IT・Webエンジニアの転職活動を成功させる方法とポイント

IT・Webエンジニアの転職活動を成功させる方法・やり方まとめ ~未経験が失敗しないポイントも

どーもー、某IT・Web系の会社でjavaエンジニアとして働ている者です(当ブログの管理人です)

現在は、エンジニアとして働きながら、開発現場の担当者として、エンジニアの選考・採用にも関わっています(主に書類選考と1次面接)

というわけで今回は、採用者の目線から

IT・Webエンジニアの転職活動を成功させる方法や、失敗しない会社選びのポイントについて。

また、未経験の場合の転職活動のやり方についても、順に解説していきます。

以下、目次です。

  1. IT・Webエンジニアが転職活動を成功させる5つのポイントについて
  2. 転職を失敗させない「会社選び」のやり方について
  3. エンジニア未経験が転職活動を成功させる方法について

IT・Webエンジニアが転職活動を成功させる5つのポイント ~失敗しないやり方・方法について

転職活動を成功させる5つのポイント:IT・Webエンジニア版-1

まずは、エンジニアが転職活動する際のポイントについて、5つにまとめたので、順に解説していきます。

  1. 「これまでのキャリアやスキルの棚卸しをして、転職先の軸を決める」

    まず、事前準備として最初にやるべき事。

    「これまでのキャリアにおいて、自分がどのようなプロジェクト・サービスを担当して、どのような経験をして、どんなスキルを付けてきたのか」

    これらを棚卸し・整理してください。

    これをする事で、自分がエンジニアとしてのスキルやレベルが、どの程度あるのか。客観的に判断するためでもありますし、「職務経歴書」を作成する上でも欠かせません

    (職務経歴書については、後のポイントで解説しています)

    また、上記が終わったら、

    転職したい企業の軸や、今後(転職してから)、どのようなキャリアを築いていきたいのか。

    ・開発領域は、インフラ?バックエンド?フロントエンド?

    ・プログラミング言語は?

    ・どのようなシステム(サービス)の担当となり、どのような業務内容を希望する?

    ・ポジション(役割)は、上流・下流、それともマネジメントや、テックリード?

    上記の通り、転職したい企業や、やってみたい業務内容について、ちゃんと「軸」を決めてください。

    もちろん、これまでの自分のスキル・経験が、転職先の募集要項とちゃんとマッチすることも重要です

  2. 「知識・スキルの向上(資格取得よりも、ポートフォリオの作成をオススメします)」

    こちらも、事前準備として必要に応じて、やっておくポイントとなります。

    例えば、以下のようなケースですね。

    「転職した企業は、pythonを採用しているけど、自分はこれまでにpythonの実務経験やプログラミング経験が無い。」

    といったケースです。

    この場合、実務経験については、どうしようも無いとは思いますが、少なくともプログラミングの学習やスキル向上はできるはずです。

    実際、エンジニアとしての開発・実務経験があれば、言語は問わず採用してくれるところも多いです

    一つのプログラミング言語に精通しているので、他の言語でもすぐに習得して戦力になるだろうと判断されるわけですね。

    ただし、「何もやってない。一度もプログラムを触ったことがない」だと、さすがに「やる気が無い」と判断されてしまいます。

    プログラミングの学習なんて、自分1人でタダで、すぐにでも出来ますからね。

    で、この時の学習方法についてですが、

    一番の方法は、何かしらのアプリケーションを作成することです。

    そして、それを転職活動用のポートフォリオとして利用することで、エンジニアとしてのスキルの証明にもなります。

    (ポートフォリオについては、次のポイントで解説しています)

    一方、資格の取得を考える方も多いと思います。

    実際、IT業界には、様々な資格があって、

    ・国家資格:ITパスポートや、基本情報技術者試験・応用情報技術者試験

    ・言語独自の資格(javaであれば、ベンダー資格:「Oracle Certified Java Programmer」とか)

