プログラミングスクールのおすすめ比較ランキングと選び方

プログラミングスクールおすすめ比較ランキング:10選と選び方 ~無料の学校や、ITエンジニアへの転職サポートなど

どーもー、某IT系の会社でjavaエンジニアとして働ている者です(当ブログの管理人です)

現在は、エンジニアとして働きながら、開発現場の担当者として、エンジニアの選考・採用にも関わっています(主に書類選考と1次面接)

昨今では、IT人材(エンジニア等)の需要の高まりから、多くのプログラミングスクールが運営されています。

実際、ITエンジニアとして現役で働く私から見ても、プログラミングの未経験者が転職を目指して、スクールに通うのは良い選択肢だと思っています。

なぜなら、業界では、未経験者のプログラミング学習の挫折率は「90%」と言われています。

このように、プログラミングに関して、全く知識・経験が無いところから、一人独学でやっていくのは、かなりハードルが高いことなのです。

また、昨今のプログラミングスクールでは、学習フォロー以外にも、ポートフォリオの作成や転職活動までサポートしてくれる所が大半ですし、

国の制度によって、受講費用が安くなったり、なかには無料で通えるスクールもあります

ただし、

「多くのプログラミングスクールがあって、どこに通えば良いのか分からない。。」といった方も多いでしょう。

というわけで今回は、プログラミングスクールの選び方や、おすすめの学校について、順に解説していきます。

以下、目次。

  1. プログラミングスクール・学校の選び方 ~費用・料金やオンライン講座、転職サポートの有無など
  2. 無料のプログラミングスクールのおすすめ:3選 ~ITエンジニアへの転職サポートありの学校
  3. 有料のスクールのおすすめ比較ランキング:7選 ~オンライン講座や、社会人向け制度の有無など

おすすめするプログラミングスクール・学校の選び方 ~費用・料金やオンライン講座、転職サポートなど

プログラミングスクールを選ぶ際の事前準備のポイント-1

まずは、スクールの選び方のポイントについて紹介していきますが、

その前に、事前準備として、大枠の方向性など色々と決めておくべき事があります。

以下に、それらをまとめてみました。

  1. 「プログラミングで開発したい対象や領域を決める」

    プログラミング開発というのは、開発対象やその領域によって、やるべき事や学習内容などが大きく変わってきます。

    なので、スクールに通う前に、まずはココをハッキリと決めておきましょう。

    まず、開発対象としては、大きく以下の3つに分類できると思います。

    ・Web(ブラウザ)上で動作するアプリケーション

    ・スマホ上で動作するアプリケーション

    ・WindowsやMac等、PC(OS)上で動作するアプリ

    さらに、Webアプリの場合、開発領域は大きく以下の2つに分けられます。

    ・バックエンド(サーバーサイド)の開発 : java、php、ruby等(データベースやサーバー(Linux等)の知識も必要となります)

    ・フロントエンド(クライアントサイド)の開発 : html、CSS、javascript等

    (スマホアプリと、OSアプリについての開発領域は一つで、クライアント側のみとなります。)

    というわけで、上記の開発対象とその領域について、まずは決めていきましょう。

    ちなみに、ITエンジニアへの転職をする場合、求人募集上でも、これらについてはハッキリと分けられています。

    (会社によっては、スマホもWebも開発可で、サーバー&クライアント両方の開発ができる方を募集しているところもありますが、基本的には、分けられている求人が多いです)

    とはいえ、未経験の場合は、「何を学べばよいのか分からない。。」って方も多いでしょう。

    そのような場合は、「転職需要の高さ」で選ぶことをオススメします。要は求人数が多いものを選ぶと。

    具体的に挙げると、

    Webアプリケーションを対象とした開発で、バックエンドorフロントエンドの求人が多い傾向にありますね。

    未経験からITエンジニアへの転職では、特にバックエンドの開発をオススメしたいと思います。

    バックエンド領域であれば、嫌でも他の領域の知識やスキルも必要となってきます。

    その分、大変ではありますが、汎用性の高いスキルが身につくので、転職もしやすいし、将来的に仕事に困る事も少ないでしょう。

  2. 「学習したいプログラミング言語を決める」

    続いて、プログラミングスクールで学びたい言語です。

    言語についても、様々なものがありますが、転職需要の高さで決めるのが良いでしょう

    プログラミング言語別のITエンジニアの案件数ランキング

    参考:レバテック公式:プログラミング言語別求人案件ランキング(2020年度版)

    上記は、ITエンジニア特化型の大手転職サイト:レバテックが行った統計データとなり、求人の多い言語が並んでいます。

    上記からは、javaが圧倒的に多いことが分かりますね。

    他にも、PHPやPython等が多い事も分かります。

    バックエンド開発であれば、上記に記載されている言語なら、どれでも良いとは思います

    フロントエンド開発であれば、javascriptの一択ですね。

  3. 「プログラミングスクールに通う目的とゴールを決める」

    こちらは、当然ではありますが、ちゃんと目的とゴールを設定しましょう。

    基本的には、ITエンジニアへの転職が目的であり、ゴールだと思います。

    ※転職が目的じゃない場合、正直プログラミングスクールに通う事はあまりおすすめしません(費用も非常に高いですし)

    で、スクールに通う・通わないに関係なく、未経験者がITエンジニアへ転職したい場合、

    転職用のポートフォリオの作成が、重要なポイントとなります。

    ※ポートフォリオとは、自分自身で制作する、何かしらのアプリケーションの事です。

    Webエンジニアを目指す場合は、Webアプリが良いですし、スマホエンジニアの場合は、スマホアプリが良いです。

    そして、制作したポートフォリオは、転職活動時にプログラミングスキルを証明・アピールするために利用します。

    特に、未経験から転職したい場合、ITエンジニアとしての実務経験が無く、何の実績も無いので、ポートフォリオの制作がおすすめです。

    ※ポートフォリオについての詳細や、作り方のポイントについては以下の記事にまとめているので、こちらもぜひ。

    → ITエンジニア転職のポートフォリオの作り方と参考例(java) ~githubでの管理と、未経験の場合も

    ちなみに、ほとんどのプログラミングスクールで、転職活動のサポートや、ポートフォリオの作成がカリキュラムに入っているので、

    このような観点からも、未経験者がスクールに通う事はおすすめです。

  4. 「転職を目的としていない場合について」

    上記でも、触れていますが、単なる学習が目的の場合は、まずは独学が良いと思います。

    (費用面などで問題ない場合は、プログラミングスクールに通っても良いとは思いますが。)

    そして、独学の際には、以下のサービスを利用して学習を進めていく事をおすすめします。

    ・progate(オンラインのプログラミング学習サービス)

    ・udemy(オンラインの学習プラットフォーム)

