PDF作成・編集

PDF作成・編集のおすすめフリーソフト(無料ツール)比較と使い方(Word変換方法など)+Adobe acrobat


PDFの作成・編集を、初めておこなう方というのは、私もそうでしたが、悩みどころが多々出てきます。

「●●●をやりたいのだが、どーすれば出来るのか」から始まって、

「●●●をやりたいのだが、どのツールを利用すれば良いのか」・・・「そのツールは、無料で使う事はできるのか」・・・「できないのであれば、無料で出来るツールはあるのか」

このように、どんどん疑問点が出てきます。

そこで今回、私が、本格的に「PDFドキュメント」を作ってきた過程の中で、培った知識を体系的にまとめて、

同じように、PDFの作成・編集で困っている方や、これから行おうと思っている方を対象に、当記事を通して、公開しようと思います。

ではまず、、、

PDFの作成・編集といっても、人によって解釈は様々で、定義が広いです。

そこで、下記8つの項目で、定義します。

  1. テキスト・画像の新規追加
  2. 既存の、テキスト・画像の編集
  3. PDFページの削除と順番変更、ファイルの分割と結合
  4. PDF → Word・Excel 変換
  5. Webページ(HTML) → PDF 変換
  6. PDFのセキュリティ設定(ファイルを開く際のパスワード設定と、テキスト・画像のコピー禁止設定)
  7. 指定場所での、改ページの設定
  8. ページの、背景色やヘッダー・フッターの設定

今回の記事では、これら8つの機能(用途)ごとに、オススメのPDF作成・編集ツールを、順に紹介していきます。

また、なるべく有料ではなく「無料」のツールに絞って、紹介していきます。

※有料ツールの、無料版(体験版)も含む。

以下、目次になります。

  • テキスト(文字)と画像の新規追加ができる、PDF作成・編集ツール比較
  • PDFのページ編集(削除や順序変更・分割・結合)ができるフリーソフト:CubePDF Utility
  • Webページ → PDF 変換ができるフリーソフト3選
  • PDF → Word・Excel 変換ができる無料ツール3選と、その使い方
  • PDFのセキュリティ設定ができる無料ツール2選
  • PDFファイルの、改ページ設定方法
  • PDF作成に必須の、「既存テキスト・画像の編集」や「PDFページのヘッダー・フッター設定」ができる、有料ツール比較
  • Adobe Acrobat(アドビ アクロバット)の無料体験版ダウンロードと使い方

テキスト(文字)と画像の新規追加ができる、PDF作成・編集ツール比較

当章では、テキストと画像の新規追加が可能なツール3選と、それぞれの使い方について、まとめてみました(以下)

  1. 【Foxit J-Reader 6.0】

    Foxit J-Reader 6.0 は、無料のPDF閲覧・作成ツールです。

    テキストと画像の新規追加だけでなく、下記の事もおこなえます。

    ・Word・Excel → PDF 変換
    ・ハイパーリンクの設定

    ダウンロード・インストール手順と使い方については、下記の記事にてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

    Foxit J-Reader(PDF編集フリーツール)のダウンロードと使い方(Word・Excel→PDF変換など)

  2. 【かんたんPDF EDIT】

    かんたんPDF EDIT は、無料のPDF作成・編集ツールで、

    「テキストと画像の新規追加」をおこなう事ができます。

    ダウンロード・インストール手順と使い方については、下記の記事にてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

    かんたんPDF EDIT(PDF無料作成・編集ソフト)のインストール手順と使い方をマニュアル化してみた

  3. 【PDF-XChange Viewer】

    PDF-XChange Viewer は、無料のPDF閲覧・作成ツールです。

    具体的には、下記の事を、おこなうことができます。

    ・テキストの新規追加(画像は追加できません)
    ・ハイパーリンクの設定
    ・セキュリティ設定(PDFを開く際の、パスワード設定など)

    ダウンロード・インストール手順と使い方については、下記の記事にてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

    PDF-XChange Viewer(日本語かつ無料版)のインストール・使い方と、Pro(有料)版との違いについて

以上、テキスト・画像の新規追加が可能なツール3選でした。

PDFのページ編集(削除や順序変更・分割・結合)ができるフリーソフト:CubePDF Utility

CubePDF Utility は、PDFのページ編集(削除や順序変更・分割・結合)が、無料で出来るツールになります。

また、他にも、PDFのセキュリティ設定もおこなえます(PDFを開く際のパスワード設定や、テキスト・画像のコピー禁止設定など)

ページ編集したい方は、フリーなので、ぜひ「ダウンロード」しておくと良いでしょう。

ダウンロード・インストール手順や使い方については、下記の記事にてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

cubepdf Utility(PDFの作成・編集フリーツール)のダウンロート・使い方(ファイルの分割・結合など)と評価

Webページ → PDF 変換ができるフリーソフト3選

当章では、Webページから、PDF へ変換するツール3選と、それぞれの特徴について、まとめてみました(以下)

