文章の書き方

文章の書き方で4つのポイントを守ったら、1記事で1日500人以上の方に読まれるようになった


「文章」とは・・・いくつかの文を結合して、(何かしらの)思想や情報などをまとめたものであり、情報伝達や意思伝達のための手段になります。

ブログを運営していく上で、アクセスを集めたい場合は、「文章の書き方」が非常に重要になってきます。

当ブログでも、「文章の書き方」を意識する前と後で、アクセス数がかなり変化しています。

文章の書き方を意識しだして、「自分なりの法則性」を導きだしてからは、1記事あたり、1日500人以上の方に読まれるようになってきました。

【当ブログの人気記事の、1日あたりのアクセス数】
記事 アクセス数

そこで、今回の記事では、当ブログで文章を書く際に注意している4つのポイントを順に解説していきます。

※今回解説していく「文章の書き方」のメイン対象(媒体)は「ブログの記事」になります。
書籍やビジネス文章・読書感想文などの場合は、書き方が違ってくるかと思いますので注意してくだささい(参考にはなるかと思います)

以下、目次になります。

  • 文章の書き方を学ぶ必要性について
  • 文章の書き方の4つのポイント
  • ちゃんと文章が読まれているかの確認手順

「文章の書き方」を学ぶ必要性について

文章の正しい書き方 必要性

文章の書き方の解説に入っていく前に、まずはなぜ「文章の書き方」を学ばなければならないのか、、、

本質の部分を理解しておく必要があります。

ブログの記事において、「文章の書き方」を学ぶ理由は、たった一つで

「いかに、ユーザーの興味・関心を惹きつけ、最後まで文章を読んでもらえるか・・・」

この点に尽きます。

ユーザーが、ブログの記事を読むきっかけとなるシーンをイメージしてみてください。

ユーザーは、Googleで検索して、検索結果に表示されたページや、ソーシャルメディア上で流れてきたページを、たまたま見かけ、たまたま(タイトルを見て)気になったから、ページに訪れてきます。

なので、ユーザーが求めている内容がなかったり、興味を惹きつける内容がなかったら、すぐに離脱して、他のサイトへ行っちゃいます。

※リピーターとなっている場合は、別です。

なので、ユーザーが途中で離脱せず、最後まで文章を読んでもらえるように、文章を構成しなければならないのです。

最後まで文章を読んでもらえたという事は、ユーザーはその文章にたいして価値を感じたと置き換えれる事ができ、ユーザーが感じた価値の度合いが高ければ、ソーシャルメディア上でシェアしてくれたり、メルマガに登録してくれたりといった行動につながります。

この点を前提とした上で、以降の解説を読み進めていってください。

文章の書き方の4つのポイント

当章では、当ブログで記事を作成する際に、注意している4つのポイントについて順に解説していきます。

文章の主要キーワードとターゲットの選定

文章の主要キーワード設定

当項目は、記事を書く際に、一番最初にやっておくべき項目で、最も重要となる作業になります。

まずは、記事で主要となる「キーワード」を設定しましょう。

要は、何の事に関しての記事(文章)なのか・・・を明確にするという事です。

例えば、当記事であれば「文章の書き方」というキーワードを設定した記事になります。

このように、「ファッション」だったり、「シャープのパソコン」だったり、何でも良いので「キーワード」を1つ、記事に設定します。

この際、キーワードを設定する時に利用すべきツールがあります。

それが、GoogleAdwords(アドワーズ)で提供されている「キーワードプランナー」というツールになります。

このツールでは、Google上で、月間にどのくらいの検索がおこなわれているのかを、キーワードごとに確認することができます。

要は、どのような「キーワード」が検索数が多くて、逆にどのような「キーワード」が検索数が少ないのかといった事を確認することができるのです。

検索数が多ければ多いほど、そのキーワードについて、何かしら情報を求めている人が多いという事になります。
逆に、検索数が少なければ、それだけ(そのキーワードについて)情報を求めている人が少ないということになります。

なので、検索数を参考に、なるべく(何かしらの)情報を求めている人が多い「キーワード」を選定するようにしましょう。

ちなみに、「文章の書き方」というキーワードの検索数は、「月に5400回」ほど検索されています(下図参考)