    ・侍テラコヤ(サブスク型のオンラインプログラミングスクールで、侍エンジニア塾(後ほど紹介しています)が運営するサービスです。)

    ・Freeks(サブスク型のオンラインプログラミングスクール)

    どれも、月額にすると、数千円~1万程度の低価格で利用できる学習サービスなので、おすすめです。

    基本は、progateで学習を進めていって、つまづいたら、侍テラコヤやFreeksにて、サポートしてもらうのが良いでしょう(現役エンジニアの講師に質問も可能との事なので)

  5. 「プログラミングスクールに通う前の、最低限のスキルと準備について」

    まずは、当たり前のことですが、

    PCとネット環境は必須です。

    プログラミング開発をしていくうえで、スペック的には、CPU:Core i5、メモリ:8GB、ストレージ:SSDで256GBは、ほしいです。

    さらに予算があれば、Core i7、16GB。あれば十分でしょう。

    また、PCに関する基本的な知識や、タッチタイピングは出来てた方が良いでしょう。

以上、事前準備として決めておくべきポイントのまとめでした。

プログラミングスクールのおすすめの選び方-1

では、続いてプログラミングスクール・学校の選び方のポイントについて。

以下にまとめているので、順に解説していきます。

  1. 「費用・料金について」

    プログラミングスクールの費用は、スクールによって様々ですし、同じ学校でも、各コースによって変わってきます。

    安いものだと、10万前後から、高いものだと100万弱のものまで。

    また、コースの内容や期間によっても変わってくるので、安いから良い。という事でもありません。

    仮に費用が安くても、「期間が1ヶ月しかなく、転職サポートも無し」とかならダメですよね。。

    なので、プログラミングスクールを選ぶ際は、費用・料金だけでなく、しっかりとコースの内容や期間などをチェックする必要があります。

  2. 「費用が無料のプログラミングスクールについて」

    こちらも、上記と同じで一見すると費用が無料なので、お得に感じますが、

    特に無料のプログラミングスクールについては、色々と制限のあるところも多いです。

    よくあるのが、20代限定だったり、受講するためには試験があったり、プログラミング言語も固定だったり、

    あとは、紹介された企業へ転職しなければいけなかったり(転職しなければ、違約金が発生したり・・)

    このように様々な制限がある場合がほとんどなので、一概に「無料だから良い」というわけではありません。

    しっかりと制限内容や紹介先の企業(提携している企業)などをチェックする必要があります。

    ※エンジニア未経験者のIT企業選びのポイントについては、以下の記事にてまとめているので、こちらも参考にしてください。

    → 【IT業界未経験からエンジニア転職】おすすめの求人企業を選ぶ5つのポイントまとめ

  3. 「プログラミングスクールの講師(サポーター)について」

    学校で、プログラミング学習をサポートしてくれる講師が、どのような方なのか。

    これについても、チェックが必要です。

    できれば現役のITエンジニアが良いですが、最低限、エンジニアとして実務経験がある方が良いでしょう。

    プログラミング学習以外にも、ITエンジニア業界の転職事情だったり、リアルな経験談を教えてくれたりします。

    一方で、なかにはスクールを卒業して、そのままソコで講師として働いている場合もあるので、注意が必要です(現場経験が一切ない講師)

  4. 「プログラミング学習のサポート内容について」

    プログラミングスクールでは、独自のカリキュラムを元にプログラミング学習を進めていって、分からない点などがあれば、講師に質問を投げて対応していくのが、基本となります。

    この際、講師のサポート対応について、以下のような確認が必要です。

    ・講師がサポートしてくれる時間帯は?

    ・土日のサポートは?

    ・質問回数の上限など、何かしらの制限はある?

    ・サポートの対応方法は?(チャットでの回答なのか、ビデオ通話なのか)

    ・質問した際に、すぐに返答が返ってくる体制となっている?(なかには、回答がくるまで数日かかってしまうような事もあるみたいなので、注意が必要です)

  5. 「転職サポートについて」

    昨今のプログラミングスクールでは、ほとんどの所で転職サポート付きのコースがありますが、

    その具体的な内容についても、ちゃんとチェックしておきましょう(以下、参考)

    ・履歴書や業務経歴書などの添削や、面接の対策をしてくれるのか。

    ・どんな経歴の人が、転職活動のサポートをしてくれるのか。

    ・企業の紹介や選考のセッティングまでおこなってくれるのか。そして紹介企業には、どんな企業がいるのか。

    ・なかなか内定が貰えない時の対応や、サポート期間については?

    あとは、「転職できなかった場合に、スクール費用が全額免除になる」といった転職保証サービスも、最近のプログラミングスクールでは多いですね。

    ※ITエンジニアへの転職活動のポイントについては、以下の記事でもまとめているので、こちらもぜひ。

    → IT・Webエンジニアの転職活動を成功させる方法・やり方まとめ ~未経験が失敗しないポイントも

  6. 「オンラインor通学」

    昨今では、コロナの影響もあって、オンラインのプログラミングスクールが多いですが、実店舗を持っているところも、けっこうあります。

    以下、それぞれのメリットをまとめてみました。

    ・オンライン:PCとネット環境さえあれば、どこでも・いつでも学習できるのがメリットですね。

    ・通学形式:講師や他の受講生と一緒に学べるため、疑問点を直接すぐに聞けたり、同じ目標を持った方と関係を築きやすいのもメリットの一つですね。

    1人で黙々とプログラミング学習をするよりも、モチベーションの維持にも繋がるでしょう。

    というわけで、自分に合った方にするのが良いでしょう。

    ちなみに、プログラミングスクールによっては、両方に対応しているところもあります。

  7. 「学習期間(時間)について」

    こちらは、スクール・学校によって違いますし、コースによっても違ってきます。

    短いコースだと1ヶ月から、長いもので半年以上と様々です。

    ちなみに、2ヶ月以内(320時間以内)については、正直疑った方が良いですね。

    プログラミング未経験者が、2ヶ月間で、転職ができるレベルのITエンジニアになることは、ほぼ不可能と言っていいでしょう。

    プログラミングスキルが無くても転職できるような、「SES(客先常駐)」に流されるのがオチです。

    ※SESとは、エンジニアをクライアント企業(客先)へ派遣する業態の会社の事です。

    エンジニアは、派遣先の会社に常駐して働く事になるので、客先常駐とも呼ばれています。

    ITエンジニアとは全く関係ないような、雑務ばかりさせられたり、

    ネットワーク監視といった、プログラミングスキルが全く上がらない業務を任せられたり、

    低賃金、長時間残業と、ITエンジニアの労働問題として、よく話題になるのも、この「SES」である事がほとんどです

    ※SES(客先常駐)については、以下の記事にて詳細に解説しているので、こちらもぜひ確認してみてください。

    → SES契約とは?違法なブラックIT企業に注意してください

    もちろん、人によっては1ヶ月でも十分なスキルが付く場合もありますが(過去に、プログラミングの経験があったり)

