ITエンジニア(SE)におすすめの転職エージェント

ITエンジニア(SE)におすすめの転職エージェント:8社を徹底比較 ~未経験者についても。


どーもー、現在某IT系の会社でjavaエンジニアとして働ている者です(当ブログの管理人です)

昨今、リモートワークやフリーランスなど自由な働き方ができ、技術力さえあれば職にも困らないし高年収も期待できると、注目されているIT系のエンジニア・プログラマー。

2019年に経済産業省が公表した「IT人材需給に関する調査」では、年々、エンジニアやプログラマー等のIT人材不足の増加が予測されています(以下)

エンジニアやSE等のIT人材不足の予測グラフ

グラフから、2030年には、最大で79万人のIT人材が不足する事が予測されています

このように、今後も人材不足は続いていくということで、当然その分、ITエンジニア等の需要は高まっていきます。

というわけで今回の記事では、ITエンジニアやプログラマーに転職するために利用する「転職エージェント」について。

大手のエージェントと、エンジニアに特化したエージェント、それぞれのおすすめを徹底比較していきます。

転職エージェントとは・・・求職者と人材採用したい会社のあいだに入って、転職&採用活動をサポートする会社(または、そこに勤務する担当者)のことを指します。

よくある「転職サイト」では、会社の求人情報がサイト上にまとめられているだけで、求職者は気になる会社へ自分で応募する形となります。

当然、そこに制限やサポートは無く、自由に転職活動を進める事となりますが、

一方で、転職エージェントでは、求職者にマッチするような会社の紹介であったり(逆に会社への人材紹介もあり)、

履歴書・職務経歴書の添削(てんさく)、面接対策など、転職活動に関するあらゆる活動のサポートをしてくれます。

また、転職エージェントには、大手の総合エージェントと、ITエンジニアなどの業界・職種特化型と、大きく2つに分けることができます。

というわけで、今回はそれぞれの代表的な転職エージェントについて紹介していくわけですね。

ちなみに、転職サイトのおすすめについては、以下の記事にて詳細にまとめているので、こちら良かったらぜひ確認してみてください。

→ javaプログラマーにおすすめの大手転職サイトとエンジニア特化型求人サイト:8選 ~平均年収や仕事内容なども

(上記は、javaと記載がありますが、javaに限らずエンジニア全般におすすめの転職サイトまとめ情報となります。)

以下、目次となります。

  1. ITエンジニアが利用すべき大手転職エージェント:5社の比較 ~未経験者へのおすすめも。
  2. おすすめのエンジニア・プログラマー特化型転職エージェント:3社について
  3. 転職エージェントをITエンジニアが利用するメリット・デメリットと注意すべき事

ITエンジニア(SE)が利用すべき大手転職エージェント:5社の比較 ~未経験者へのおすすめも

ではまず、大手の総合転職エージェントについてです。

こちらは、IT系の求人以外にも、様々な業種・職種を扱っている総合的な転職エージェントとなります。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. doda転職エージェント
  4. ワークポート
  5. type転職エージェント

では、順に紹介していきます。

1、リクルートエージェント ~ITエンジニアや未経験にもおすすめの大手転職エージェント

リクルートエージェントの全体とITエンジニアの求人件数-1

転職エージェントの中で最大手、求人件数も最も多いのが、こちらの「リクルートエージェント」になります。

CMでもお馴染みなので、知っている方も多いでしょう。

上記の通りですが、2022/7時点で、

全体の求人件数・・・公開:23万人、非公開:27万人

ITエンジニア・プログラマーの求人件数・・・公開:6.3万人、非公開:6.8万人

参考:リクルートエージェント:公式サイト

全体の件数も、エンジニアの件数も、どちらもかなり多いことが分かりますね。

ちなみに、非公開求人とは、転職サイトや企業のホームページなど、インターネット上では確認できない、⼀般に公開されていない求⼈情報のことです。

こうした⾮公開求⼈は、会社と提携している転職エージェントだけが求人情報を取り扱っています。

また、ITエンジニアの求人にて、「未経験可」で絞って検索してみると、

リクルートエージェント:未経験可のITエンジニアの求人件数-1

公開求人:5652件
非公開求人:2626件

未経験でも多数の求人があることが分かりますね。

2、マイナビエージェント ~SEにおすすめの大手転職エージェント

マイナビエージェント:ITエンジニア・SEの求人件数-1

こちらも、CMでお馴染み、大手の転職エージェントとなります。

上記の通り、ITエンジニア・SEの求人件数を確認してみると、

(2022/7時点)

