コンテンツ(インバウンド)マーケティング

コンテンツ(contents)とは?検索エンジンとユーザー双方に最適化したコンテンツ作成手順をまとめてみた


コンテンツ(contents)とは・・・直訳すると「(容器の)中身」や「(書物・文書などの)内容」と訳されます。

ですが実際は、コンテンツ(contents)という言葉は、利用シーンや対象物によって、様々に解釈される言葉です。

コンテンツ 様々な意味

ザッと挙げてもこれだけあり、まだまだ非常に多数の意味を定義する事ができるでしょう。

では、今回の記事で定義する「コンテンツ(contents)」とは、Webサイトのコンテンツの事を指します。

要は、Webサイト上の一つ一つのページ(記事)の事を、「コンテンツ(contents)」と定義します。

例えば、今あなたが読んでいるこのページも「コンテンツ(contents)」なのです。

今回の記事では、Webサイトにおける、この「コンテンツ」の重要性と、検索エンジンとユーザー双方にとっての「有益なコンテンツ」の定義と、そのようなコンテンツを作成する手順について順に解説していきます。

以下、目次になります。

  • Webサイトにおいて、コンテンツ(contents)の重要性
  • 検索ユーザーにとって、有益なコンテンツ(contents)の定義
  • 検索エンジンにとって、最適化されたコンテンツ(contents)とは
  • ユーザーと検索エンジン双方を意識した「コンテンツ(contents)」の作り方

Webサイトにおいて、コンテンツ(contents)の重要性

コンテンツ(contents)の重要性

コンテンツというのは、必ずプラットフォームと「対の関係」があります。

要は、1つのプラットフォームに対して、1つ以上のコンテンツがあるという事になります(「0」の場合もありますが、、)

例を出すと分かりやすいでしょう。

  • テレビと、番組
  • ゲーム機本体と、ゲームソフト
  • 映画館と、映画作品

これらは、全部「プラットフォームとコンテンツの関係」になります。

ここで重要なのが、コンテンツの質が悪いとプラットフォームの繁栄はありえないということです。

そりゃそうですよね、ゲームソフトがつまらないものしかないのに、ゲーム機本体を買おうとは思いません。
テレビ番組が全て面白くなかったら、テレビを見ることは無いでしょう。

このように、コンテンツがユーザーにとって有益のないモノである場合、プラットフォームは廃れていくでしょう。

コンテンツとプラットフォーム

これは、Webサイトも同様です。

上記の関係でいくと、Webサイトがプラットフォームで、一つ一つのページがコンテンツとなります。

なので、コンテンツとなるページが低質なものばかりであれば、Webサイトにアクセスが集まることはないでしょう。

どんなにユーザービリティを考慮した素晴らしいデザインで、Webサイトを構成したとしても、コンテンツ自体が悪いのであれば、意味のない結果に終わってしまいます。

逆に、「キラーコンテンツ」という言葉がありますが、コンテンツの影響で、一気に「人気サイト」に飛躍することもあります。

このように、Webサイトが「アクセスの集まるサイト」になるかどうかは、コンテンツの質にかかっているのです。

プラットフォームの隆盛は、コンテンツの充実や人気にかかっていて、人がプラットフォームに訪れる際の動機は「コンテンツ」であるという事を理解しておいてください。

また、一点注意しなければならないのが、よくアフィリエイトをやっている方(売れない方)に見られる勘違いなのですが、

「売りたい商品をPRするページは、コンテンツではありません。それは、広告です」

アフィリエイトで売れないと嘆いているサイトの管理者によくあるのが、サイト内にコンテンツがほとんどなく、PRページばかり用意している場合です。

アフィリエイト コンテンツのない悪い例

テレビに例えたら、分かりやすいでしょう。

あなたは、「CM」しか流さないチャンネルを見ますか?

