Google ウェブマスターツール(webmastertool)

Google対策に必須!ウェブマスターツール(WebMasterTool)へのサイト登録と基本的な使い方


ウェブマスターツール(WebMasterTool)は、以下に当てはまる人には必須のツールです。

  • SEO対策をして、検索流入を増やしたい
  • 自分のサイトをGoogleの検索エンジンに登録したい(インデックス
  • 自分のサイトをGoogleが好むサイトにしたい

このようにウェブマスタツールでは、Google・SEO対策に役立つデータや機能を利用でき、Googleからちゃんと評価されているかのチェックもできます。

今回の記事では、この「ウェブマスタツール」で出来る事のまとめと、自分のサイトを「ウェブマスタツール」へ登録する手順の解説、また基本的な使い方について解説していきます。

以下、目次になります。

  • ウェブマスターツール(WebMasterTool)で出来る事のまとめ
  • ウェブマスターツール(WebMasterTool)にサイトを登録する手順
  • ウェブマスターツール(WebMasterTool)の使い方

ウェブマスターツール(WebMasterTool)で出来る事のまとめ

以下、出来る事のまとめです。

  • 自分のサイトのページが、ちゃんとGoogleの検索エンジンに登録(インデックス)されているかを確認できる(自分のサイトをGoogleに登録する手順については→【まとめ!検索エンジンサイト(Google)への登録手順】

    Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 機能1

  • 自分のサイトへの訪問者は、どのようなキーワードで検索してきたのかを確認できる。さらに各キーワード毎の検索順位や、(検索結果ページへの)表示回数・クリック回数も確認することができる

    Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 機能2

  • Googleからの、自分のサイトへの指摘事項(問題点)を確認できる

    「指摘事項の例(下記)」
    ・キーワード詰め込みすぎ等の不正コンテンツが存在します。
    ・不正な被リンクが多いコンテンツが存在します。
    ・ページURLが見つかりません、、、等

    Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 機能2

  • どのサイトからリンクを得ているかを確認できる。また、自分のサイトのどのページにリンクが集まっているかも確認できる

    Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 機能3

  • 自分のサイトの主要キーワードを確認でき、さらに各キーワードの使用回数も確認することができる

    Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 機能4

  • Googlebot(クローラー)がどのくらいの頻度で、自分のサイトをクロールしているかを確認できる

    Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 機能5

    「Googlebot(クローラー)」については、こちらで解説しています→「クローラーとは?「Googlebot」にクローリングさせたい場合とさせたくない場合の対処法」

  • 自分のサイトにセキュリティ上の問題があるか確認できる

    「問題の例(下記)」
    ・サイトに有害なコード(マルウェア)が存在しています
    ・サイトにスパムコンテンツが存在しています。
    ・サイトがハッキングされた可能性があります。
    ・サイトで使用されているソフトウェアやプラグインのバージョンが古く、脆弱性が検知されました、、、等

    Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 機能6

    サイトのハッキング対策については、別途記事にまとめています→「ハッキング対策まとめ!自分のサイトを守るためにやっておかなければならない10のこと」

  • 自分のサイトのページごとの内部リンク数を確認できる

    Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 機能7

  • XMLサイトマップをGoogleに送信する。また、正常に送信されたかどうか、各ページがインデックスされているかどうかの確認もでき、エラーがあった場合は、エラー内容も通知される

    Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 機能8

  • Googleにインデックス要求する事ができる

    「Googleウェブマスターツール」の「Fetch as Google」という機能を利用すれば、任意のページをGoogleにインデックス要求する事ができます。

    「Fetch as Google」の使い方については、こちらで解説しています→「Fetch as Google」で、Googleにインデックスのお願いをする手順をまとめてみた

    ※「Fetch as Google」の役割は、あくまでインデックス要求です。実際にインデックスされるかは、Googleの判断になります。

以上です。主だった機能をザッと挙げてみました。

次は、実際に「ウェブマスターツール」を利用してみましょう。
まず、一番最初に行わなければならないのが ”サイトの登録” です。

ウェブマスターツール(WebMasterTool)に、サイトを登録する手順

まず「ウェブマスターツールのログインページ」にアクセスしてください。

すると、下図のようなページが開きますので、あなたのGoogleアカウントのメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンをクリックしてください。

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順1

すると、ウェブマスターツール画面が開きますので、サイトのURLを入力して「サイトを追加」ボタンをクリックしてください(下図赤枠)

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順2

次に「サイト所有権の確認」画面(下図)が開きますので、”HTMLファイルをアップロード”して(所有権を)確認します。

まず、「このHTML確認ファイル」リンクをクリックしてください(下図参考)