    まったくの未経験の場合は、まず不可能です。

    なので、少なくとも3ヶ月以上(480時間以上)の学習期間があるプログラミングスクールを選ぶのが良いでしょう。

    (社会人など、フルタイム(1日あたり8時間)での学習が無理な場合は、半年以上は必要でしょう)

    ちなみに、参考情報として、

    プログラミング未経験者の学習時間と、それに紐づくレベル感の目安については、

    ・入門レベル:320~480時間(1日8時間で、2~3ヶ月)

    ・Webアプリ(転職用ポートフォリオ)が開発できるレベル:320~480時間

    ・転職できるレベル(上記の合計):640~960時間

    ※上記は、あくまで目安です。

    学習・習得時間については、プログラミング言語や、フレームワークの利用有無、学習範囲、ポートフォリオの内容、学習環境(独学orプログラミングスクール)、個人の理解スピード、などなど様々な条件によって、大きく変わってくるので、あくまで参考まで。

    とはいえ、転職を目指す場合、少なくとも500程度は、学習時間が設けられているプログラミングスクール・コースを選ぶのが無難でしょう。

  8. 「ポートフォリオの作成」

    転職活動のサポートをしているプログラミングスクールであれば、そのほとんどが、カリキュラム内に「ポートフォリオの作成」も含まれていると思いますが、

    念のため、ちゃんとカリキュラムの内容についてはチェックするようにしましょう。

  9. 「無料のカウンセリング(相談)や、体験授業について」

    こちらも、大体のプログラミングスクールが受講前に、体験授業であったり、カウンセリングだったりを開催していますが、

    開催していない教室については、注意が必要ですね。

    ここで挙げているような確認事項について、事前にチェックできる場として活用するようにしましょう。

  10. 「国の教育訓練給付制度の対象となっているか」

    プログラミングスクールがこちらの制度の対象になっていれば、通常の受講料金よりもお得になるメリットがあります。

    場合によっては、受講料の半分以上が、給付金として戻ってきます。

    「教育訓練給付制度」とは、厚生労働省が設けている制度で、対象となっているスクールの、指定されたコースを受講すれば、支払金額の一部を払い戻してくれる制度となります。

    ただし、条件がいくつかあったり、制度の種類も複数あるので、詳細については以下の公式ページにて確認してください。

    厚生労働省の公式HP:教育訓練給付制度

    ちなみに、今回紹介していくプログラミングスクールの中では、

    DMM WEBCAMPや、テックアカデミー、テックキャンプなどが、こちらの制度の対象となっています。

    受給条件を満たせば、最大50万近くの金額が戻ってくるので、ぜひ確認してみてください。

  11. 「口コミや評判について」

    各プログラミングスクールの情報について、ネット上では、口コミや評判情報が多々あるので、この辺も事前にチェックしておきましょう。

    学習環境やサポート内容、転職サポート、講師の質など、様々な情報を得ることができると思います。

以上、プログラミングスクール・学校の選び方のポイントまとめでした。

上記で挙げているポイントに沿って慎重に決めていかないと、スクールに通った後に後悔してしまうリスクも十分にあるので注意してください。

※プログラミングスクールを選ぶ際の注意点については、以下の記事も参考にしてください。

→ プログラミングスクールはやめとけ・無駄と言われる現実と、無料スクールの闇 ~現役エンジニアが実態を語ります

無料のプログラミングスクールのおすすめ比較ランキング:3選 ~ITエンジニアへの転職サポートありの学校

続いて、費用・料金が無料のスクール・学校について、おすすめを順に紹介していきます。

(ランキングと記載していますが、並び順は関係ありません。それぞれに特徴がありますので、順にチェックしていってください)

以下、今回紹介していく3つのプログラミングスクールになります。

  1. みんスク(ワークポート)
  2. Geek Job
  3. 0円スクール(ゼロスク)

では、順に紹介していきます。

1、みんスク(ワークポート):無料のおすすめオンライン・プログラミングスクール

みんスク:無料プログラミングスクールのおすすめ比較ランキング-1

みんスク:公式ホームページ

みんスクは、転職エージェントの「ワークポート」が運営する無料のプログラミングスクールです。

スクールの受講料も転職サポートも、すべて無料で利用できます。

というわけで、「みんスク」の特徴について以下にまとめてみました。

  • 「プログラミングスクールのカリキュラム講座について」

    ・PHPコース(習得時間の目安:80時間)

    ・javaコース(90時間)

    ・インフラコース(20時間)

    上記の3つのコースがあり、プログラミングのコースは、phpとjavaになります。

    オンラインによる受講で、オリジナルテキストによる「自己学習形式」で学習を進め、不明点などがあれば講師に聞くスタイルとのこと。

    なので、自分のペースで進めていくことが可能となります。

    また、転職用のポートフォリオ作成もカリキュラムに含まれているため、その辺のサポートもしてくれるようです。

    ただし、習得時間の目安から、入門レベルの受講内容で、

    ポートフォリオについても、かなり簡易的なものだと予想されます(おそらく、テンプレート的なものが用意されているのでしょう)

  • 「受講中のサポートについて」

    上述の通り、基本的には自己学習で進めていき、不明点などがあれば講師に聞くかたちとなりますが、

    その際の、サポートについては、以下のように公式サイトに記載があります。

    教室の開講時間内であれば、いつでも何時間でも自由に受講が可能です。

    「仕事終わりに1時間だけ」「土日にがっつり6時間」など

    上記から、開講時間内であれば、自由に質問できそうですが、具体的な時間については、要確認です

    (公式サイトでの記載は見当たりませんでした、、)

    (上記の記載からは、土日も開講しているっぽいですが・・)