テレビを見るのは、ドラマやお笑いなどの番組を見るためですよね?
決して、CMを見るためではありません。

Webサイトでも同様です。
たいしてコンテンツがないのに、広告ページばかりあっても、アクセスがないのは当然の事でしょう。

以上です。

検索ユーザーにとって、有益なコンテンツ(contents)の定義

ユーザーにとって良いコンテンツ(contents)

当章では、検索ユーザーにとって、有益なコンテンツ(contents)の定義を解説していきます。

答えは非常に単純で、「検索ユーザー(ターゲット)」をイメージすれば、自ずと答えはでてきます。

検索ユーザーは、何のためにGoogleやYahooを利用して、検索するのでしょうか・・・

それは、調べ物をしたい時や、何かしらの課題・問題を解決したい時だと思います。

なので、「コンテンツの提供側」であるサイトの管理者は、検索ユーザーの課題・問題を解決することができるコンテンツの提供をおこなえば良いのです。

あくまで主体に考えるのは、「検索ユーザー」です。
検索ユーザーのニーズを満たしてあげられるのが、「有益なコンテンツ」なのです。

逆に、提供側であるサイト運営者が、自分勝手に提供しているコンテンツは、「悪いコンテンツ」です。

ヒドイ例として、売りたい商品のPRページしかコンテンツがないケース。
サイト運営者の利益を先行したケースですが、これは最低です。

まずは、「検索ユーザー」を主体に考えたコンテンツの制作を心がけましょう。

そのためには、検索ユーザーの「潜在的な」課題を含め、徹底的に検索者の知りたい情報や課題を想像します。

ユーザー志向のコンテンツ(contents)

例えば、検索者が「SEO対策」というキーワードで検索してきた場合(SEO対策については、こちらで解説しています→SEO対策とは

有益なコンテンツのポイント

こういった、「検索者が知りたい情報や課題」について、徹底的に洗い出してください。
その上で、これらを満たすコンテンツを作成するのです。

また、コンテンツ内容は、ユーザーにとって読みやすいように構成立てて作り、できるだけ専門性が高く、具体的な指標や根拠が入っている内容にしましょう。

※ユーザーにとって読みやすい「コンテンツ構成」については、後述しています。

これは、コンテンツを閲覧した受け手側の理解の幅と知識量の向上を最大化させるためです。
理解の幅と知識量の向上が高ければ高いほど、「コンテンツの質」が高いといえるでしょう。

以上です。

まとめると、検索ユーザーにとって良質なコンテンツとは

  • 検索ユーザーの、顕在的かつ潜在的な課題や問題を、明確に解決している
  • ユーザーにとって、理解しやすいコンテンツ構成になっている
  • 専門性が高く、具体的な指標や根拠が入っているコンテンツになっている

これらの条件を満たしたコンテンツ提供ができている場合は、以下のメリットを享受することができるでしょう。

  • ソーシャルメディア上で共有され、ソーシャルメディアからのトラフィックを呼び込める
  • 他のサイトからの被リンクを取得できる(結果的に検索エンジンの上位に表示される確率が高まる)
  • サイト上に、専門性が高く有益なコンテンツがある事を示せる(サイトのブランディングに繋がる)
  • サイト運営者(コンテンツ作成者)の知識や技術を示せる(個人のブランディングに繋がる)

以上です。

検索エンジンにとって、最適化されたコンテンツ(contents)とは

検索エンジンに最適化したコンテンツ(contents)

上述している通り、コンテンツ(contents)とは、ユーザーを主体とした内容になっているのが「本来のあるべき形」になります。

これを、第一条件としてコンテンツを作成していく必要がありますが、これだけでは十分でありません。

特に、SEO対策をして、検索エンジンの上位に表示させたい場合は、ユーザーの他にも、検索エンジンを対象として、コンテンツを最適化する必要があります。

要は、検索エンジンが認識しやすいようなコンテンツにする必要があるのです。

そこで、当章では、検索エンジンを対象とした「コンテンツの最適化」について、解説していきます。

以下に、具体的な「最適化すべき項目」をまとめました。

  • 【タイトルタグの設定】

    タイトルの設定

    タイトル(title)タグとは、HTMLのタグの一つで、コンテンツのタイトルを設定するタグになります。

    検索エンジンが、コンテンツ情報を認識するさいに、最も重要視しているのがこの「タイトルタグ」の内容なので、必ず設定しておく必要があります。

    設定に関しては、いくつかポイントがあります(下記)