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順3

すると、下図のように「HTMLファイル」がダウンロードされます

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順4

次に、ダウンロードしたファイルを、あなたのサイトのトップ階層にアップロードします。
通常、アップロードする場所は、トップページ(index.htmlやindex.php)と同じ場所になります。

※アップロードする方法は様々ですが、FTPツール(FFFTP等)を利用するか、レンタルサーバーを利用してる方は、レンタルサーバーが提供しているツール(機能)を利用してアップロードできます。

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順5

アップロードを終えたら、ブラウザでアップロードしたファイルを開いてみましょう。
下図のような画面が開けば、OKです。

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順9

次に、ウェブマスターツールの画面に戻って「確認」ボタンをクリックしてください(下図参考)

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順6

ちゃんと、所有権が確認されればOKです(下図参考)
「続行」リンクをクリックしてください。

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順7

以上で、サイトの登録は完了です。下図のように「サイトのダッシュボード画面」が開くでしょう。

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順8

次は、登録したサイトを基に「ウェブマスターツール」の使い方を解説していきます。

ウェブマスターツール(WebMasterTool)の使い方

以下目次で、順に解説していきます。

  1. サイトがGoogleに登録(インデックス)されているかを確認する
  2. 訪問者の検索キーワードを確認する
  3. Googleから指摘事項(問題点)がないか確認する
  4. どのサイトからリンクを得ているのか・・・また自サイトのどのページにリンクが集まっているのか確認する
  5. サイトの主要キーワードを確認する(重要度と利用回数)
  6. 自サイトへのGooglebotのクロール頻度を確認する
  7. 自サイトに、セキュリティ上の問題があるか確認する
  8. 自サイトの各ページごとの内部リンク数を確認する
  9. 自サイトのXMLサイトマップが正常に送信されてるかどうかを確認する

では、一つ一つみていきましょう。

サイトがGoogleに登録(インデックス)されているかを確認する

まず、ウェブマスターツールに登録したサイトの管理画面(下図)を開きます(先ほどの続き)

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順10

管理画面を開いたら、左のメニュー「Google インデックス」から「インデックス ステータス」をクリックして下さい(下図参考)

すると、「インデックスステータス画面」が開き、インデックスに登録されているページ総数と、時系列に登録数を表記したグラフが表示されます。

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順11

サイトのページ総数と、こちらのインデックス総数を比較して、ちゃんと全てのページがインデックスされているかを確認しましょう。

訪問者の検索キーワードを確認する

管理画面のメニュー「検索トラフィック」から「検索クエリ」をクリックしてください(下図参考)

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順12

すると、下図のような画面が開きます。

こちらで、検索クエリ(キーワード)の総数と、検索結果ページに表示された回数、また検索結果に表示されたページのうち、クリックされた回数が表示されています。

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順13-1

下にスクロールしていくと、各検索キーワードの「表示回数」「クリック数」「CTR」「平均掲載順位」が一覧化されています。

※「CTR」とは、表示された回数のうち、クリックされた割合のことです。詳しくはこちらで解説しています→「CTR(クリック率)とは?検索エンジンからのCTRを改善する2つの手法」

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順13-2

こちらで、自分のサイトのページが、”「●●●」のキーワードで、★位である” といった事が確認できます。
掲載順位が低い場合は、コンテンツの最適化や内部(又は外部)リンクの調整等の「SEO対策」が必要ですし、「掲載順位が高いのにCTRが低い」場合は、タイトルやmeta情報を修正する必要がある。といった分析に繋がる、非常に有用な画面(機能)です。

当ブログでも、定期的にチェックしています。

Googleから指摘事項(問題点)がないか確認する

あなたのサイトがスパム判定、または不正なサイトと判定されたらGoogleの方からメッセージがきます。
なので、定期的にチェックをしておく必要があるでしょう。

まず、メッセージがきてないか確認します。
「サイトのダッシュボード」画面で、メッセージの有無を確認できます。

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順14

次にGoogleから「スパム判定」を受け、”順位を下げられた” などの対応がされていないかを確認します。

メニュー「検索トラフィック」の「手動による対策」をクリックしてください(下図参考)
こちらで、手動による対策の有無が確認できます。

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順15

Googleから「スパム判定」を受ける場合、主に2つのパターンがあります。

1つは、Googleの検索エンジンシステムが自動で「スパム判定」をするパターン。
そして、もう1つがGoogleの社員(チェックする人)が手動で「スパム判定」をするパターンです。

自動の場合は、特に通知はありません。ですが手動の場合は、上述している通り通知がきます。 手動の場合は、”問題が深刻” なので、通知があった場合は早急に対処する必要があるでしょう。