    ・他にも、ネットワーク系の資格や、データベースの資格まで、様々です。

    ただし、結論から言うと、IT・Webエンジニアの転職において、「資格」はそこまで重要視されていません。

    それは、企業は「知識」よりも「スキル」を求めているからです。

    企業はあくまで「即戦力」を求めていて、実際にプログラミング等でシステムを実装していくスキルを求めています。

    なので、資格の取得よりも、ポートフォリオの作成に集中した方が良いでしょう。

    (もちろん、資格も意味が無いわけではありません。資格を持っている事で、「一定の知識・スキルがある」事は、証明できますからね)

  3. 「職務経歴書とポートフォリオの作成」

    IT・Webエンジニアの転職活動では、必ず職務経歴書が必要となります。

    エンジニアとしての、これまでのキャリアやスキルをまとめていく事になりますが、

    この内容次第で、書類選考の合否は、大体が決まると言ってもいいでしょう

    当然、書類選考の次の面接のネタにもなりますしね。

    そのため、転職活動の際は、非常に重要なポイントとなります。

    ちなみに、職務経歴書では、以下の2つをメインに記載していく事になります。

    ・職務経歴(これまで担当してきた開発プロジェクト)

    ・スキルセット(プログラミング言語やフレームワーク、DB、その他:開発環境やツールなど)

    ※それぞれのフォーマットやサンプル例、記載ポイントについては、以下の記事にて、詳細に解説しているので、ぜひ参考にしてください。

    → システムエンジニア(SE)の職務・業務経歴書の書き方とフォーマット・テンプレート例 ~未経験の場合も

    また、

    職務経歴書だけでなく、ポートフォリオを作成することで、エンジニアとしてのスキルを証明することができます。

    ※ポートフォリオとは、エンジニアとしてのスキルを証明するために、何かしらのアプリケーションやシステムをプログラミングで作成し、完成した成果物の事です。

    成果物は、Webアプリで公開していれば、URLても良いですし、ソースコードそのもの(Github)でも良いです。

    もちろん、ポートフォリオ(アプリ)の仕様書や設計書もまとめてください。

    ただし、ポートフォリオは、職務経歴書とは違って、必須ではありません。

    これまでの実務経験が豊富で、選考過程でちゃんとスキルがある事をアピールできるのであれば、必要ないでしょう。

    中途採用であれば、最も評価されるのは、これまでの職務経歴となるので、そこまで重要視はされませんが、

    それでも、ポートフォリオの質次第では、高い評価を受けることもあるので、時間に余裕がある方は、チャレンジしてみてください。

    ※逆に、これまでの実務経験がまったく無い未経験の場合であれば、ポートフォリオが、評価対象として高いウェイトを占めるので、作成すべきでしょう。

    ※ポートフォリオの作り方やサンプル例については、以下の記事にてまとめているので、こちらも参考にしてみてください。

    ITエンジニア転職のポートフォリオの作り方と参考例(java) ~githubでの管理と、未経験の場合も

  4. 「技術的な選考・面接対策」

    IT・Webエンジニア転職の場合、技術的な選考があるところがほとんどです(筆記or面接)

    エンジニアとしてのスキルや知識を問われることになりますが、大きくは以下の2つに分かれます。

    ・実際にプログラミングを組んでいくスキルチェック

    ・言語やDB、ネットワーク・インフラ・セキュリティ対策などに関連する知識チェック

    上記、それぞれを事前に対策・準備していく必要があります。

    前者の対策については、転職サイトである「paiza転職」のスキルチェックにて、対策・練習することをオススメします

    (私自身も利用していました)

    ※paiza(パイザ)転職とは、IT・Webエンジニア・プログラマーに特化した転職サイトで、

    プログラミングのスキルチェックや、動画コンテンツ・演習問題など、エンジニア向けのサービス・機能が充実した転職サイトとなります。

    IT・Webエンジニアにおすすめの転職サイト:paizaの求人件数-1

    paiza転職公式サイト

    paiza転職であれば、Bランク以上は必須で、できれば、A以上を目指してください。

    これで、与えられた課題に対して、アルゴリズムを構築するチカラ、さらにそれをプログラムで実装していくチカラが鍛えられます。

    一方で、後者の対策については、以下のような項目について最低限、整理しておいた方が良いでしょう。

    ・得意とするプログラミング言語について、他の言語との比較(メリット・デメリット)

    ・上記言語の、バージョンごとの違いや、利用しているフレームワークの特徴(他のフレームワークとの違いも)