    • コンテンツ情報を端的に表した内容にする
    • 全角32文字(半角64文字)以内に設定する
    • 上位表示させたい「検索キーワード」を含める

    これらのポイントを踏まえた上で、タイトルタグを設定しておきましょう。

    具体的な設定手順に関しては、こちらで解説しています→タイトル(title)を設定する手順と、設定する際のポイントを5つにまとめてみた

  • 【メタタグの「keyword」と「description」の設定】

    メタタグ 「keyword」と「description」の設定

    メタタグというのも、HTMLタグの一つで、それぞれ下記の用途に使われます。

    メタタグの「keyword」:ページ内の主要キーワードを設定する。
    「検索エンジン」は、メタタグ「keyword」の情報を、ページ内の主要キーワードを認識する際に、参考としています。

    また、設定の際は、基本1ページに対して、1つのキーワードを設定するようにしましょう(多くても2つ)

    メタタグの「description」:コンテンツの概要を示した説明文を定義する。
    「検索エンジン」は、メタタグ「description」の情報を、ページ内のコンテンツ内容を認識する際に、参考としています。

    文字数としては、100~150文字程度を定義するようにしましょう。

    また、メタタグの「description」は、検索結果ページの「ページの説明文の欄」に反映されるといった役割もあります(下図)

    検索結果 メタタグ ディスクリプション設定

    ※上図で、もしメタタグの「description」が設定されていない場合は、検索エンジンが勝手に「説明文」を設定します。

    以上です。

    これら二つを設定しておくことで、検索エンジンがコンテンツを正確に認識しやすくなります。

    使用手順については、下記のように「ヘッダタグ(<head>)」内に記述することで、設定されます。
    ちなみに、下記は当ページの内容です。

    <head>

    <meta name=”keywords” content=”コンテンツ,contents”>

    <meta name=”description” content=”Webサイトにおける「コンテンツ(contents)」とは、一つ一つのページ(記事)の事を指します。
    今回の記事では、この「コンテンツ」の重要性と、検索エンジンとユーザー双方にとって「最適化されたコンテンツ」について、また具体的な「コンテンツの作成手順」についても、順に解説しています。” >

    </head>

  • 【URLの最適化】

    検索エンジンは、URLの文字列も、コンテンツ内容を把握する際に参考情報としています。
    なので、コンテンツ内容を単語レベルで表したものをURLに設定しましょう。

    以下、例になります。

    良い例:http://viral-community.com/seo/contents-3222/

    ダメな例:http://viral-community.com/qwer/asdfglkjh-3222/

    上記「悪い例」のように、意味のないURLは設定しないようにしましょう。

  • 【見出しタグの利用による、コンテンツ本文の文書構造(文書の階層構造)の明確化】

    見出しタグ(hタグ)の設定

    見出しタグとは、HTMLのH1~Hnタグの事です。

    見出しタグを利用して、文書構造(文書の階層構造)を明確化する事で、検索エンジンからも読み取りやすいコンテンツ内容となります。

    要は、本に例えると

    「この本は、「SEO対策」に関しての内容になっていて、「タイトルの最適化」については、5P~20Pに記載されていて、「キーワードの選定」については、25P~50Pに記載されていて、「内部リンクの最適化」については、51P~80Pに記載されている」

    といった具合に、何に関しての本になっていて、どこに何が記載されているのかを容易に特定できる本になっているという事です。

    このように、文書構造(文書の階層構造)を明確化するために、「見出しタグ」が利用されます。

    まず、見出しタグは、下記のように切り分けられます。

    ・H1・・・大見出し(ページタイトル)
    ・H2・・・中見出し
    ・H3・・・小見出し

    次に使い方ですが、例を見た方が分かりやすいでしょう。以下をご覧ください。

    コンテンツ構成 例

    これは、当ページの構成を、説明用に分かりやすくしたものです。

    上図だと、タイトルに「h1タグ」を利用し、以降「中見出し」として「h2タグ」を利用しています。
    そして、各見出しの中には、その見出しにマッチした説明文を定義しています。