  • 「プログラミングスクールの講師について」

    要確認(公式サイトには、記載が見当たりませんでした)

    javaやphpのエンジニアとして、実務経験者なのか。
    その他、どのような経歴なのか。
  • 「ITエンジニアへの転職サポートについて」

    上述の通り、みんスクは、転職エージェントのワークポートが運営するプログラミングスクールなので、転職サポートが強いのは、特徴の一つとなります。

    ※ワークポートについては、以下が公式サイトとなります。

    ワークポート:公式サイト

    みんスクの公式サイトからは、以下のサポート内容であることが分かります。

    ・キャリア相談や、選考応募書類の添削、企業ごとの面接対策などのサポート体制が整っています。

    ・プロの転職コンサルタントに、無料でいつでも相談可能です。

    ・ワークポートの非公開求人の紹介が可能

  • 「プログラミングスクールに通う前の、事前チェックについて」

    みんスクでは、事前説明会があります。

  • 「プログラミングスクール卒業後のサポートについて」

    講座の受講後(スクール卒業後)も、「みん卒」という卒業生のコミュニティがあり、求人情報などの掲載もされてるようです。

以上、「みんスク」の特徴まとめでした。

2、GeekJob(ギークジョブ):無料のおすすめオンライン・プログラミングスクール・学校

GeekJob:無料プログラミングスクールのおすすめ比較ランキング-1

GeekJob:公式HP

ギークジョブも、無料でプログラミングの受講から、転職のサポートまでしてくれるコースが用意されています。

以下、GeekJobの特徴をまとめてみました。

  • 「プログラミングスクールのコース・料金について」

    ギークジョブは、以下3つのコースが用意されており、「スピード転職コース」が無料のコースとなります。

    ・スピード転職コース(Java or インフラ) ※こちらが無料コース

    ・プログラミング教養コース(Java or Ruby)

    ・プレミアム転職コース(Java or Ruby)

    ※ちなみに、無料である「スピード転職コース」は、受講するための審査があり、さらに20代限定、言語もjavaのみという条件があります。

    (公式サイトだけじゃなく、以下の公式LPも参考にしています)

    GeekJob公式ランディングページ:スピード転職コース

  • 「プログラミングスクールのカリキュラムについて」

    上述の通り、無料コースではjavaプログラミングが対象で、エンジニア転職するまでの期間としては、以下が目安となっています。

    ・プログラミング未経験の場合:90日間

    ・学生時代、プログラミングを学んでいた方:約40日間(20日間の学習の後、就職活動)

    というわけで、習熟度によって期間は変わっていき、早い方だと30日程度で転職までいけるようです。

    学習形式は、基本的に自己学習をしていき、質問がある場合に都度、講師に質問をしていく形となります。

    また、ポートフォリオ作成については、要確認です。(プレミアム転職コースではカリキュラムに含まれてるので、スピード転職コースでもあるとは思いますが)

  • 「受講中のサポートについて」

    月曜~土曜:10~18時のあいだは、講師が待機していおり、チャットやビデオ通話で質問が可能です。

  • 「プログラミングスクールの講師について」

    現役エンジニアとの事です。

  • 「転職サポートについて」

    転職サポートありのコースでは、専門のキャリアアドバイザーがサポートをしてくれ、履歴書・職務経歴書の添削から面接対策、求人の紹介まで行ってくれるようです。

    紹介できる未経験可の求人数:​500社以上とのこと。

  • 「プログラミングスクールに通う前の、事前チェックについて」

    無料カウンセリング:あり

    講座体験会:あり(ただし無料じゃないかも・・要確認です)

    ※どちらも、オンライン開催

  • 「プログラミングスクール卒業後のサポートについて」

    公式サイトに、特に記載なし。

  • 「統計指標」

    受講者のうち、プログラミング未経験者の割合:99.1%
    プログラミング継続率:94.2%
    転職成功率:97.8%

以上、ギークジョブの特徴まとめでした。

3、0円スクール(ゼロスク):無料のおすすめプログラミングスクール・講座

0円スクール:無料プログラミングスクールのおすすめ比較ランキング-1

0円スクール:公式ホームページ

名前の通り、こちらも無料でプログラミングを学べ、転職サポートまでしてくれるスクールとなります。

以下に、0円スクール(ゼロスク)の特徴をまとめてみました。

  • 「プログラミングスクールのカリキュラムについて」

    まず、ゼロスクでは「java」しかコースが用意されていません

    さらに、以下の2つにコースが分かれています。

    ・初心者コース:受講期間の目安:1~3ヶ月(~493時間)

    ・開発コース:受講期間の目安:1~2ヶ月半(~411時間)

    参考:ゼロスク公式:カリキュラム紹介ページ

    カリキュラムは、オリジナルのもので、現役のITエンジニアが、実際の現場であった課題などを元に作成したものです。

    学習形式は、基本的にカリキュラムを元に自己学習をしていき、質問がある場合に都度、講師に質問をしていく形とのこと。

    また、転職用のポートフォリオ作成についても、カリキュラムに含まれているようです(実際にWEBアプリケーションを作りながら学んでいく。と記載があるので)

    ただし、注意点として受講するためには以下のような条件があります。

    ・18歳~35歳の方
    ・1年以内にIT業界に就職・転職意思のある方

    また、オンラインでの受講はなく、スクールに通う必要があります。

    ※2022/7時点で、東京校は休校となっているので、関東の方は要確認です

  • 「受講中のサポートについて」

    サポート日:平日のみ(土日は無し)

    時間:9時半~18時半

    スケジュールとして、週4日以上が推奨されており、週16時間(半日の場合4回、終日の場合2回)以上が原則との事です。

    (実際の現場で使える技術を習得するには、週5日フルタイムで3ヶ月間が目安とのこと)

    なので、仕事をしている社会人の方は、スケジュール的に厳しいでしょうね、、

    カリキュラムの資料についても、スクールでのみ閲覧可で、自宅では閲覧不可となっています。

  • 「プログラミングスクールの講師について」

    現役のITエンジニアです。

  • 「転職サポートについて」

    履歴書などの選考書類の添削や、面接対策、ビジネスマナーについては、サポートしてくれるようです。

    求人の紹介は、特にないようですが、

    ゼロスクの運営会社(株式会社ブレーンナレッジシステムズ)への転職は、選考を通過すれば可能との事。

    (ネットの情報では、受講者の9割ほどが運営会社に入社しているという情報もあり)

  • 「プログラミングスクールに通う前の、事前チェックについて」

    説明会:あり(オンライン開催)

    体験入学:あり(こちらは、スクール現地に行く必要があるでしょう)

  • 「プログラミングスクール卒業後のサポートについて」

    公式サイトには、特に記載なし。

以上、0円スクール(ゼロスク)の特徴まとめでした。

という事で、ここまで無料プログラミングスクールのおすすめを比較してきました。

プログラミングスクールのおすすめ比較ランキング:6選(料金:有料版) ~オンライン講座や、社会人向け制度の有無など

続いて、費用・料金が有料のスクール・学校について、おすすめを順に紹介していきます。

(ランキングと記載していますが、並び順は関係ありません。それぞれに特徴がありますので、順にチェックしていってください)

以下、今回紹介していく6つのプログラミングスクールになります。

  1. DMM WEBCAMP
  2. Samurai Engineer(侍エンジニア塾)
  3. ポテパンキャンプ
  4. TECH CAMP(テックキャンプ)
  5. Tech Academy(テックアカデミー)
  6. Code Camp(コードキャンプ)