公開求人:1.4万人、非公開求人:0.9万人

参考:マイナビエージェント:システムエンジニアの求人一覧ページ

どちらも、1万人前後と多いですね。

また、「未経験可、第二新卒」と条件を指定して、検索してみると、

マイナビエージェント:未経験可のITエンジニアの求人件数-1

公開求人:1526人、非公開:658万人

というわけで、大体10%程度が、未経験可であることが分かりますね。

3、doda転職エージェント ~ITエンジニアにおすすめの大手転職エージェント

doda転職エージェント:全体の求人件数-1

doda公式サイト

以下、dodaの求人件数となります。

(2022/6時点)

・全体の求人件数:約18万件(非公開求人を含む)

・ITエンジニア・プログラマー:3.5万件(公開のみ)

・未経験可の求人:3296人(公開のみ)

doda転職エージェント:ITエンジニアと未経験可の求人件数-1

dodaも、全体の求人件数、ITエンジニアの求人ともに、非常に多いことが分かりますね。

また、dodaでは、以下のような面白いサービスも用意されています。

・「年収査定」:機械学習を利用して、高精度に適正年収を算出してくれるとのことです。

・「合格診断」:登録者の経歴やスキルから、合格可能性のある企業を診断・提示してくれるそうです。

さらに、

dodaでは、通常の転職エージェントサービスと、パートナー・エージェントサービスという、2つのサービスを提供しています。

  • 「エージェントサービス」

    dodaのスタッフが転職サポートをしてくれます。

  • 「パートナー・エージェントサービス」

    パートナーとして提携している国内400社以上の転職エージェント会社、5000人以上のキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

    (参考:doda公式サイト:パートナーエージェント会社の一覧

    上記にて、PASONAや、WORKPORT、TISといった有名な企業も含まれている事が分かります。

    (このように、パートナー制を採用しているところは、dodaだけかと思います)

ちなみに、dodaに掲載されている求人にて、通常の応募ボタン(青色)は、直接求人会社へ応募の連絡がいき、

「応募する(エージェントサービス)」ボタン(オレンジ)の場合は、エージェントサービスを介して応募がいくとのことです。

doda転職エージェント:求人情報ページ-1

4、ワークポート ~エンジニア未経験におすすめの大手転職エージェント

ワークポート転職エージェント:ITエンジニアと未経験可の求人件数-1

上記から、

(2022/7時点)

エンジニア全体:約1.6万件(公開求人)
未経験可:622件(公開求人)

ワークポート:公式サイト

また、ワークポートでは、「みんスク」という完全無料のプログラミングスクールを運営しています。

みんスクとは・・・IT業界未経験から、エンジニアへ転職するための「無料エンジニア養成スクール」です。

みんスクでは、プログラミング学習だけでなく、キャリア相談や業務経歴書などの応募書類のチェック、面接対策など、転職活動に関するあらゆるサポートもおこなっています。

また、教材費・受講料、面接対策などの転職サポートも、全て無料でご利用いただけます!

コースは、PHP、Java、インフラと、3つのコースが用意されています(2022/7時点)

参考:みんスク:公式サイト

というわけで、エンジニア未経験の場合は、完全無料でプログラミング学習から、転職活動のサポートまでやってくれる、「みんスク」を利用するのが特にオススメです。

5、type転職エージェント ~ITエンジニアにおすすめの大手転職エージェント

type転職エージェント:ITエンジニア・SEの求人件数-1

(2022/7時点)

ITエンジニア全体の求人件数

公開求人:2959+475=3434件
非公開:10630+1850=12480件

type転職エージェント:公式サイト

以下、ITエンジニア全体の求人から、「未経験可」の求人を抽出した結果です。

type転職エージェント:ITエンジニアと未経験可の求人件数-1

公開求人:169+39=208件

非公開求人:451+79=530件

以上です。

※上記の通り、どの転職エージェントも、会員登録なしで、求人一覧・詳細情報の確認が可能となっているので、ぜひ確認してみてください(どれも非公開求人あり)

ITエンジニア・プログラマーにおすすめのIT特化型転職エージェント:3社の比較

続いて、ITエンジニアに特化した転職エージェントについて、おすすめの3社を順に紹介していきます。

1、レバテックキャリア ~おすすめのエンジニア特化型転職エージェント

レバテックキャリア転職エージェント:ITエンジニアの求人件数-1

レバテックキャリア公式サイト:ITエンジニアの求人検索ページ

レバテックは、IT業界では、有名な転職エージェントとなります。

以下、求人件数。

(2022/6時点)

・全体の求人件数:16831件

・ITエンジニア・プログラマーの求人:8096件

求人全体の件数も、ITエンジニアに限った件数も、どちらも多いことが分かりますね。

また、ITエンジニア全体の求人から、「未経験可」で検索してみると、

レバテックキャリア転職エージェント:ITエンジニア未経験可の求人件数-1

683件、ヒットしてますね。

(「未経験」でキーワード検索してるだけなので、厳密にエンジニア未経験可の求人とは言えないので、参考までに。。)