    ・ソースレビュー時の確認ポイント

    ・DBについて、インデックスについてや、クエリチューニングの手順や確認ポイント

    ・セキュリティ対策について、XSS、CSRF、SQLインジェクションといった基本項目の知識

    ・ネットーワークについて、TCP/IP、OSI参照モデル、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、ファイアウォール、DNS、SSH、といった基本項目の知識

    (あとは、これまで携わってきたシステムの、ネットワーク構成図やシステム構成図くらいは、書けるようにしておいてください。)

    ポイントとしては、とにかく解像度を高く整理することです。

    例えば、面接の時に「javaができます」と言っても、面接官は、スキルレベルや能力が全然わかりません。。

    ・javaで組まれたプログラムを、既存のソースを参考にしながら、改修する事ができるレベルなのか、

    ・それとも、javaのフレームワークを使って、イチから、システムを構築することができるレベルなのか。

    前者と後者では、javaのエンジニアとしてのスキルが全然違います。

    なので、この辺を理解したうえで、正確に面接官に自分のスキルや能力を伝えられるように準備しておきましょう。

  5. 「転職サイトとエージェントを併用し、それぞれ複数を登録する」

    転職活動の事前準備が終わったら、いよいよ転職サイトやエージェントに登録することになります。

    それぞれの特徴や違いについて、以下にザっとまとめてみました。

    ・転職サイト:求人情報がまとめられたサイトで、求職者と会社(採用担当)が直接コンタクトをとって進めていく。転職サポートなどは特になし。

    ・転職エージェント:求人情報がまとめられてる部分は「転職サイト」と同じですが、求職者と会社の間に、エージェント(転職をサポートする会社の人)が入ります。

    エージェントは、求職者にマッチするような求人会社の紹介であったり、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策など、転職活動に関するあらゆる事のサポートをしてくれます。

    というわけで、それぞれに違いはありますが、転職活動時のポイントとしては、

    どちらも、並行して利用していく事です

    その理由としては、単純に、出会える求人数が多くなる事と、

    各転職サイト・エージェントごとに、「独占求人」があったりもします。

    また、エージェントによっては、転職サイトの求人情報からは分からない情報(実態)を、持っている事も多いです。

    過去に対象の企業を受けた方からの情報(企業が求めている人材や、面接で質問してきた内容、職場環境についてのリアルな声など)

    これらの情報を事前に共有して、アドバイスをくれたりするので、転職エージェントはぜひ活用してみてください。

    ただし、エージェントは担当者(サポーター)の質や、相性の問題が出てきます。

    担当者が、ちゃんと

    ・IT・WEB業界、もしくは希望している企業の転職事情に詳しく、どのような人材・スキルが求められているのかを把握している。

    ・転職希望者のスキルを客観的にちゃんと分析でき、さらに転職先の希望や条件を聞き入れた上で、どのような企業とマッチングできそうか判断できる。

    ・企業から内定がもらえるために、職務経歴書の添削や、面接のチェックができる。

    このように、質の高い担当者であれば良いのですが、こればっかりは、担当してもらえるまでは分かりません。。

    (担当者が、まったくの畑違いで、IT・WEB業界に疎(うと)く、javaとjavascriptの違いすら分からない。。なんて話も聞いたことがあります。)