では、順に紹介していきます。

1、DMM WEBCAMP:有料のおすすめオンライン・プログラミングスクール

DMM WebCamp:有料プログラミングスクールのおすすめ比較ランキング-1

DMM WebCamp:公式サイト

こちら、CM等でもお馴染み、有名IT企業であるDMMのプログラミングスクールとなります。

以下に特徴をまとめてみました。

  • 「プログラミングスクールのコース・料金について」

    DMM WebCampでは、様々なコースが用意されています(以下)

    ・javaコース:4週間~(約17万円~)(8・12・16週と、期間の長いコースもあり。もちろん料金も変わります)

    ・PHPコース:上記と同じ

    ・Pythonコース:上記と同じ

    ・エンジニア転職特化型コース:3ヶ月~(約70万~)(短期集中・専門技術・就業両立と、3つのコースがあり、コースごとに学習期間や料金が違います。)

    などなど

    エンジニア転職特化型コースについては、その名の通り、転職サポートが他のコースよりも充実しています(詳細は後述しています)

    また、エンジニア転職特化型の一つ、「専門技術コース」では、経済産業省の「第四次産業スキル習得講座」にも認定され、条件を満たすことで最大70%が「教育訓練給付金」としてキャッシュバックされるとのことです。

    ただし、エンジニア転職特化型コース(3つとも)では、Rubyのみとなっています。

    参考:DMM WebCamp公式:エンジニア転職特化型コースの料金など各種比較ページ

  • 「プログラミングスクールのカリキュラムについて」

    カリキュラムは、DMM WebCampオリジナルの内容となっていて、オンラインで完結します。

    受講中、何かしら疑問点などあれば、チャットで質問するか、週2のマンツーマン・レッスンにて聞くことになります。

    また、(javaやphpなど)各言語のコースでは、学習時間の目安が、160時間(4週間コースの場合)となっており、

    プログラミングの基礎・応用から、最終的には転職用ポートフォリオとして、独自のWebアプリを作成するところまでが、カリキュラムとなっています。

    (Webアプリ例としては、カレンダー機能付きタスク管理システムや、掲示板システムなど)

    当然、Webアプリの開発に必要な技術である、HTML/CSS、データベース連携(SQLなど)

    また、Git/GitHubについても、カリキュラムに入っています。

    参考:DMM WebCamp公式:javaコース

    ※プログラミング未経験者の場合は、160時間(4週間コース)では、時間が少なすぎるので、12週以上のコースで受講した方が良いでしょう。

    ちなみに、延長も可能となっています。

  • 「受講中のサポートについて」

    ・週2のマンツーマン・レッスン(1回:25分(ビデオ通話)

    ・毎日15~23時のチャットサポート(※原則24時間以内に回答)

    ※全コース共通です。

  • 「プログラミングスクールの講師について」

    DMM WebCampの講師はすべて現役エンジニアで、通過率:10%という厳しい基準で選出されています。

    また、適正や相性が合わなければメンター変更も可能とのこと。

  • 「ITエンジニアへの転職サポートについて」

    DMM WebCampが抱えている多数の求人情報。それらの紹介については、全コース共通で受けられます。

    ただし、履歴書などの書類添削や、面接対策については、転職特化型コースだけのサービスとなっています。

    また、転職保証制度として、転職できなかった際に受講料を全額返金する制度が、転職特化型コース(短期集中と就業両立)では受けられるようです。

    参考:DMM WebCamp公式:転職サポートについて:転職特化型コースとのキャリアサポート比較表

  • 「プログラミングスクールに通う前の、事前チェックについて」

    無料相談:あり(オンライン)

    オンライン相談だけでなく、カリキュラムの体験が可能(無料)

  • 「プログラミングスクール卒業後のサポートについて」

    カリキュラムについては、卒業後も閲覧可能で、

    プログラミング学習のサポート延長も、4週間単位で可能となっています(延長料金:88,000円)

    ※全コース共通です。

  • 「統計情報」

    ・エンジニア転職特化型コースの転職成功率:98%(所定の学習および転職活動を履行された方に対する割合(2020/1時点)

以上、プログラミングスクール:DMM WebCampの特徴まとめでした。

2、Samurai Engineer(侍エンジニア塾):有料のおすすめオンライン・プログラミングスクール・学校

侍エンジニア塾:有料プログラミングスクールのおすすめ比較ランキング-1

侍エンジニア塾:公式サイト

侍エンジニア塾は、2013年創業と歴史が長いプログラミングスクールとなります。

エキスパートコース、転職保証コース、プログラミング教養コースなどなど、複数のコースが用意されていますが、

ここでは、プログラミング学習をサポートしてくれるコースについて、以下にまとめてみました。

  1. 「エキスパートコース」

    こちらは、自分が学びたい言語のプログラミング学習から、「オリジナルWebサービス(ポートフォリオ)」を作成するまでがカリキュラムとなっています。

    以下、エキスパートコースの公式ページに記載されている内容となりますが、非常に多くの言語を学べることが分かります。

    侍エンジニア塾のカリキュラム:利用するプログラミング言語一覧-1

    参考:侍エンジニア塾公式:エキスパートコースの詳細

    以下、コース内容です。

    ・受講期間:12週間~

    ・料金:約60万~

    ・学習サポート:担当となる講師がマンツーマンで付き、卒業するまでサポートしてくれます。

    カリキュラムを進めていく中で不明点などがあれば好きなタイミングで、担当講師にチャットでの質問ができ、さらに、週1回のレッスン(オンラインビデオ通話)もあります。

    また、侍エンジニア塾オリジナルの「Q&A掲示板サービス」があり、そこでは、所属している多数の現役エンジニアが対応(質問投稿への回答)してくれます。

    あとは、

    ・転職サポート:キャリアアドバイザーにより履歴書などの書類添削や面接対策、求人紹介もおこなってくれます(紹介可能求人:500以上)

  2. 「転職保証コース」

    転職保証コースでは、カリキュラムを終えたあと、転職活動をした結果、内定が出なかった場合に全額返金をしてくれるコースとなります。

    以下、コース内容です。

    ・受講期間:16週間~

    ・料金:473,000円~

    ・カリキュラム:以下の転職保証コースの公式ページからは、16週の場合は、AWSの資格取得がメインのカリキュラムとなっているようです。

    (16週のプランで、プログラミング言語によるオリジナルWebアプリの作成といったカリキュラムは無いのか、、要確認)

    24週では、AWSの資格取得に加えて、Webアプリ制作もあると記載されています(ただし、phpとrubyだけみたいです)