    また、上図では「h3タグ」が無いですが、「中見出し」の中に「(小見出しである)h3タグ」を設定しても良いです。

    また、文書構造(文書の階層構造)の明確化されたコンテンツとは、下図のようにピラミッド型となっている特徴があります。

    コンテンツ構成 例2

    設定手順については、下記を「ボディタグ(<body>)」の中に、記述していきます。

    見出しタグ 設定手順

    また、各見出しタグの中に、上位表示させたい「検索キーワード」を含めておくことで、検索エンジンは、「●●●(キーワード)に関してのコンテンツだな」といった具合に、認識する可能性が高くなります。

    特に、ページタイトルを設定すべき「h1タグ」は、検索エンジンが「コンテンツ情報」を認識するさいに、重要視してるタグなので、必ずキーワードを含めておきましょう。

    以上です。

    このように、文書構造(文書の階層構造)を明確化しておけば、ユーザーからも検索エンジンからも読み取りやすいコンテンツとなるでしょう。

以上、検索エンジンを対象とした「コンテンツの最適化」ポイントでした。

これらのポイントを満たしているコンテンツが、検索エンジンにとって最適化されたコンテンツとなります。

ユーザーと検索エンジン双方を意識した「コンテンツ(contents)」の作り方

コンテンツ(contents) 作成手順

最後に、ユーザーと検索エンジン双方を意識した「コンテンツ(contents)」の作り方について、4つのステップにまとめましたので、参考にしてください(下記)

  1. 【上位表示させたい「検索キーワード」を選定する】

    まず、最初にやっておかなければならないのが、「検索キーワード」の選定です。
    この作業をおこなわないと、具体的なターゲット像を把握することができません。

    ターゲット像とは、どのようなキーワードで検索をして、どのような課題を抱えていて、どのような情報を求めているのかといった、検索ユーザーに関する情報の事です。

    なので、検索キーワードを選定しないことには、ターゲット像が明確になる事はありません。

    ターゲット像が把握できないということは、もちろん、ターゲットのニーズを満たしてあげる事ができず、サイト管理者の自分勝手なコンテンツになってしまいます。

    また、検索エンジンの対策でも、非常に重要なステップです。

    検索エンジンは、自社のサーバー内にある「世界中のWebページ」の中から、キーワードに紐づくWebページ群を順位付けしたうえで、検索結果に表示しています(下図)

    キーワードに紐づく検索結果ページ

    なので、検索エンジンの上位表示を目的とするなら、必然的に、どのキーワードで上位表示したいのかを選定しておく必要があります。

    でないと、「このページは、何に関してのページなんだ、、、」と、検索エンジンがページ情報(主要キーワード)を認識する事ができなかったり、本来上位表示すべきキーワードとは全く違ったキーワードが上位表示されてしまったりといった結果になってしまいます。

    なので、キーワード選定の作業はきっちりしておく必要があります。

    具体的なキーワード選定の作業手順については、こちらで解説しています→SEOで「キーワード対策」をおこなう本質と、6つの対策ポイント

  2. 【コンテンツ構成(アウトライン)を設定する】

    コンテンツ(contents)構成 設定

    コンテンツ構成に関しては、上述していますが、ユーザーからも検索エンジンからも読み取りやすいコンテンツになるように、文書構造(文書の階層構造)を明確化しておく必要があります。

    基本的には上述している通り、見出しタグで「文書の階層構造」を明確にし、各「見出しタグの内容」に対して、説明文や根拠となる情報を記載していきます。

    ここで補足したい部分が、大見出し(タイトル)のあとの「導入文」のところです。

    コンテンツ 導入部分

    ここは、ユーザー視点で考えると非常に重要な部分で、この部分で、ユーザーに「本文を読み進めたい」と思わせなければなりません。

    そのためには、下記の要素を順に含んだ文章を構成する必要があります。

    1. 「ユーザーに対しての、問題提起」
    2. 「上記の問題に対しての、解決策の提示」
    3. 「上記で提示した解決策の根拠となる情報やデータの提示」