また、レバテックでは、キャリア転職のエージェントだけでなく、以下のような様々なサービスを提供しているのも、特徴の一つです。

・「レバテック・ダイレクト」:ITエンジニア・プログラマーに特化した転職・求人サイト(スカウトあり)

・「レバテック・フリーランス」:フリーランス用エージェント

・「レバテック・ルーキー」:学生(就活生)を対象とした就活エージェント

・「レバテック・カレッジ」:学生を対象としたプログラミングスクール

以上です。

2、Geekly(ギークリー) ~おすすめのプログラマー特化型転職エージェント

Geekly転職エージェント:ITエンジニア・SEの求人件数-1

ギークリーは、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントで、上記の通り求人件数は、

(2022/7時点)

・全体の求人件数:1.5万件

・ITエンジニア・プログラマーの求人:7713件

となっています。

また、ITエンジニア全体の求人から、「未経験可」で検索してみると、

Geekly転職エージェント:ITエンジニア未経験可の求人件数-1

430件、ヒットしてますね。

(「未経験」でキーワード検索してるだけなので、厳密にエンジニア未経験可の求人とは言えないので、参考までに。。)

また、公式サイトを確認してみると、以下のような記載があります。

例えばエンジニアと一言にいっても、Webやデータベース、AIエンジニアなど実際の職種は多岐に亘ります。

ギークリーでは職種ごとの知識に精通したコンサルタントが在籍しているため、あなたの希望や経歴をしっかりと活かした転職を実現いたします。

参考:Geekly公式サイト

上記から、ちゃんとITエンジニアという職に精通したコンサルタントによるサポートを受けられるかと思います。

(エンジニア特化型・転職エージェントの強みですね。)

また、ギークリーでは、以下のようなサービスも提供しているので、登録・利用してみると良いでしょう。

  • 「Geekly・Review(ギークリー・レビュー)」

    ギークリー・レビューでは、転職したい方を対象として、企業の口コミ情報がまとめられています。

    残業時間、年収、選考情報、開発環境・体制、労働環境などなど、カテゴリ別にまとめられています。
     
    Geekly・Review:公式サイト

    以下の通り、2022/7時点で、企業数:6.7万、口コミ数:3.2万と、かなり多いことが分かります。

    GeeklyReview:企業の口コミ件数-1

  • 「エンジニア等のIT人材の年収診断」

    簡単なアンケートに答えることで、年収診断してくれるようですね。気軽にできそうです。

    Geekly公式:IT人材の年収診断

以上です。

3、Findy(ファインディ) ~おすすめのITエンジニア特化型転職エージェント

Findy転職エージェントの公式サイト-1

Findy公式サイト

Findyは、GitHubアカウントを連携しないと、登録できない転職エージェントとなっています。

Github必須ということで、かなりエンジニア・プログラマーに特化している事が分かりますね。

さらに、Githubの開発履歴情報から、スキルの偏差値と適正年収を算出してくれます

(javaなど、プログラミング言語ごとのスキル偏差値も算出してくれるようです)

また、求人件数については、

トップページでは、「人気のテック企業:400社を厳選して求人掲載」と記載がありますが、

現在(2022/6時点)では、500社ほどに増えています。

Findy公式サイト:求人掲載企業の一覧

以上、

おすすめのエンジニア特化型転職エージェントでした。

※どのエージェントも、会員登録なしで、求人一覧・詳細情報の確認が可能となっているので、ぜひ確認してみてください(Findy以外は、非公開求人あり)

転職エージェントをITエンジニアが利用するメリット・デメリットと注意すべき事

ITエンジニアが転職エージェントを利用するメリット・デメリットまとめ-1

最後に、ITエンジニアが、転職サイトではなく、エージェントを利用するメリット・デメリットや、注意点などについて解説していきます。

※未経験者の方も参考にしてください。

まずは、以下にメリットをまとめてみました。

  1. 「非公開求人に応募できる」

    上述の通り、ほとんどの転職エージェントでは、非公開求人を抱えています。

    非公開求人とは、転職サイトや企業のホームページなど、インターネット上では確認できない、⼀般に公開されていない求⼈情報のことですが、

    企業が、公開したくない理由としては、

    ・求人情報から、新規に計画している事業やサービスの内容が、競合他社へ漏れてしまわないようにしたい。

    ・自社に採用のリソースが無いため、本当にマッチする人材のみ、応募してきてほしい。(エージェント経由だと、エージェントが人材チェックをしてくれるため、効率的に採用活動ができる)

    といった理由があります。

    特に、後者のケースが多いでしょうね。

    (私の働いている会社でも、紹介以外では、採用しないようにしています。。)

    応募者からしても、同じくミスマッチを防げますしね。

    ※ただし、非公開求人は、大体が即戦力を希望しているので、未経験の場合は厳しいです(特に、ITエンジニア・SEなどの専門職は)