どのサイトからリンクを得ているのか・・・また自サイトのどのページにリンクが集まっているのか確認する

管理画面のメニュー「検索トラフィック」から「サイトへのリンク」をクリックしてください。
すると、下図のような画面が開きます。

こちらでサイトへのリンク総数や、リンク数の多い順にリンク元が一覧化されています。また、リンクを多く集めているページも確認することができます。

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順16

サイトの主要キーワードを確認する(重要度と利用回数)

管理画面のメニュー「Googleインデックス」から「コンテンツキーワード」をクリックしてください。
すると、下図のようにキーワード毎に重要度が表記された画面が表示されます。

こちらで、自分のサイトでは「どのキーワードが重要視されているのか」を確認できます。
例えば、下図で言えば「SEO」が4位になっています。当ブログで最も主要なキーワードにしたいのが「SEO」であった場合は、もっと「SEO」についての記事を増やす必要がある。といった分析ができます。
そうすれば、Googleも”このブログは「SEO」がメインテーマになっている” と認識してくれるでしょう(それにより掲載順位が上がる可能性があります)

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順17

また、上図で「各キーワード」をクリックすると、下図のような画面が開き「キーワードの利用回数」や利用しているページ一覧を確認することができます。

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順18

自サイトへのGooglebotのクロール頻度を確認する

※Googlebotとは、Googleにサイトを登録(index)又はサイトを評価するために、インターネット上のサイトを(自動で)巡り巡っているツールです。
このツールがサイトにやってきて、サイト上の様々な情報を取得していってます。この時、サイト上の情報を取得する事を「クロール」と呼びます。
クロール頻度が高ければ高いほど、Googleからの評価は高くなります。

では、クロール頻度を確認していきましょう。
まず、管理画面のメニュー「クロール」から「クロールの統計情報」をクリックします(下図参考)

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順19

すると、下図のように「クロールの統計情報」が表示されます。
こちらで、「一日あたりのクロールされたページ数」の推移グラフと、「(クロール時)一日あたりのダウンロードされるキロバイト数」の推移グラフを確認することができます。

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順20

次に、クロールされた際のエラーの有無を確認します。
メニュー「クロール」から「クロールエラー」をクリックします(下図参考)

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順21

すると、下図のように「サイトのエラー情報」と「各URL(ページ)のエラー情報」が表示されます。

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順22

「サイトのエラー情報」では、「DNSの挙動」「サーバーの接続」「robots.txtの取得」が正常に行われているかが確認できます。もし、異常があった場合はエラー内容が表記されます。

「各URL(ページ)のエラー情報」では、(Googlebotsが)各ページ情報を問題なく取得できたかが確認できます。もし、取得できなかった場合はエラー情報が表記されます(上図では「ページが見つからない」というエラーが表記されています)

自サイトに、セキュリティ上の問題があるか確認する

管理画面のメニュー「セキュリティの問題」をクリックします。
すると、下図のように「セキュリティの問題」の有無を確認できます。
もし問題があった場合は、その問題内容が表記されます。

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順23

自サイトの各ページごとの内部リンク数を確認する

管理画面のメニュー「検索トラフィック」から「内部リンク」をクリックします。
すると下図のように、各ページが内部リンクの多い順に一覧化され表示されます。

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順24

こちらで、どのページに内部リンクが集まっているかを確認できますが、「ちゃんと重要視している(SEO対策したい)ページに内部リンクが集まっているか」を確認しましょう。

自サイトのXMLサイトマップが正常にGoogleに送信されてるかどうかを確認する

※事前にウェブマスターツールに、サイトのXMLサイトマップを登録しておく必要があります。登録手順についてはこちらで解説しています→【サイトマップとは?Google xml sitemapsプラグインでWordpressブログのサイトマップを作成してみる】

まず、管理画面のメニュー「クロール」から「サイトマップ」をクリックします。
すると、下図のように「サイトマップで送信されたページ数」と「indexされているページ数」が表示されます。

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順25

さらに、下にスクロールしていくと「サイトマップに登録されている情報」に問題があるか・・・を確認できます(下図)

下図だと、警告マークが表示され、6件の警告がありますね。
「/sitemap.xml」をクリックすると、警告の詳細情報を確認できます。

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順26

下図が、警告の詳細情報です。
下図だと「ページにアクセスできない」問題と「ページのレスポンスが遅い」問題があります。ちゃんと、”どのページなのか・・・” も確認できますね。

Google ウェブマスターツール(WebMasterTool) 設定手順27

以上、ウェブマスターツールの基本的な使い方でした。

まとめ

今回の記事では、ウェブマスターツールの機能まとめと、最初のステップ「サイトを登録する」手順。また、基本的な使い方について解説してきました。

Google好みのサイトにして検索流入を増やしたい場合や、SEO対策を効率的におこなっていきたい場合には、必須のツールになりますので、ぜひ使用することをオススメします。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。