検索数 確認画面

※キーワードプランナーの利用手順や、キーワードの設定をする際のポイントについては、下記記事が参考になります。

キーワードプランナーの使い方をまとめてみた
SEOで「キーワード対策」をおこなう本質と、6つの対策ポイント

※上記リンク先でも解説している通り、記事に設定する「キーワード」は、基本1つに絞ってください。複数設定してしまうと、「何を伝えたいのか・・・」といった事が明確化されなくなってしまうので。

文章の書き方 ターゲット選定

次に、ターゲット像の設定ですが、キーワードを選定する事ができれば、ターゲット像もある程度は浮かんでくるでしょう。

例えば、「文章の書き方」というキーワードを設定した場合、ターゲット像は「文章の書き方」について、何かしらの情報を求めている人ですよね。

検索エンジンを例にすれば分かりやすいと思います。

設定した「キーワード」で検索してきたユーザーは、どのような情報を求めているのか・・・

これを徹底的にイメージするのです。

例えば、「渋谷の喫茶店」というキーワードで検索してきた場合、ユーザーは「渋谷にあるオススメの喫茶店情報を求めている」と想像できるかと思います。

このようにしてターゲットのニーズ(欲している情報)を明確化するところまでが、当項目の作業内容です。

ターゲットのニーズが特定できれば、そのニーズを満たせるような内容にしていくといった方向性が定まりますよね。

文章構成(アウトライン)の設定

記事の主要キーワードと、ターゲットのニーズを特定することができたら、次は、記事の文章構成(アウトライン)を考えていきます。

文章構成(アウトライン)とは、下図のような大枠の構成になります。

記事の文章構成

以下、各要素の説明です。

  • 【導入部分】

    導入部分は、「タイトル」と「導入文」で構成され、ユーザーがページに訪れるかどうか、又、ユーザーがページに訪れて、離脱せずに、本文へ読み進めるかどうかの重要な部分になります。

    タイトルで、ユーザーに「自分にとって役に立つ内容がありそう!」と思ってもらわないと、そもそもページにも訪れてもらえません。

    ではどのようにして、ユーザーに(ページの)価値を感じてもらい、訪問したあとも「本文部分」まで離脱せずに読み進めてもらうのか・・・

    そのポイントについて、詳しくは後述しています。

  • 【本文部分】

    本文部分は、各「中見出し」と、それに対する説明文で構成されます。

    タイトルで示している情報(ユーザーにとって役に立つと定義した情報)を、この本文部分に構成し、内容について分類して解説をしていきたい場合は、「中見出し」を設定します。

    例えば、当記事であれば

    「文章の書き方を学ぶ必要性について」(中見出し)

    「文章の書き方の4つのポイント」(中見出し)

    に分類して、本文部分を構成しています。

    また、中見出しの中に、さらに「小見出し」を設定しても良いです。

    例えば、当記事でも「文章の書き方の4つのポイント」という中見出しの中に、各ポイントとして「小見出し」を設定しています。

    このように、「見出し」を利用して分類しておく事で、階層化された文章構造となり、ユーザーにとって、とても読みやすい文章になりますし、見出しのデザインや内容を最適化する事により、ユーザーの興味・関心を維持し続ける事ができます。

    また、本文部分によって、ユーザーにとっての価値度合いが決まります。
    要は、どれだけユーザーの役に立った内容であったか・・・という事が決まるのです。

    この「価値度合い」が高ければ高いほど、ユーザーは(サイト管理者にとってメリットのある)アクションを起こしてくれます。

    例えば、ソーシャルメディア上で記事をシェアしてくれたり、メルマガに登録してくれたりといったアクションを起こしてくれます。

    このように、「価値度合い」を高めるためのポイントについて、詳しくは後述しています。

  • 【まとめ部分】

    「まとめ部分」は、まとめの見出しと、まとめ文で構成されます。

    まとめの見出しについては、単純に「まとめ」と記述しても良いでしょう。
    要は、「記事を総括しますよ」ということが分かれば良いです。

    「まとめ文」には、記事の総括であったり、本文で解説しきれなかった部分を補足した内容にしておきましょう。

    また、関連している記事へのリンクや、ソーシャルメディアへのシェアボタン、メルマガ登録欄などを、「まとめ部分のあと」に構成しておいて、これらに対して「ユーザーアクション(クリックなど)」を促すような内容にしても良いです。