    ※プログラミング学習サポートや転職サポートについては、上述の「エキスポートコース」と同じです。

    ※参考:侍エンジニア塾公式:エンジニア転職保証コース

  3. 「プログラミング教養コース」

    以下、コース内容です。

    ・受講期間:4週間~

    ・料金:165,000円~

    ・カリキュラム:以下のプログラミング教養コースの公式ページからは、javaは資格取得のみで、WEBアプリ開発については、PHPとRUBYの表記しかありません、、

    ※プログラミング学習サポートは、上述の「エキスポートコース」と同じですが、転職サポートについては記載なしです。

    参考:侍エンジニア塾公式:プログラミング教養コース

  4. 「侍テラコヤ(SAMURAI TERAKOYA)」

    こちらは、1ヶ月契約(ライトプラン):2980円~の、低価格帯プラン(サブスク型)となっていて

    40種類以上のオリジナル教材が用意されており、そこから学ぶことが可能です。

    プログラミング学習サポートについては、専属サポートは無しですが、

    月一の現役エンジニアとのマンツーマンレッスン(zoom)があり、上述のコースと同様、「Q&A提示版サービス」は利用することが可能です。

    また、転職サポートについては、一番安いライトプランでは無さそうだが、プレミアムプランでは有りなのか、要確認

    プログラミングスクール:SAMURAI TERAKOYAの各プラン比較-1

    参考:侍エンジニア塾公式:SAMURAI TERAKOYA

    また、「SAMURAI TERAKOYA」が対応しているプログラミング言語やフレームワークについては、以下で確認できます。

    参考:SAMURAI TERAKOYA公式FAQ:対応している言語やフレームワーク

    上記から、多くの言語に対応している事が分かりますね。

    (例えば、javaであれば、オリジナル教材とレッスン(現役エンジニアとの月一レッスン)は「×」となっていて、「Q&A提示版サービス」でのサポートのみ、可能なようです)

    ちなみに以下から、教材の内容や「Q&A提示版サービス」の質問内容などを、確認することができます。

    SAMURAI TERAKOYA公式:ホーム画面

以上、各コースの情報まとめでした。

続いて、侍エンジニア塾の特徴を以下にまとめてみました。

  • 「転職用ポートフォリオの作成について」

    上述の各コースのカリキュラムにて、オリジナルのWebアプリ作成が、ポートフォリオになるかと思います。

  • 「プログラミング学習のサポートについて」

    ・現役エンジニアとのマンツーマン・レッスン(ビデオ会議):週1で、1回あたり60分(TERAKOYAの場合、ライトプランでは、月1)

    ・Q&A提示版:営業時間(10~22時)内であれば自由に質問可能で、時間外については、翌営業日の回答(平均回答スピード:30分以内とのことです)

  • 「転職サポートについて」

    侍エンジニア塾では、法人サービスにて多数の企業とのコネクションや求人を抱えており、受講終了した卒業生の紹介もおこなっているようです。

    参考:侍エンジニア塾公式:エンジニアの人材紹介・採用支援サービス(法人用)

    このため、転職サポートについては、紹介を含め期待できそうです。

    ※プログラミング教養コースなど、コースによっては、転職サポートが無い可能性あり(要確認です)

  • 「プログラミングスクールの講師について」

    侍エンジニア塾では、3年以上の実務経験を持つ現役エンジニアが、87%とのことです。

  • 「スクール・学校に通う前の、事前チェックについて」

    無料カウンセリング:あり(オンラインで、1・2時間とのこと。)

  • 「プログラミングスクール卒業後のサポートについて」

    HP上では、特に記載なし

  • 「統計情報について」

    ・受講生の途中離脱率:2.1%(2021/10~2022/3にて、挫折が理由で学習を途中で辞退された方の割合)

    ・3.5万人の受講者

    ・転職保証コースでの転職成功率:99%(所定の学習完了および、転職活動をされた方に対する割合(2021/1~2022/6集計)

以上、侍エンジニア塾の特徴まとめでした。

3、ポテパンキャンプ:有料のおすすめオンライン・プログラミングスクール・講座

ポテパンキャンプ:有料プログラミングスクールのおすすめ比較ランキング-1

ポテパンキャンプ:公式サイト

こちらは、Web系開発企業への転職に強みを持つプログラミングスクールとなります。

以下、特徴をまとめてみました。

  • 「プログラミングスクールのコース・料金について」

    ポテパンキャンプでは、以下のRubyのコースだけとなり、Web系開発企業への転職に特化した形となりますね。

    ・Railsキャリアコース:5ヶ月間(20週間):40万円
  • 「プログラミングスクールのカリキュラムについて」

    カリキュラムは、完全オリジナルで、オンラインでの受講となります。

    ちなみに、以下が「Railsキャリアコース」のロードマップとなります。

    1ヶ月目:html,css,js
    2ヵ月目:rubyの基礎
    3ヶ月目:Ruby on Railsの基礎
    4~5ヶ月目:模擬プロジェクト開発・・・現場を想定した課題を与えられて、その開発をしていく形。

    ※上記の受講終了後、転職サポートに入っていきますが、その際に、ポートフォリオ作成のサポートもしてくれるとのこと。

    参考:ポテパンキャンプ公式:Railsキャリアコースの紹介

  • 「プログラミング学習のサポートについて」

    プログラミング学習を進めていく中で、何かしら分からない点などがあった時は、専用の質問サイトにて対応してもらえます。

    質問サイトのサポート時間:毎日10時~23時(土日もありなのかは、要確認)

    また、カリキュラムの進め方など、何かしら不安な部分がある場合は、メンターへの相談も可能とのこと(無制限)

  • 「プログラミングスクールの講師について」

    以下、公式サイトの記載があるので、基本は現役エンジニアの方が対応してくれるようです。

    「サービス開始以降、50人以上の現役エンジニアが講師として活躍中」
  • 「ITエンジニアへの転職サポートについて」

    ポテパンキャンプでは、キャリアカウンセラーの方に転職をサポートしてもらえ、

    履歴書・職務経歴書の添削や、面接対策、企業紹介

    さらに、ポートフォリオ作成のサポートやレビューについても、サポートしてもらえます。

    企業紹介については、ポテパンキャンプと提携しているWeb系の自社開発企業が100社以上あり、

    これまでに、多くのプログラミングスクール受講生が、内定を貰っています。

    ※転職成功者の93%がポテパン提携企業とのことです。

    さらに、転職保証制度もあり、転職できなければ全額返金してもらえる制度もあり(30歳未満の方限定で、他、諸条件あり)

  • 「プログラミングスクールに通う前の、事前チェックについて」

    無料カウンセリングあり:0.5~1時間

  • 「プログラミングスクール卒業後のサポートについて」

    プログラミング学習について、延長受講も可能です(1ヶ月あたり:8.8万円)

  • 「統計情報」

    プログラミング未経験者の割合:92%

    転職成功者のうち、Web系開発企業に内定した割合:100%

    (公式HP上の記載から、SESや派遣企業では無いとのことなので、これはすごいですが、そもそも転職に成功する割合がどれくらいなのかは気になりますね)

