キーワードウォッチャー

キーワードウォッチャーの特徴と使い方:キーワードの検索回数を調査するSEO対策ツール


キーワードウォッチャーとは・・・指定した検索キーワードの検索数を確認できるツールになります。

SEO対策において、キーワード選定をするさいは、検索回数というデータが欠かせません。

また、リスティング広告で、出稿対象のキーワードを選定する際も同様です。

このような時に、便利なのが「キーワード・ウォッチャー」になります。

今回の記事では、この「キーワード・ウォッチャー」の特徴や使い方について、順に解説していきます。

以下、目次になります。

  • SEO対策ツール「キーワードウォッチャー」の特徴(評判)について
  • キーワードの検索回数を調べる「キーワードウォッチャー」の使い方
  • その他の、キーワード検索数・調査ツール

SEO対策ツール「キーワードウォッチャー」の特徴(評判)について

当章では、「キーワードウォッチャー」の特徴について、以下にまとめました。

  1. 指定したキーワードの検索回数を知ることができる
  2. 複合キーワードも合わせて、検索数をチェックできる
  3. 画面UIがシンプルで、初心者でも簡単に使いこなせる
  4. 検索数のソース(情報元)に、goo、excite、BIGLOBE といった大手ポータルサイトが入っているため、信憑性・有用性がある

    参考元:株式会社クロスリスティング:パートナー各社

    ※株式会社クロスリスティングは、キーワードウォッチャーを提供している会社です。

  5. 無料・有料プランあり

以上です。

また、上記でも挙げていますが、キーワードウォッチャーは、無料・有料含めプランがいくつかあります。

それぞれの違いについて、以下にまとめました。

  • 【無料プラン】

    ・月額料金 : 無料
    ・検索数チェックの上限数(月間) : 20回
    ・複合キーワードの表示件数 : 20件
    ・検索数チェックの有効期間 : 過去1ヶ月分

  • 【ライトプラン】

    ・月額料金 : 2,000円
    ・検索数チェックの上限数(月間) : 500回
    ・複合キーワードの表示件数 : 100件
    ・検索数チェックの有効期間 : 過去3ヶ月分

  • 【ゴールドプラン】

    ・月額料金 : 20,000円
    ・検索数チェックの上限数(月間) : 10,000回
    ・複合キーワードの表示件数 : 100件
    ・検索数チェックの有効期間 : 過去13ヶ月分

    ・過去13ヶ月間の検索数の推移確認(グラフ形式)

    ・関心ワード機能・・・自分のサイトに訪問したユーザーの、訪問時の流入キーワードだけじゃなく、それ以外の検索キーワードも確認できる。
     これによって、訪問者が、どのような事に興味・関心を持っているのかを特定することができる。

参考元:キーワードウォッチャー:各プランの違い

以上です。

キーワードの検索回数を調べる「キーワードウォッチャー」の使い方

当章では、「キーワードウォッチャー」のアカウント登録手順と使い方について、順に解説していきます。

アカウント登録手順

キーワードウォッチャーは、アカウントを登録しないと、利用できないので、まずはアカウントを登録していきます。

ではまず、下記の公式ページを開いてください。

キーワードウォッチャー:公式ページ

すると、下図のような画面が開くので、下にスクロールしていって、「無料プラン登録」 or 「有料プラン登録」ボタンをクリックしてください。

※今回は、「無料プラン」を選択

キーワードウォッチャー アカウント登録手順-1

下図のように、仮登録画面が開いたら、各入力項目を入力して、「無料会員の仮登録をする」ボタンをクリックしてください。

キーワードウォッチャー アカウント登録手順-2

すると、仮登録の完了ページが開き、その旨のメールも届きますので、メール内のリンクをクリックしてください(下図参考)

キーワードウォッチャー アカウント登録手順-3

すると、本登録画面(下図)が開きますので、こちらで各項目を入力して、「登録内容を確認する」ボタンをクリックしてください。

キーワードウォッチャー アカウント登録手順-4

以上で、アカウント登録は完了です。

試しに、トップページに戻って、「ログイン」してみましょう(下図参考)

キーワードウォッチャー アカウント登録手順-5

ログイン画面(下図)が開いたら、IDとPWを入力してください。

キーワードウォッチャー アカウント登録手順-6

下図が、キーワード・ウォッチャーの利用画面トップになります。

キーワードウォッチャー アカウント登録手順-6-2

以上です。

キーワードウォッチャーの使い方

アカウント登録が終わったら、実際に使ってみましょう。

使い方はシンプルで、検索数を調べたいキーワードと時期を入力し、認証情報を入力するだけです(下図参考)

※キーワードの「完全一致」を指定できるオプションがありますが、複合キーワードの情報も調査したい場合は、チェックを外しておきましょう。

キーワードウォッチャー 使い方-1

下図が、調査結果画面です。
(無料プランの場合、「20」までの複合キーワードが表示されます。)

キーワードウォッチャー 使い方-2

以上です。

その他の、キーワード検索数・調査ツール

当記事では、SEO対策のキーワード選定に便利なツールとして、「キーワード・ウォッチャー」を紹介してきました。

ただ、キーワード選定に便利なツールは、他にもいくつかあります。

それらを、以下にまとめてみました。

  1. 【Google キーワードプランナー】

    SEOキーワード選定の大本命ツールです。

    私含め、ほとんどの方が、この「キーワードプランナー」を利用しているでしょう。

    検索エンジンの神:Google が提供しているので、検索数などのソースは、当然Googleです。

    なので、データの信憑性や有用性は高いはずですし、誰でも無料で利用できるのも特徴です。

  2. 【フェレットプラス】

    こちらも、利用者数20万人超えの、一般的なSEO対策ツールになります。

    フェレットプラスは、キーワード検索数チェックだけでなく、コピーコンテンツチェックや、被リンクチェックなど、SEOをおこなう上で便利な機能が揃っているツールになります。

    ただ、キーワード検索数については、ソース(情報元)を公開していないので、信憑性については、懸念が残ります。

以上です。

それぞれのツールの使い方については、下記の記事にてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

SEO対策キーワード選定の5つのポイント(検索数調査や順位チェック・出現率について)と、使用すべきツール

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。