    例えば、「記事が役に立った場合は、下記のソーシャルシェアボタンでシェアしてもらえると嬉しいです」

    文章のまとめ部分 ユーザーアクションを促す

    といった具合に、促してあげましょう。

以上が、文章構成(アウトライン)になります。

ここでやっておくべき事は、(上図の)各見出しの内容について、ある程度イメージをしておく事です(下記、例)

タイトル(大見出し)は、「●●●」に関しての内容にして、その内容について、大きく二つの見出し(中見出し)に分類して、解説していこう。

一つ目の「中見出し」には、「■■■」に関しての内容にし、二つ目の「中見出し」には、「▲▲▲」に関しての内容にしよう。

最後に「まとめの見出し」部分で、記事の総括をしよう。

といった具合に、ここではざっくりとした内容を頭の中でイメージしておけば良いです。

重要なのは、上図の文章構成(アウトライン)に沿って、イメージをする事です。

タイトルと導入文の設定

文章の書き方 タイトルの設定

文章構成がある程度イメージできたら、次は導入部分(タイトルと導入文)の設定作業です。

上述している通り、導入部分はユーザーがページを訪れるかどうか、又、訪れた後に「離脱」するかしないかを決める、最も重要な部分となります。

そこで、当章では、ユーザーがページコンテンツ(本文)を読みたいと思える「導入部分」の設定手順について解説していきます。

まず、「タイトル部分」です。

タイトルは、ブログ記事の中で最も重要な部分になります。

ある調査では、タイトルの内容で、本文を確認するかどうかを判断する割合は、8割を超えています。
要は、8割のユーザーは、タイトルを見て、本文を確認するかどうか判断しているのです(参考もとは、こちら→「タイトルで中身読むか決める」が8割超 ― マクロミルのメールマガジン調査

上記(リンク先)のデータは、メールを対象とした話しなので、ブログを対象にした場合は、割合は変わってくるかと思いますが、参考程度にはなるでしょう。

ブログ記事の場合、ユーザーは主に下記(二か所)から訪れてきます。

  • 検索エンジンの検索結果ページ
  • ソーシャルメディア上で流れてきた情報

ユーザーは、上記二か所で表示されている「ページタイトル」をもとに、本文を見るかどうかを判断しているのです。

なので、ユーザーに対して「ページを見ることによる価値」が、ちゃんと伝わる「タイトル」に設定する必要があります。

そこで、タイトルを設定をする際の注意すべきポイントを下記にまとめました。

  • 記事の本文情報を端的に表している
  • 記事を読むことで得られる「ベネフィット」がイメージできる

※「ベネフィット」とは、その記事を読むことで得られるユーザーの未来像になります。
例えば、当記事のタイトル「文章の書き方で4つのポイントを守ったら、1記事で1日500人以上の方に読まれるようになった」の場合、

ユーザーは、どのような印象を抱くでしょうか?

「文章の書き方に関するノウハウを学べ、結果的に自分のサイトのページもたくさんの方に読まれるようになるかも」

このようにイメージされた場合、ベネフィットというのは「自分のサイトのページもたくさんの方に読まれるようになる」といった部分が該当します。

また、記事の本文情報を端的に表した部分が「文章の書き方で4つのポイントを守ったら・・・」という部分になります。

ユーザーはこの表記をみて、「文章の書き方に関してのノウハウが4つにまとめられているんだな!」と容易に想像できるでしょう。

このように、ユーザーが「文章の内容」を端的に理解でき、ベネフィットをイメージすることができれば、良いタイトルと言えます。

タイトルの設定に関しては、こちらでも詳しく解説しています→タイトル(title)を設定する手順と、設定する際のポイントを5つにまとめてみた

文章構成 導入文

次に、「導入文」ですが、

導入文には、次の「本文部分」へ読み進めるてもらえるように「最適化」をしておく必要があります。

この際、最適化をするための「型(構成)」というものがあります。

以下の順で、導入文を構成しておく事で、本文へ読み進めてもらえる可能性は格段に高まるでしょう。

  1. ユーザーへの問題提起、又は「タイトルで述べている事」の必要性の説明
  2. 上記(1)への解決策と、(解決策をおこなった場合の)結果の提示
  3. 解決策の根拠