以上、おすすめのプログラミングスクール:ポテパンキャンプの特徴まとめでした。

4、TECH CAMP(テックキャンプ):有料のおすすめオンライン・プログラミングスクール

テックキャンプ:有料プログラミングスクールのおすすめ比較ランキング-1

テックキャンプ:公式サイト

こちら、これまでの累計で、6万名以上の受講者(無料プログラミング体験の受講者を含む)を誇り、

東京商工リサーチ:「プログラミングスクールに関する調査(スクール5社が対象)」にて、受講生数・転職成功者数ともにNo,1となっています(2021/5時点)

というわけで、業界トップレベルである「テックキャンプ」の特徴について、以下にまとめてみました。

  • 「プログラミングスクールのコース・料金について」

    2022/11時点で、以下2つのコースがあります。

    ・短期集中スタイル:10週間(1日12時間×週5日を想定)、600時間の学習時間を想定、65.7万円

    ・夜間・休日スタイル:半年、600時間、87.7万円

    ※期間を延長したい場合は、テックキャンプが定めた料金及び手続きにより学習期間の延長が可能とのことです。

    ※プログラミング言語は、以下公式サイト(コース内容)の記載から、rubyのみ?(要確認です)

    テックキャンプ公式:コース内容の紹介

    また、上記2つのコースは、厚生労働省が設けている「教育訓練給付制度」の対象となっていて、最大70%OFFになります。

  • 「プログラミングスクールのカリキュラムについて」

    テックキャンプのプログラミング学習は、オンライン完結型で、オリジナルの教材が採用されています。

    学習形式は「自習型」で、困った時や分からない時などに都度チャットなどで質問していく形となります。

    また、転職用ポートフォリオ(Webのオリジナルアプリ)の作成も、ちゃんとカリキュラムに含まれています。

  • 「プログラミング学習のサポートについて」

    毎日14時~22時(土日含む)であれば、チャットもしくはビデオ通話にて、講師に質問することが可能となります。

    さらに、回数に制限は無いとのこと。

    ただし、時間帯によって、回答に時間が掛かるとの注意書きあり(公式サイト上)です。

    また、

    テックキャンプでは、プログラミング学習を開始して14日以内であれば、どんな理由でも全額返金可能となっています。

    この事から、カリキュラムやサポート対応については、かなり自信があるようですね。

  • 「プログラミングスクールの講師について」

    公式サイト上にて、「現役エンジニアではないメンターもいます」と記載があります。

    ただし、その割合については不明ですね。

  • 「ITエンジニアへの転職サポートについて」

    プログラミングスクール:テックキャンプでは、専属のキャリアアドバイザーがついて、転職活動をサポートしてくれます。

    ITエンジニアとしてのキャリアパス相談や、履歴書などの添削、面接対策

    あとは、求人紹介もしてくれます。

    ちなみに、転職サポートについては、プログラミング学習終了後:182日がサポート期間とのことです。

    また、転職保証制度もあり、転職できなければ全額返金を受けられます(39歳以下など、諸条件あり)

    一方で、以下は受講生の転職先企業のカテゴリ割合です。

    プログラミングスクール:テックキャンプの転職先企業の区分-1

    正社員の割合が高いのは良いですが、「SES」が半分近くを占めているのは気になりますね。。

    ただ、逆を言えば、未経験から半数以上がSES以外の企業へ転職できているという事でもあるので、割合的には十分かと思います。

    未経験でも努力次第で、自社サービス開発などの優良企業へ転職できる可能性が十分あるという事ですからね。

  • 「プログラミングスクールに通う前の、事前チェックについて」

    無料カウンセリングあり

  • 「プログラミングスクール卒業後のサポートについて」

    プログラミング学習の延期制度あり

    ただし、テックキャンプが定めた料金及び手続きが必要となります(要確認)

  • 「統計情報」

    ・6万名以上の受講者(テックキャンプの有料受講者と無料プログラミング体験の受講者の合計)
    ・プログラミング未経験者:97%
    ・学習の途中離脱率:3%
    ・3200名以上の卒業生がエンジニア転職成功
    ・転職成功率:98%(所定の学習および転職活動を履行された方)

以上、プログラミングスクール:テックキャンプの特徴まとめでした。

5、Tech Academy(テックアカデミー):有料のおすすめオンライン・プログラミングスクール・学校

テックアカデミー:有料プログラミングスクールのおすすめ比較ランキング-1

テックアカデミー公式サイト

こちらは、10年以上続く老舗のプログラミングスクールで、3万名を超える受講者への教育実績があり、

「日本e-Learning大賞:プログラミング教育特別部門賞」の受賞など、実績のある学校となります。

では、以下に特徴をまとめてみました。

  • 「プログラミングスクールのコース・料金について」

    テックアカデミーでは、10以上の様々なコースが用意されています。

    ・Javaコース:4週間~(17.4万~)、学習時間は160~200時間が目安(4週間コースの場合)

    ・Pythonコース:上記と同じ

    ・PHP/Laravelコース:上記と同じ

    ・フロントエンドコース:上記と同じ

    ・エンジニア未経験の転職保証コース:16週間(43.7万)、学習時間は300時間が目安、プログラミング言語は、javaとpython(AI受講)となります(公式ページ記載)

    等々、他にも様々なコースが用意されています。

    参考:テックアカデミー公式:各コースの料金プランまとめ

    javaやphpなど各言語のコースでは、4週の他にも、8週、12週と、期間を選択することが可能です(当然、料金も変わってきます)

    また、エンジニア未経験の転職保証コースでは、経済産業省の「Reスキル講座(第四次産業革命スキル習得講座)」、および厚生労働省指定の「専門実践教育訓練給付金制度」の認定コースということで、最大30万円のキャッシュバックが可能です。

     

  • 「プログラミングスクールのカリキュラムについて」

    テックアカデミーでは、オンラインでの受講形式となり、

    学習形式としては、オリジナルのカリキュラムや課題を通して、疑問点などあれば、メンターに都度チャット等で質問する形式となっています。

    また、基本的にはどのコースでも、Webアプリケーションを作成する課題があるため、それを転職用のポートフォリオとして利用できそうです。

    (Pythonなど、一部のコースでは、Webアプリケーションを作成しないコースもあり。。)