    あとは、転職活動の進め方などで、相性の問題も出てくるでしょう。

    このような観点から、転職エージェントだけで言っても、複数社を並行利用することをおすすめします。

    イメージとしては、以下ですね。

    ・転職サイト:2~3社

    ・エージェント:2~3社

    ※おすすめの転職サイトとエージェントについては、以下の記事にて詳細にまとめているので、こちらもぜひ参考にしてください。

    IT・Webエンジニアにおすすめの転職・求人サイト比較ランキング:6社 ~未経験についても

    ITエンジニア(SE)におすすめの転職エージェント:8社を徹底比較 ~未経験者についても

以上、IT・Webエンジニアが転職活動を成功させる5つのポイントでした。

IT・Webエンジニアが転職活動で失敗しない「会社選び」の方法・ポイント:3選まとめ ~未経験についても

IT・Webエンジニアの失敗しない転職活動:会社選びのポイント-1

続いて、会社選びで失敗しないポイントについて、以下にまとめたので順に解説していきます。

  1. 「開発要件をチェックする(ちゃんと、これまでに培ったスキルとマッチすること)」

    希望する企業は、できれば、これまでの実務経験にて培ってきたスキルが活かせる企業が良いでしょう。

    具体的には、プログラミング言語、フレームワーク、DB、開発環境&デプロイ環境、その他開発ツールについて。

    求人情報の開発要件に、この辺の情報が記載されているはずなので、ちゃんとチェックしてください。

    もちろん、これまでに実務経験が無い技術を採用している企業に応募することも可能ですが、相応の準備が必要です(詳細は、前章にて解説しています)

    また、開発要件が曖昧な場合は、注意が必要です。

    曖昧ということは、ハッキリと決まってないということ。この場合は「SIer or SES(客先常駐)」の可能性が高いです。

    SIerやSESでは、プロジェクト(案件)ごとにクライアントが変わるので、もちろん担当するサービスも技術も変わります。

    このように、(数ヶ月間など)短い期間でコロコロと開発内容や業務内容が変わってしまう企業への転職は、あまりオススメはしません。

    特に、SES(客先常駐)については、現場(勤務地)が都度かわってしまい安定しませんし、労働条件が悪い所が多いので(年収が低かったり、残業が多かったり、、)、注意してください。

    ※SES(客先常駐)の詳細については、以下の記事にて解説しているので、ぜひ。

    → 優良SIer企業とブラックSES企業の違いや見分け方について

    ※上記の通り、SES(客先常駐)については基本的に辞めた方が良いですが、

    SIerについては、以下のような特徴をもつ会社であれば、転職先としても良いと思います。

    ・客先常駐ではなく、自社での開発(これは、前提です!)

    ・プロジェクトが長期で、一次請けのモノばかり。

    ・「ECに強い」・「金融システムに強い」・「クラウド(AWS等)に強い」・「javaに強い」といった強みを持っている。

    ・基本的には、請け負うプロジェクトの技術(プログラミング言語など)が固定

    上記のようなSIerであれば、年収も比較的高いですし、労働条件も悪くないと思います。

  2. 「勤務先をチェックする」

    こちらは、上記に関連する内容となりますが、

    勤務地が固定じゃなく、曖昧になっている求人については、注意が必要です。

    「都内近郊」とか、「プロジェクト先による」とか。

    この場合、SES(客先常駐)の企業となるので、おすすめはしません(理由は上述の通りです)

  3. 「みなし残業について」

    最近では、みなし残業制の会社が、かなり増えてきているように感じます(特に、IT・Web系の企業では)

    (私のいる会社も同じです)

    みなし残業制自体が悪いわけではありませんが、以下については、転職前に確認しておいた方が良いでしょう。

    ・エンジニアの平均残業時間(特に、配属になる部署・チームの)

    ここで、40時間/月以下であれば、まだ良いとは思いますが、それ以上になると長時間労働を覚悟しておいた方が良いでしょう。

  4. 「IT・webエンジニアの人数」

    エンジニアの人数は多ければ多いほど、開発体制・環境が整ってたり、開発ノウハウがまとまってる可能性が高いです

    その分、ガチガチにルール化されていますが、それも含めて大人数での開発に最適化されており、何かしら困った事があっても、すぐに解決できる仕組みやノウハウがあるでしょう。

    IT・webエンジニアとしての自分のスキルを上げるといった観点でも、学べる点が多いと思います。

    逆に、転職先がスタートアップや、社内エンジニアの求人だと、人数が少ないところも多いでしょう(1~3人とか)

    人数が少ないと、自由に裁量をもって仕事できるといったメリットも当然あるかとは思いますが、そもそも会社からの(開発部への)投資を受けられなかったり、扱いが低かったりと、

    開発体制や環境を整えられなかったり、スキルアップの観点でも、大人数と比較すると学習できる側面は少ないと思います。

    人数が少ない分、システム保守(緊急対応)などで、休日出勤が必要になったり。。

    ただし、逆に人数が少ない分、インフラからバックエンド・フロントエンドと、任せられる部分が多く、幅広い経験を積むことができる。といった事にも繋がりやすいですけどね。