以下に、例を挙げましょう。

例えば、タイトルを「アクセス数を増やすために、やっておくべき4つの項目」と定義した場合

  1. 【ユーザーへの問題提起、又は「タイトルで述べている事の必要性」の説明】

    上記タイトル例の場合、「サイトにアクセスが集まっていない」だったり、「間違ったアクセスアップの手段をおこなっている」といった事が、ユーザーの問題として想像できるでしょう。

    なので、「アクセス数が全く伸びない事で悩んでいませんか・・・」だったり、「アクセスアップ施策をおこなっているはずなのに、全くアクセス数が伸びない結果に終わっていませんか・・・」といった内容から、さらにその原因について「アクセス数を伸ばすための正しい施策をおこなっていないからです」だったり「それは、間違ったアクセスアップ施策をおこなっているからです」といった具合に言及します。

    これが、問題提起になります。

    また、「タイトルで述べている事の必要性」としては、自分の過去の経験を挙げる事が効果的です。

    例えば、「以前の当ブログは、1日100アクセスも集められないブログでした」とか、「間違ったアクセスアップ対策をおこなっていて、半年以上全くアクセス数が伸びなかった」といった内容が当てはまります。

    これは、「落ちこぼれからヒーローになる」といったストーリー(経験談)を通じて、相手の「共感」を得る鉄板的な方法になります。

  2. 【上記(1)への解決策と、(解決策をおこなった場合の)結果の提示】

    上述している例題の場合、「アクセス数を増やすために、やっておくべき4つの項目(タイトル)」が解決策になります。

    さらに、下記のように明記します。

    「今回解説する、アクセス数を増やすための4つのポイントをおこなっていく事で、3か月後には、一日1000PVほどのアクセスを集めるサイトになっているでしょう」

    上記のような内容が、「解決策をおこなった事による結果(未来像)」に該当します。

  3. 【解決策の根拠となる情報やデータの提示】

    例題の場合、このコンテンツを発信しているサイトの「アクセス数の推移データ」の提示が、「最も根拠となる情報やデータ」になるでしょう。

    例えば、以下のように明記して、

    「実際に当サイトでも、今回解説する4つのポイントに注意して施策をおこなっていったところ、3か月で、1日に1500PVほどのアクセス増加につながりました」

    この記載のあとに「アクセス数の推移データを確認できるグラフや図」などを提示してください。

    こうすることで、格段にコンテンツの説得力が上がります。

    ※ここでは、できるだけ具体的な指標値や数値を提示するようにしてください。そうすることで、説得力が全然違います。

以上、このようにして「導入文」を設定することで、効果的に次の「本文部分」へ促す事ができます。

本文部分の設定

文章構成 本文

上述している通り、本文部分では「見出し」を利用して分類しておく事で、階層化された文章構造となり、ユーザーにとって、とても読みやすい文章になります。

ですが、これだけではまだ不十分です。

単に、内容が分かりやすくて、読みやすいだけでは、ユーザーが感じる「(記事への)価値の度合い」は最大化されません。

価値の度合いを高めるには、下記の二つの要素が必要となります。

  • 【専門性の高い内容になっている】

    文章の専門性が高ければ高いほど、ユーザーが、その文章から得れる知識も広がります。
    なので、ユーザーが価値を感じる度合いは高まるでしょう。

    また、「文章を執筆した人」に対して、(その道の)プロフェッショナルの印象を抱く事につながりますので、情報の信頼性と説得力が増すといった相乗効果も生まれ、リピーターに繋がりやすくもなります。

    ※注意点として、いくら専門性が高い内容だとしても、ユーザーを配慮した分かりやすい文章になっていなければ意味がありません。専門用語ばかり用いて、ユーザーが理解する事が困難な場合、本末転倒になってしまいます。