  2. 「転職活動のサポートあり」

    こちらも、転職エージェントを利用する大きなメリットとなります。

    履歴書・職務経歴書の添削(てんさく)から、面接対策など、転職活動に関するあらゆる活動のサポートをしてくれます。

    企業が求める人材であったり、人材採用の背景や内情、過去に同じ会社に応募した方などの情報から、選考に関するアドバイスを貰える事もあるでしょう。

    このようなサポートを無料で受けれるわけですから、非常に大きなメリットですよね。

    もちろん、未経験の方も同じく利用するべきです。

以上です。

続いて、ITエンジニア・SEが転職エージェントを利用する時のデメリットについて、

  1. 「自分のペースで自由に転職活動ができない。。」

    転職活動をする背景は人それぞれあると思います。

    「すぐにでも転職したい」人もいれば、

    「今は転職は考えていないが、どのような転職先があるのか確認しておきたい」といった軽い気持ちで登録する方もいるかと思います。

    この辺の意向によっては、転職エージェントの担当者とミスマッチが起きますし、

    あとは、自分の想定・希望しているような求人を、エージェントが紹介してくれないとか、

    強引に転職をさせようとしているとか(バンバン電話やメールが来たりとか)

    エージェントがあいだに入っている以上、色々と制限や問題はあると思うので、その辺は考慮しておく必要があります。

    特に、すぐに転職をしたいと思っていない方や、方向性が定まっていない方は、注意した方が良いでしょう。

    ちなみに、転職エージェントの担当者との相性が悪いと感じたら、担当の変更申請を出すことで、対応はしてくれるようです。

以上です。

続いて、

ITエンジニア・SEが転職エージェントを利用する時の3つのポイントや注意点について

  1. 「複数のエージェントを並行して利用する」

    一口に転職エージェントと言っても、各社、様々な特徴を持っています。

    得意な業界、求人数、サポート内容、などなど。

    また、担当者単位での相性などの問題もあるでしょう。

    そのため、転職エージェントを利用するときは、複数社を並行して利用することをおすすめします。

    目安としては、上述の総合型とエンジニア特化型を、それぞれ2社ずつ利用するくらいが良いと思います。

  2. 「2~3年以上の実務経験ありのエンジニアは、特化型だけの利用でも良い」

    これまでに、プログラミング開発の実務経験があり、転職希望の会社の条件も、ちゃんと定まっているようなエンジニアは、特化型だけでも十分です。

    例えば

    ・転職先の条件:web系の自社サービス、リモート勤務、年収500万以上、javaを採用、100名規模

    ・実務経験:web系の自社サービス(java)の開発・運用経験あり(3年以上)

    といった方の場合ですね。

    また、特化型のエージェントの方が、その分、ITエンジニアという職種・業種に精通している担当者が揃っていると思いますし、転職先企業のつながりも強い特徴があるかと思います。

    担当者本人が、元々はエンジニアとして働いた経験があるという方であれば、より専門的で具体的なアドバイスをくれたりもするでしょう。

    (例えば、エンジニアと一言でいっても、フロントエンドなのか、バックエンドなのか、Webかスマホか、データベース、ビッグデータ・AIなど、業務の幅は多岐にわたります)

    担当者によっては、転職用に作成したポートフォリオのレビューまでしてくれる方もいると聞きます。

    一方で、javaとjavascriptの違いも知らない担当者もいるとの事なので、

    担当者の平均的なレベルの観点でも、エンジニア特化型の方が信頼できるでしょう。

  3. 「エンジニア未経験の方について」

    これは、転職エージェントを利用する・しないに限りませんが、

    業界未経験の方が、ITエンジニアへの転職活動をする際、気を付ける点があります。

    上述の通り、どこのエージェントでも、未経験可の採用枠というのは、少なからず用意されています。(それだけ、IT人材が不足していることです)

    ただし、会社によっては、将来的にスキルアップに繋がらないような雑務ばかりを任せられたり、

    ネットワーク監視ばかりで、プログラミングの実務経験が全く身に付かなかったり、

    安い賃金に長時間労働と、ブラックなところも、少なからず存在します(昔に比べたら、だいぶ減ってはいますが、)

    なので、未経験であるからこそ、転職活動をする上では、相応の準備をしておく必要があります。

    この辺については、以下の記事にて詳細にまとめているので、ぜひ参考にしてください。

    → IT業界未経験者が、Javaエンジニアに転職・就職する4つのポイント ~求人情報の見方や注意点も。

    (上記は、javaと記載がありますが、javaに限らずエンジニア全般に共通するポイントとなるので、ぜひ確認してみてください)

以上、ITエンジニア・SEが転職エージェントを利用する時のポイントや注意点についてでした。

今後、転職エージェントを利用しようと思っている方の参考になっていれば、幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。