マッチタイプ【部分一致・完全一致・フレーズ一致】

Adwords(アドワーズ)の必須知識!マッチタイプの【部分一致・完全一致・フレーズ一致】とは?


先日、GoogleAdwordsが提供していた「キーワードアドバイスツール」のサービスが終了したので、「キーワードプランナー」へ乗り換えました。

そして、一度「キーワードアドバイスツール」で調べた事のあったキーワードの検索数を「キーワードプランナー」を利用して調べたところ

「あれ、、、(キーワードアドバイスツールより)月間検索ボリューム数がだいぶ少ない、、、」

妙だなと思い、原因を調べてみたら

マッチタイプが「部分一致」から「完全一致」へ変更されたから、月間検索ボリューム数が少なくなった。という解答にたどりつきました。

今まであまり意識をしてこなかったのが、お恥ずかしい限りなのですが、「マッチタイプ」について明確に理解していなかったのが、そもそもの原因なので、今回この「マッチタイプ」についてまとめてみました。

以下、目次になります。

  • マッチタイプとは?
  • 【部分一致・完全一致・フレーズ一致】について
  • 注意事例!Adwords(アドワーズ)を利用する広告主様向け

マッチタイプとは

マッチタイプについて

マッチタイプとは・・・検索エンジン上で、広告を見せる相手(検索ユーザー)を絞り込むための仕組みです。

例えば、”「東京 書店」と検索してきたユーザーにのみ広告を表示させる”といった指定ができます。

この際、例えば「東京 渋谷 書店」と検索してきたユーザーにも広告を表示させるのか・・・
だったり、「東京 本屋」と検索してきたユーザーにも広告を表示させるのか・・・

といった条件を指定することもできます。

この条件には、大きく三つがあります(下記)

  • 部分一致
  • 完全一致
  • フレーズ一致

次は、この三つについて順に解説していきましょう。

【部分一致・完全一致・フレーズ一致】について

部分一致・完全一致・フレーズ一致について

広告を見せる検索ユーザーを絞り込むための条件である【部分一致・完全一致・フレーズ一致】
これらを順に解説していきます。

部分一致

広範囲の検索ユーザーに広告を見せる条件で、旧「キーワードアドバイスツール」のデフォルトにも設定されています。

例えば、Adwordsを利用している広告主が「東京 美容室」とキーワードを設定した場合、「東京 美容室」に部分一致するキーワードで検索をしてきたユーザーに広告を表示することができます。

では、具体的に ”「東京 美容室」に部分一致するキーワード”とは

  • 「東京 美容室」
  • 「東京 渋谷 美容室」
  • 「美容室 東京」
  • 「東京 美容室 安い」
  • 「東京 美容院」等

が当てはまります。

また、[部分一致]は下記4つの条件である。といえます。

※キーワード「東京 美容室」

  • 【キーワードの語順】:指定なし   例「美容室 東京」はOK
  • 【キーワードの前後に他の語句】:含まれる場合あり   例「東京 美容室 安い」はOK
  • 【キーワード(複合キーワードである)内のキーワード間に他の語句】:含まれる場合あり   例「東京 渋谷 美容室」はOK
  • 【キーワードの関連語句への置換】:あり   例「東京 美容院」はOK

完全一致

特定のユーザーのみ広告をみせる条件で、「キーワードプランナー」のデフォルトに設定されています。

例えば、Adwordsを利用している広告主が「東京 美容室」とキーワードを設定した場合、「東京 美容室」に完全一致するキーワードで検索をしてきたユーザーに広告を表示することができます。

では、具体的に ”「東京 美容室」に完全一致するキーワード”とは

「東京 美容室」のみになります。

まさに、完全一致ですね!

フレーズ一致

「部分一致」よりも対象を絞り込み、「完全一致」よりもゆるい条件になります。

具体的に “「東京 美容室」に、フレーズ一致するキーワード”をみてみましょう。

  • 「東京 美容室」
  • 「東京 美容室 安い」
  • 「駅近 東京 美容室」等

が当てはまります。

また、フレーズ一致は下記4つの条件である。といえます。

※キーワード「東京 美容室」

  • 【キーワードの語順】:同じでなければダメ   例「美容室 東京」はNG
  • 【キーワードの前後に他の語句】:含まれる場合あり   例「東京 美容室 安い」はOK
  • 【キーワード(複合キーワードである)内のキーワード間に他の語句】:含まれない   例「東京 渋谷 美容室」はNG
  • 【キーワードの関連語句への置換】:なし   例「東京 美容院」はNG

以上、三つのマッチタイプ(条件)でした。

次は、Adwords(アドワーズ)を利用して広告を出稿している方向けに、マッチタイプに関する注意事例をご紹介します。

注意事例!Adwords(アドワーズ)を利用する広告主様向け

Adwords 注意事例

下記は、マッチタイプに関して明確に理解をしていなかったために、無駄に広告費だけが掛かってしまい、コンバージョン率が激減してしまう事例を紹介した記事になります。

WEBSAEさんの「売上200%増を目指すマッチタイプの最適化|部分一致・フレーズ一致・完全一致とは?」

マッチタイプの一つ「部分一致」では、広範囲にターゲットを指定するという特徴があり、多くのユーザーにアプローチするというメリットがありますが、反面 ”全く興味・関心がないようなユーザー”にもアプローチしてしまう。といったデメリットがあります。

なぜ、このような事がおこってしまうのか・・・

「部分一致」では、”広告主が定めたキーワードに関連していると思われるキーワード”で、検索したユーザも対象になります。ですが、問題なのは”関連していると思われるキーワード”を、機械が判定しているという事です。

なので、上記記事の事例のように「アクセサリ」と「エアコン」は、普通に人間が考えれば関連性はないのですが、機械が「関連性がある」と判断したら、”アクセセサリに興味がある人に、エアコンの広告を表示してしまう”という事が起こってしまうのです。

まさに、無駄な広告費ですよね。

マッチタイプを正しく理解しておかないと、こういった事がおこってしまうのでご注意ください。

まとめ

今回の記事では、マッチタイプの「部分一致・完全一致・フレーズ一致」について順に解説し、GoogleAdwordsを利用している広告主様を対象に、「マッチタイプを明確に理解していないがために起きた注意事例」を紹介してきました。

ブロガーの方も「SEOのキーワード選定」を行うさいに「Google:キーワードプランナー」などのキーワードツールを利用している方が多いと思いますが、このマッチタイプによって「検索ボリューム数」も変わってきますので、注意が必要です。

実際に、「キーワードプランナー」でマッチタイプを指定して検索ボリューム数を確認する手順については、こちらで解説しています→【キーワードプランナーとは?Google adwords(アドワーズ)【キーワードアドバイスツール】からの引き継ぎ】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。