  • 【タイトル内容や各見出しの内容に対して、根拠となるデータ(数値)が提示されている】

    これは、情報の信頼性や説得力の向上に、最も重要なポイントになります。

    例えば、「アクセス数を向上するための、4つの方法」という記事を公開していて、その記事に「そのサイトのアクセス数の推移グラフ」を載せている場合と、載せていない場合、どちらのほうが信頼性が高いか・・・普通に考えて、載せている方ですよね。

    このように根拠となるデータ(数値)を載せているだけで、「この記事の内容は本物だ!」と思ってもらえ、説得力も増します。

    例えば、当記事でも導入部分で「人気記事のアクセス数の証拠画像」を提示しています。
    これは、記事に対しての信頼性を持ってもらうといった目的があっての事なのです。

    ユーザーにとって、半信半疑で読み進めた記事と、信頼した上で読み進めた記事では、感じ取った「価値の度合い」が圧倒的に違います。

    なので、できるだけ「根拠となるデータ(数値)」を取り入れるようにしましょう。

以上です。

これらの条件を満たせば、ユーザーが感じる「記事への価値」はかなり高まるでしょう。

結果、記事を読んだ後に、何かしらのアクションを起こしてくれる可能性が高まります(例えば、ソーシャルメディア上でシェアしてくれたり、メルマガに登録してくれたりといった事です)

ちゃんと文章が読まれているかの確認手順

文章が読まれているかのチェック

最後に、自分のブログ記事がちゃんと最後まで読まれているかの確認手順について解説していきます。

どのようにして、「最後まで読まれている!」と判断するのか?

それは、ユーザーの「ページ滞在時間」で判断します。

要は、滞在時間がある程度長ければ、ちゃんと読み進めているのだなと判断します。
逆に、「10秒」とかになっていれば、それは途中で離脱していると判断できるでしょう。

ページの滞在時間は、Googleアナリティクスで確認することができます。

※以降の解説に入る前に、事前に「Googleアナリティクス」にブログを登録しておく必要があります。
登録手順については、こちらで解説しています→初心者必見!【Google Analytics(アナリティクス)】の導入と使い方

では、まず「Googleアナリティクス」を開いて、確認したいサイトの「ビュー(プロファイル)」をクリックしてください(下図参考)

文章を最後まで読んでいるかの確認手順1

次に、左側のメニューから「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」をクリックします(下図参考)

文章を最後まで読んでいるかの確認手順2

すると、下図のようにページごとに「ページビュー数」や「訪問数」が、一覧化された画面が表示されます。
この中に「平均ページ滞在時間」という項目があります。

こちらが、「ページの滞在時間(平均値)」になります。

下図だと、上の二つは「5分」以上読まれている事が分かります(ちゃんと読んでくれているみたいです)

文章を最後まで読んでいるかの確認手順3

手順は以上です。

こちらで自分のブログ記事がちゃんと読まれているかどうか、確認しておきましょう。

まとめ

今回の記事では、当ブログでアクセスを集めるためにしている「文章の書き方」について、4つのポイントに分けて解説してきました。

文章の書き方について、技術的な要素もいくつか解説してきましたが、一番重要なのは、

「いかに、ユーザーの興味・関心を惹きつけ、最後まで文章を読んでもらえるか・・・」

この点を意識したうえで、文章を書いていく事です。

また、もしあなたが「ライター関連」の職に就きたいと思ってる場合は、下記の記事も参考にしてください。

ライターになるには?フリーライターに求められる3つのポイントについてまとめてみた

また、アクセス数を集める事にフォーカスした場合、ユーザーのみを対象とするだけではダメで、検索エンジンの事も考慮にいれた記事にする必要があります。

なぜなら、検索エンジンで、上位に表示されるかされないかで、アクセス数には格段に差がでてくるからです。

なので、検索エンジン用に最適化して、上位に表示されやすいような記事を作成していく事が必要となります。

この事を「SEO対策」と呼びますが、こちらに関しては下記で一から解説していますので、ぜひ参考にしてください。

SEO対策とは

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。