    (人数が多い所では、ほぼ間違いなく「分業体制」となっているため。)

    それぞれに善し悪しがあるため、自分の希望にマッチする転職先をチェックする必要があります。

  5. 「勤務条件」

    こちらも当然、転職する際はチェックするとは思いますが、

    「転職先の会社に、完全労働裁量性やフレックス、リモート勤務制度があるかどうか・・」

    これは、様々な働き方の選択が可能であり、その仕組み化もちゃんとされている。ということなので、

    会社がエンジニアが働きやすい環境をちゃんと作っている。という証拠でもあります。

    この辺もちゃんとチェックするようにしましょう。

以上、IT・Webエンジニアが転職活動で失敗しない「会社選び」のポイントでした。

※会社選びについては、以下の記事でもまとめているので、ぜひ確認してみてください。

【IT業界未経験からエンジニア転職】おすすめの求人企業を選ぶ5つのポイントまとめ

エンジニア未経験が転職活動を成功させる方法・やり方まとめ ~失敗しないポイントについて

IT・Webエンジニア未経験者の転職活動を失敗させないポイント-1

続いて、未経験の場合の転職活動についてですが、

まず、「未経験可」の求人というのは、どれくらいあるのでしょうか。

大手の転職エージェントである「リクルートエージェント」にて、ちょっと調べてみました(以下)

リクルート転職エージェント:未経験可のIT・Webエンジニアの求人件数-1

リクルートエージェント公式サイト

「SE・ITエンジニア」の未経験可で、8千件を超える求人がヒットしました(非公開含め)

上記から、けっこう多いことが分かりますね。

ただし、ここで注意しなければいけないのは、

「IT・Webエンジニアとして働いた経験は無くても良いが、プログラミングについては、一定の知識・スキルが必須」

といった求人が、実際はほとんどになります。

(応募は可能だけど、選考で落とされる場合がほとんどでしょう)

中には、プログラミングの経験も無くて良い。。といった企業もあるとは思いますが、

こういった場合、そのほとんどが「SES(客先常駐)」になってしまいます。

上述でも、SESは辞めた方が良いと記載していますが、「未経験可」だと、さらに注意が必要で、

現場によっては、将来的にスキルアップに繋がらないような雑務ばかりを任せられたり、

ネットワーク監視ばかりで、プログラミングの実務経験が全く身に付かなかったり、

ブラック労働すぎて、精神を病んでしまったり、身体を壊してしまったり(ブラック企業については、昔に比べたら、だいぶ減ってはきていますが、)

なので、未経験だからこそ、相応の準備が必要になるのです。(転職してから後悔しないように)

というわけで、プログラミング未経験者が、どのようにプログラミングを学んでいき、転職活動を進めていけば良いのか。

そのポイントを、以下にまとめてみました。

  1. 「SESだとしても割り切って、まずは企業に転職して、そこからプログラミングスキルを付けていく」

    上述の通り、「未経験可」の企業というのは、リスク大であります。

    低賃金・長時間労働であったり、そもそもプログラミングスキルが全く付かないような業務をさせられたり。。

    一方で、入社後に1~3ヶ月の研修期間があって、そこで最低限のスキルがあるエンジニアに育ててくれる会社もあります(特に、20代の若手はチャンスですね)

    入社後に、研修があるかどうか・・・これが非常に重要ですね。

    ちゃんと研修がある所であれば、そこで最低限のプログラミングスキルを付けさせて、その上で、現場に送り込まれるので。

    ちゃんと、プログラミングの実務経験が積める可能性は高いでしょう。

    あとは、2~3年ちゃんと実務経験を積んでスキルさえ付ければ、今度は、本当に自分の希望する会社へ転職できる可能性も高いでしょう。

    (自社サービスの人気企業とか、リモートOKなど勤務条件が良い会社とか、スキル次第ではフリーランスも。)