    例を出しましょう。

    まず、キーワード選定作業で「SEO対策」というキーワードを選定したとします。

    次に、タイトルを「SEO対策でやっておくべき7つの項目」と定義したとしましょう。

    次が、導入文の設定です(以下、各要素の設定例です)

    「ユーザーに対しての、問題提起」:「サイトにアクセスが集まっていない」だったり、「サイトが、検索上位に全く表示されない」・「間違ったSEO対策をおこなっている」といった事が、ユーザーの問題として想像できるでしょう。

    なので、問題提起としては、「アクセス数が全く伸びない事で悩んでいませんか・・・」だったり、「SEO対策をしているはずなのに、全く上位表示されない結果に終わっていませんか・・・」といった内容になります。

    「上記の問題に対しての、解決策の提示」:「SEO対策でやっておくべき7つの項目(タイトル)」の解説が、解決策になります。

    「上記で提示した解決策の根拠となる情報やデータの提示」:このコンテンツ(「SEO対策でやっておくべき7つの項目」)を発信しているサイトのアクセス数の提示や、検索順位の提示が、「根拠となる情報やデータ」になります。
    ここでは、できるだけ具体的な指標値や数値を提示するようにしてください。そうすることで、説得力が全然違います。

    このようにして、導入文を設定していきます。

    もちろんこれは、1つの「ひな形」に過ぎません。
    この「ひな形」に沿う事が重要なのではなくて、ユーザーに本文を読み進めてもらうように促す事が重要なのです。

    なので、1つの参考としてください。

    以上です。当項目ではあくまで「コンテンツ構成(アウトライン)」の設定のみです。

    具体的には、各「見出しタグ」の内容と、導入文の構成を決めておけば良いです。

  3. 【コンテンツ本文の記述】

    コンテンツ本文 記述

    前項目の作業で、各「見出し」の内容は決まっているので、その内容の説明や根拠となる情報を設定していきましょう。

    この時、内容としては、できるだけ専門性が高く、具体的な指標や根拠となるデータ(又は数値)が入っている内容にしましょう。

    コンテンツ内容の専門性が高ければ高いほど、「その道のプロ」と認識してもらえ、信頼を得る事ができます。
    そして、信頼を得る事により、リピーターになってもらえたり、コンテンツ内容を「シェア」してもらえるといった効果が期待できます。

    あとは、ユーザーにとって読みやすいように配慮することも重要なポイントです。

    例えば、以下のようなポイントがあります。

    ・専門的な用語や、難しい漢字は頻出しないにする
    ・どうしても分かりにくい部分は、画像を用いたり図解したりといった工夫をする
    ・箇条書きでまとめられる部分は、箇条書きでまとめる
    ・長い文章がひたすら続いているような内容にしないこと(最高でも、5行以上は続かないようにする)
    ・見出しの部分は、「見出しだな!」と、ひと目見て分かるデザインにする

    以上のような事に注意して、ユーザーの読みやすさに配慮したコンテンツにしてください。

  4. 【検索エンジンを対象とした最適化すべき項目の設定】

    こちらは、上述している「最適化すべき項目」を順にチェックして、検索エンジン用に「最適化」していきましょう。

以上です。

まとめ

今回の記事では、Webサイトにおける「コンテンツ」の重要性と、検索エンジンとユーザー双方にとって最適化された「コンテンツ」について、また具体的な「コンテンツの作成手順」についても、解説してきました。

ユーザーにとっても、検索エンジンにとっても「コンテンツ」というのは、一番重要な要素だという事を理解しておいてください。

ですが、検索エンジン対策(SEO)については、当ページで解説した「コンテンツ最適化」の内容以外にも、やっておくべき項目が、いくつかあります。

そこで、サイトの管理者が「SEO対策」でやっておくべき項目を、下記にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

SEO対策でブログ運営者がやるべき6つの項目

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。