    Foxit J-Reader 6.0 では、画像データを追加することもできます。

    手順は、「ホーム」→「画像」を選択し、画像を追加する箇所を範囲選択します(下図参考)

    すると、「画像を挿入」画面が開くので、参照ボタンで画像を選択して、「Ok」ボタンをクリックしてください。

    Foxit-J-Reader-6.0 使い方 画像の追加-6

  6. 【ハイパーリンクの設定】

    テキストに、ハイパーリンクを設定したい場合は、

    「ホーム」→「リンク」を選択して、設定したいテキストを範囲選択します(下図参考)

    すると、「リンクの作成」画面が開くので、下図を参考に、リンクのデザインとアクションを設定して、「次へ」ボタンをクリックします。

    最後に、URLを入力したら、「OK」ボタンを押下しましょう。

    Foxit-J-Reader-6.0 使い方 リンクの設定-7

    上図のように、リンクが設定されていることが分かります。

以上、「Foxit J-Reader 6.0」の基本的な使い方でした。

Foxit J-Reader 6.0 で、「出来る事」と「出来ない事」を評価してみた

当章では、PDF作成・編集をする上で、「Foxit J-Reader 6.0」で、「出来る事」と「出来ない事」をまとめてみました。

ではまず、「出来る事」ですが、こちらに関しては、前章でまとめている内容になります(以下)

  1. PDFファイルを開く・保存する
  2. テキストの書き込み(追加)
  3. 既存テキストの編集
  4. Word・Excel → PDF変換
  5. 画像の追加
  6. リンクの設定

※各項目の手順については、前章を確認してください。

次に、

「できない事」ですが、大きく以下の5つになります。

  1. 既存のテキスト・画像の編集
  2. PDFのページ削除、ファイル分割・結合
  3. PDFのセキュリティ設定(ファイルを開く際のパスワード設定や、テキスト・画像のコピー禁止設定)
  4. ページの、背景色設定
  5. ページの、ヘッダーとフッターの設定

以上が、「Foxit J-Reader 6.0」で出来ない事になります。

ちなみに、Foxit社が提供する有料版「PhantomPDF」であれば、上記にある項目は、全て出来るようになります。

※参考元:Foxit PhantomPDF Standard 6:製品ページ

ただ、フリーのツールでも、「PDFのページ削除、ファイル分割・結合」や「セキュリティ設定」は、できるモノがあります。

詳しくは、下記記事にてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

PDF作成・編集のおすすめフリーソフト(無料ツール)比較と使い方(Word変換方法など)+Adobe acrobat

なので、用途によって、使い分けるようにしましょう。

以上です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。