    なので、2~3年は修業期間だと思って、割り切ったうえで転職するのも手ですね。

  2. 「独学 or プログラミングスクール」

    ここからは、ちゃんとプログラミングスキルを付けてから、転職活動を進めていくケースです。

    で、、まずはプログラミングの学び方についてです。

    大きくは、独学か、プログラミングスクールに分けられますが、

    これまで、全くプログラミングをやった経験がないという方であれば、プログラミングスクールに通う事をおすすめします

    業界では、プログラミング学習の挫折率は「90%」と言われています。

    特に、未経験や初心者が挫折するところは、プログラミングをしていく上で、エラーや不具合が出た時に、解決できないパターンです。

    原因は様々ですが、

    単純にコードが間違っているケースもあれば、開発環境に起因する場合もありますし、

    言語などのバージョンの違いが影響することもあります。

    当然、未経験や初心者が解決するには、あまりにハードルが高いエラーも多々あります(学習者のレベルにもよりますが)

    このように、全く知識・経験が無いところから、一人独学でやっていくのは、かなりハードルが高いわけですね。

    さらに、現在のプログラミングスクールでは、学習フォロー以外にも、ポートフォリオの作成や転職活動までサポートしてくれる所が大半ですし、

    なかには、無料で通えるスクールもあります

    (「無料 プログラミングスクール」とググれば、いくつかヒットします)

    なので、プログラミング未経験者の方は、スクールに通うのが一番良いでしょう。

    ※おすすめのプログラミングスクールについては、以下の記事にてまとめているので、こちらを確認ください。

    → プログラミングスクールおすすめ比較ランキング:10選と選び方 ~無料の学校や、ITエンジニアへの転職サポートなど

    一方、学生時代にプログラミングを学んでいた方であったり、「まずは独学でやってみたい」という方については、

    ネット上で学習できる「プログラミング学習サービス」を利用するのが、まずは良いかと思います。

    最も有名なのが、「Progate(プロゲート)」ですね。

    ネット上の入門サイトや、書籍を一冊買って、勉強していく。というのもアリですが、注意してほしいのが、

    「ちゃんと、PC上に開発環境を構築して、実際にプログラミングをしていきながら学んでいく」ということが、非常に重要なポイントです。

    書籍を読み進めていって、勉強しても、「知識」は付きますが「スキル」は付きません。。

    ですが、会社が求めているのは「スキル」です。

    実際にプログラミングをして、システムやサービスを作っていくことができる「スキル」を求めています。

    なので、プログラミングを学んでいく際は、ただ単に勉強して終わり。。ではなく、ちゃんと実際にPC上でプログラミングをしていきながら、学んでいってください。

  3. 「ポートフォリオ(Webアプリケーション)の作成」

    上述の通り、ポートフォリオは、エンジニアが転職活動の際にスキルを証明するためのモノとして有効です。

    特に、これまで実務経験が一切ない未経験の場合は、プログラミングを学んできた集大成として、ポートフォリオを制作することを強くおすすめします。

    コレがないと、(プログラミングスキルがあるという)何の証拠もありませんからね、、

    また、資格を取得するという選択肢もあると思いますが、

    上述の通り、会社が求めているのは「知識」ではなく、「スキル」なので、

    資格勉強よりも、ポートフォリオの作成によって、実際にプログラミングをして、Webアプリケーションを作成した経験やスキルの方が、高く評価してもらえます。

  4. 「転職サイトとエージェントへの登録」

    ポートフォリオが完成したら、いよいよ転職へ動いていきます。

    上述の通り、転職サイトとエージェントを併用して、それぞれで複数社に登録して進めていきましょう。

    特に転職エージェントでは、

    IT・WEB業界の動向や転職事情について詳しい方が、イチからサポートしてくれます。

    自己分析から企業選び、履歴書・職務経歴書の添削や、面接の対策まで。

    なので、転職エージェントを大いに活用すると良いでしょう。

以上、プログラミング未経験者が転職活動を成功させるポイントや進め方でした。

※IT・Webエンジニア未経験の転職活動については、以下の記事でも詳細にまとめているので、こちらも合わせて確認してください。

未経験からITエンジニアに転職する方法まとめ ~求人選びのポイントや、厳しい・きつい現実の実態

というわけで、

今回の記事では、IT・Webエンジニアが転職活動を成功させる方法・ポイントや、会社選びで失敗しないやり方について、順に解説してきました。

エンジニアの方で、今後転職活動をしようと思っている方の参考になっていれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。