  1. 【Googleクロム の印刷機能】

    ブラウザの「Googleクロム」に、デフォルトで付いている印刷機能です。

    google-chrome pdf変換出力-1

    クロムで、WebページをPDF化した特徴は、下記になります。

    ・画像の解像度 : 中(感覚値)
    ・ハイパーリンク : 有効(下線なし)
    ・フォント : bold 設定が無効
  2. 【firefox の印刷機能 + Adobe アクロバット】

    firefox の印刷機能は、デフォルトのままでは、PDF出力が出来ません。

    ですが、Adobe のアクロバットをインストールすることで、PDF出力が可能になります。

    firefox-pdf変換出力-1

    PDF化した特徴は、

    ・画像の解像度 : 高(感覚値)
    ・ハイパーリンク : 無効
    ・フォント : bold 設定が有効

    ※firefoxでは、デフォルトで、プラグインとして「Adobe Acrobat」がインストールされていますが、これは、ブラウザ上で、PDFを閲覧するためのモノになります。

    firefox-pdf変換出力-2

    参考元:Acrobatヘルプ:PDFをブラウザーで表示:Mozilla Firefox

  3. 【firefox の印刷機能 + アドオン:「print pages to pdf」】

    PDF出力用の、firefoxアドオン:「print pages to pdf」でも、WebページをPDF化できます。

    特徴としては、

    ・画像の解像度 : 中(感覚値)
    ・ハイパーリンク : 有効(下線あり)
    ・フォント : bold 設定が有効

以上が、Webページから、PDF へ変換するツール3選になります。

個人的には、この中でも、特に「firefox の印刷機能 + Adobe アクロバット」がオススメです。

理由は、画像の解像度が最も高いと、感覚値ですが思ったからです。

ただ、それでも、「画像の画質劣化」は、最も大きな懸念点でした。

そこで、Adobe で、PDF出力する際の、画像圧縮率を抑える設定をおこないました。

設定手順については、下記の記事にて解説されています。

Acrobatヘルプ:PDFの画像圧縮率を設定する方法:B-1.Adobe PDFプリンタを使用する際の画像圧縮率を設定する(Winsows版のみ)

上記を参考に、今回、私がおこなった設定は、下図になります。

「Adobe PDF 設定」

Adobe-PDF 設定(画像の圧縮率変更)-1

※「カラー画像」・「グレースケール画像」・「白黒画像」についてや、「ダウンサンプル」・「圧縮」については、下記にて詳しく解説されています。

マイナビニュース:PDFファイルの最適化設定をマスターする – 画像設定編

ただ、、、

設定をおこないましたが、結果、変化が(感覚値で)分かりませんでした。

なので結局、画像自体を、多少劣化しても良いように、編集することで解決しました。

以上です。

PDF → Word・Excel 変換ができる無料ツール3選と、その使い方

当章では、PDFから、Word・Excel へ変換するツール3選と、それぞれの使い方と変換結果について、まとめてみました。

以下が、今回紹介していくツールになります。

  1. 「PDF to Excel Converter」
  2. 「iSkysoft PDF変換」
  3. 「Soda PDF Professional」

では、順に解説していきましょう。

PDF to Excel Converter の使い方と変換結果

PDF to Excel Converter は、Web上で「変換」がおこなえるサービスになります(下記)

nitro:PDF to Excel Converter

上記にアクセスすると、下図のような画面が開くので、変換元のPDFファイルや、メールアドレスを入力して、「Convert Now」をクリックしてください。

※入力したメールアドレスに、変換された Word or Excelファイルが送られてきます。

PDF-to-Word-Converter 利用手順-1

変換が成功すると、下図のように「Success」と表記された画面が開きます。

PDF-to-Word-Converter 利用手順-2

ちなみに、失敗すると、下図のように「Sorry」と表示されます。

PDF-to-Word-Converter 利用手順-5

Successページが開くと、同時に「Nitro」からメールが届くので、確認して「Get Your file」をクリックしてください(下図参考)

PDF-to-Word-Converter 利用手順-3

下図が、変換結果の例になります。

※当ブログの「SEO対策でブログ運営者がやるべき6つの項目」を、PDF化したモノを、変換した結果になります。

PDF-to-Word-Converter 利用手順-4

上図から、いくつかオカシイ部分がある事が分かります。

ちなみに、Excelへの変換は失敗に終わりました。

また、「PDF to Excel Converter」は、無料で使えるサービスですが、月に5回までしか変換ができない制限があるので、注意してください。

iSkysoft PDF変換 の使い方と変換結果

iSkysoft PDF変換 は、PDFを、Word・Excelや画像データ(.jpg、.pngなど)に変換するツールになります。

ダウンロードは、下記ページからおこなってください。

iSkysoft PDF変換 for Windows

※まずは、試しに「無料体験バージョン」をダウンロードすると良いでしょう。

下図が、「iSkysoft PDF変換」のトップ画面になります。

変換したいPDFファイルと、出力フォーマット・フォルダを選択し、「変換開始」ボタンをクリックしてください。

iSkysoft-pdf変換 利用手順-0

下図が、変換結果の例になります。

  • 【Word】

    iSkysoft-pdf変換 利用手順-2

  • 【Excel】

    iSkysoft-pdf変換 利用手順-1

以上です。

無料体験版では、「透かし」が入っていたり、5ページまでしか変換されなかったりと、正直使い物になりません。

Soda PDF Professional の使い方と変換結果

Soda PDF Professional は、PDFを作成・編集する上で、必要な機能は、ほぼ備わっている、プロフェッショナル向けのツールになります。

当然、「PDF → Word・Excel 変換機能」も備わっています。

ダウンロードは、下記ページからおこなってください。

SodaPDF:PROFESSIONAL

※まずは、試用版をダウンロードすると良いでしょう(2週間の間は、無料で使う事ができます)