  • 「受講中のサポートについて」

    サポートは、オンラインでのチャットサポートで、

    毎日、15時〜23時の間については、現役ITエンジニアのメンターが常時待機してるので、すぐに回答がもらえます。

    また、週2回のマンツーマン・メンタリングがあり、1回30分のビデオチャットで、質問や相談などが可能とのこと。

  • 「プログラミングスクールの講師について」

    メンターは、通過率10%を突破した、現役エンジニアになります。

    また、全員が実務経験:3年以上とのことです。

  • 「プログラミングスクールの転職サポートについて」

    テックアカデミーでは、1000社以上の求人を抱えており、

    すべての受講生は「テックアカデミーキャリア」というサービスを無料で利用することができ、登録すれば企業からスカウトメッセージが届いたり、求人の紹介を受けられるそうです。

    また、「エンジニア未経験の転職保証コース」では、専属のキャリアカウンセラーが付き、履歴書などの書類作成、面接対策などのサポートをしてもらうことができます。

    さらに同コースでは、受講終了後に転職が決まらなかった場合、受講料を全額返金する返金保証制度もありです。

    (受講修了後、6ヶ月間のあいだ内定が出るまで企業面談を実施し、それでも転職が決まらない場合にはサポートを終了し、受講料を全額返金するとのこと)

  • 「社会人向け制度について」

    上述でも記載している通り、オンラインでのサポートにて、

    毎日:15~23時での、チャットサポートが可能なので、平日の昼間は忙しく働いている社会人の方にも向いていますね。

  • 「プログラミングスクールに通う前の、事前チェックについて」

    ・無料相談・カウンセリング:あり(オンライン)

    ・無料プログラミング受講体験:あり(オンライン)

    (プログラミングの基礎が学べ、簡単なWebアプリまで作れるとのことで、2時間程度の内容となっています)

    参考:テックアカデミー公式:無料体験・カウンセリングについて

  • 「プログラミングスクール卒業後のサポートについて」

    カリキュラムは、無期限で閲覧可で、

    また、追加のメンターサポートについては、4週間:75,900円で可能とのこと。

  • 「統計情報」

    ・企業800社、受講者3万名以上の教育実績

以上、テックアカデミーの特徴まとめでした。

6、Code Camp(コードキャンプ):有料のおすすめオンライン・プログラミングスクール・学校

コードキャンプ:有料プログラミングスクールのおすすめ比較ランキング-1

コードキャンプ公式サイト

こちらも、累計の受講者数が5万名を超えるなど、実績のあるスクールとなります(2022/9時点)

というわけで、以下に特徴をまとめてみました。

  • 「プログラミングスクールのコース・料金について」

    コードキャンプも、以下の通り様々なコースが用意されています。

    ・プログラミングコース:2ヶ月~(約20万~)、学習時間は、160~200時間(2ヶ月コースの場合)、プログラミング言語は、PHP(Laravel)

    ・javaマスターコース:上記と同じ

    ・rubyマスターコース:上記と同じ

    ※上記の3コースでは、期間は、4か月、6ヶ月と選択できます(もちろん、料金も変わります)

    ・エンジニア転職コース:4か月(約60万)、学習時間は、400時間を想定、プログラミング言語はPHP

    (こちらの転職コースは、応募資格が20代(30・40代は要問い合わせ)となっており、エントリー時に書類選考もあるとのこと)

    等々、他にも様々なコースが用意されています。

  • 「プログラミングスクールのカリキュラムについて」

    コードキャンプでは、オンラインでの受講形式となっており、

    受講の形式が、他のプログラミングスクールとは少し違っていて、

    他のスクールでは、カリキュラムや課題などで疑問点があれば、チャットで質問をしてサポートしてもらう形式ですが、

    コードキャンプでは、疑問点があれば、レッスンという形で講師を指定して、スケジュール予約をします。

    予約がとれたら、その時間にビデオ通話(Google Meet)を繋いで、サポートを受ける形となります。

    ・レッスンごとに講師を選んで予約可能。

    ・1レッスンあたり40分の枠となる。

    というわけで、1回1回の質は高そうですね。

    ただし、チャットのように気軽に質問できないのか、、チャットでの質問対応については要確認です。

    また、上述している各コースでは、Webアプリケーションの開発までサポートしてくれるようなので、作成したアプリを、転職用のポートフォリオとして利用することができそうですね。

  • 「受講中のサポートについて」

    サポートは、年中無休で、7時~23時まで可能とのこと。

    この時間内で、上記の「レッスン」の予約をとる形となります。

    また、エンジニア転職コースでは、全額返金制度があり、受講開始後20日以内であれば全額返金可能とのことです(ただし諸条件あり)

    このような制度があるということは、カリキュラム内容や学習サポートについては、一定の自信があるという事ですね。

  • 「プログラミングスクールの転職サポートについて」

    エンジニア転職コースでは、プロのキャリアコンサルタントによる、履歴書等の添削や面接対策、求人紹介などのサポートがあるようですが、

    他のコースでは、キャリア相談については、現役エンジニアの方やキャリアコンサルタントの方に相談できそうですが、

    具体的に、履歴書などの書類添削や、面接対策などをしてもらえるのか。

    また、求人紹介などもおこなってもらえるのか。。この辺については要確認ですね。

    (おそらく、転職コースと同じようなサポートはしてもらえないと思いますが、、)

  • 「プログラミングスクールの講師について」

    コードキャンプの講師は、現役のエンジニアで、通過率:17%の選考を経て採用された講師とのことです。

    (レッスンごとに講師の指定ができるので、講師の質や相性などの問題を心配することは、あまり無さそうですね)

  • 「プログラミングスクールに通う前の、事前チェックについて」

    無料カウンセリング:あり(オンラインビデオ通話)

    カウンセリング相談の他に、実際にカリキュラム資料の内容を確認(試し読み)できるようです。

  • 「プログラミングスクール卒業後のサポートについて」

    カリキュラムについては、受講終了後も閲覧可能で、

    また、プログラミングに関する質問や、キャリア・転職相談など、オンラインでのチャット相談が、有料になりますが、受講後も可能とのこと

    (「プラスレッスン」というサービス)

    参考:コードキャンプ公式:キャリア支援について(プラスレッスンなど)

  • 「統計情報」

    受講者数:5万名以上
    レッスン満足度:97.1%
    研修導入企業:300社以上

以上、コードキャンプの特徴まとめでした。

というわけで、最後になりますが、

当記事では、プログラミングスクール・学校の選び方のポイントや、

料金・費用が、無料・有料それぞれで、おすすめのスクールを紹介してきました。

今後、プログラミングスクールに通う事を検討している方の参考になっていれば幸いです。

また、当記事を読んでいただいた方は、将来的にITエンジニアへの転職を考えている、未経験の方も多いかと思います。

というわけで、未経験の方を対象とした、ITエンジニアへ転職するためのポイントや方法について、以下の記事にてまとめているので、こちらも合わせて確認いただければと思います。

未経験からITエンジニアに転職する方法まとめ ~求人選びのポイントや、厳しい・きつい現実の実態

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。