変換手順は、「Soda PDF Professional」を開いて、PDFファイルを、画面上にドラッグ&ドロップし、

上部メニューの「作成&変換」から、「PDF を Doc に」 or 「PDF を XLS に」を選択してください(下図参考)

Soda-PDF-Professional Word・Excel 変換手順-0

下図が、変換結果の例になります。

  • 【Word】

    Soda-PDF-Professional Word・Excel 変換手順-2

  • 【Excel】

    Soda-PDF-Professional Word・Excel 変換手順-1

以上です。

また、「Soda PDF Professional」では、他にも、以下のような事を、おこなうことができます。

soda-pdf-主要機能一覧-1

また、「Soda PDF」には、「Professional」の他にも、「Standard」といったエディションがあります。

機能差異については、下記ページに分かりやすくまとめられているので、参考にしてください。

SodaPDF:製品機能比較

個人的には、「Professional」がオススメですが、

セキュリティ設定(PDFを開く際のパスワード設定など)が必要ない方は、「Standard」でも良いでしょう。

以上、PDFから、Word・Excel へ変換するツール3選でした。

実際に、3つとも利用してみて、ゆいつ使い物になりそうなのが、「Soda PDF Professional」のWord変換ぐらいですかね。

PDFのセキュリティ設定ができる無料ツール2選

当章では、PDFのセキュリティ設定がおこなえるフリーツールについて、まとめています。

具体的には、以下の事がおこなえるツールです。

  • ファイルを開く際の、パスワード設定
  • テキスト・画像のコピー禁止設定

では、ツールの紹介ですが、以下の2つになります。

  1. 【PDF-XChange Viewer】

  2. 【CubePDF Utility】

※各ツールの説明や使い方については、上述しているので、割愛します。

PDFファイルの、改ページ設定方法

今回、任意の場所にて、明示的に改ページを設定できる「PDF作成・編集ツール」について、色々とググったのですが、見つかりませんでした、、、

それと同時に、「CSS」にて、PDFの改ページ位置を指定できるモノがあると知ったので、その方法を、以下にまとめます。

手順は簡単で、以下のタグを、改ページを指定したい場所に、挿入するだけです。

<p style=”page-break-after: always;”></p>

これで、そのWebページを、PDF化した際に、ちゃんとその場所で「改ページ」がおこなわれるようになります。

参考元:TAGindex:page-break-xxx

※WebページをPDF化しないと、使えない方法なので悪しからず、、、

PDF作成に必須の、「既存テキスト・画像の編集」や「PDFページのヘッダー・フッター設定」ができる、有料ツール比較

PDF作成・編集をする上で、

  1. 既存テキスト・画像の編集
  2. PDFページの、ヘッダー・フッター設定
  3. PDFページの、背景色の設定

といった事は、基本、有料のツールでしかおこなえません。

主要どころで言うと、以下の3つになります。

  1. 「Adobe Acrobat」

    Adobe が提供している、王道のPDF作成・編集ツールです。

  2. 「Soda PDF Professional」

    上述でも紹介しているツールですが、こちらでも、既存のテキスト・画像の編集が可能です。

    ただ、PDFページの、ヘッダー・フッターや背景色の設定はおこなえません、、、

  3. 「Foxit PhantomPDF」

    Foxit社が提供する有料版:「PhantomPDF」になります。

    上記に挙げている項目は、全て利用可能です。

    ※参考元:Foxit PhantomPDF Standard 6:製品ページ

以上です。

個人的には、値段は高いが、やはり王道のツールである「Adobe Acrobat」が、もっともオススメです。

Adobe Acrobat(アドビ アクロバット)の無料体験版ダウンロードと使い方

Adobe Acrobatとは・・・PDFの作成・編集ツールのなかで、最も王道のモノになります。

製品価格は、他と比べたら高いですが、PDFの作成・編集を本格的にやりたいと思っている場合は、必須と言ってイイでしょう。

上述してきた機能も、全て組み込まれていて、

操作性も直感的で分かりやすく、個人的にも、オススメのツールです。

これから利用を検討している方は、無料の体験版(30日間限定)もあるので、まずは、そちらで利用を試してみると良いでしょう。

具体的な、ダウンロード・インストール手順や使い方については、下記記事にてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

adobe acrobat(アドビアクロバット)とは?xi proの無料体験版ダウンロード手順と使い方(PDF編集など)

以上です。

有料でも良い。といった方は、私のように、結局は「Adobe Acrobat」に行き着くと思います。

ただ、「お金は払いたくない、、、」とこだわる方は、当記事を参考に、用途にあったフリーツールを利用してみてください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。