java(JDK)のアンインストール(削除)方法

java(JDK)をアンインストール(削除)する方法まとめ ~Windows&Mac編


どーもー、現在某IT系の会社でjavaエンジニアとして働ている者です(当ブログの管理人です)

今回の記事では、PCにインストールされているjavaを、アンインストール(削除)する手順を順に解説していきます。

※WindowsとMac、それぞれのOSごとに解説しています。

古いバージョンのjavaがいらなくなった。。

等の理由でアンインストールしたいと思ってる方はぜひ参考にしてください。

また、原因は不明だけど、アンインストールができなかった。。といった方についても、その対策についてまとめているので、合わせて読んでいただければと思います。

※ちなみに、当記事での「java」は、厳密には「JDK」or「JRE」を指しています。

(アンインストール手順については、基本的にJDKでもJREでも同じです)

JDKやJREについては、以下の記事にて詳細にまとめているので、ぜひ参考にしてください。

→ Java SEとは?EE、MEとの違いや、JDK、JRE、JVMについて初心者向けに解説します

では以下、目次になります。

  1. WindowsPCのjava(JDK)をアンインストールする方法
  2. java(JDK)を削除する手順 ~Mac版(コマンドで対応)
  3. アンインストールできない時の対策について ~Windows版

※以下の記事も良かったら参考にしてください。javaの基本をまとめています。

Javaとは?プログラミング言語の特徴や歴史、人気な3つの理由をわかりやすく解説!

WindowsPCのjava(JDK)をアンインストール(削除)する方法

まずは、WindowsPCでの手順になります。

※JREも、手順は同じなので参考にしてください。

基本的には、他のソフトウェアをアンインストールする時の方法と全く同じになります。

java(JDK)のアンインストール:Windows版-1

上記のように、「コントロールパネル>プログラム>プログラムのアンインストールまたは変更」から、アンインストールする方法ですね。

基本的には、これでアンインストールは完了です。

ただし、この時エラーなどで正常にアンインストールできない事があります。

その場合は、後述している「最後の章」を確認いただければと思います(対策手順をまとめています。)

また、アンインストールが終わったら、念のため、以下のようにコマンドプロンプトで、「java -version」と入力して実行(Enter)してみてください。

java -version

コマンドでのjava(jdk)のアンインストール確認-1

こちらは、PCにインストールされているjavaのバージョンを確認するコマンドになりますが、上記のようにjavaコマンドが認識されていない場合は、OKです。

(参考:java(jdk)のバージョン確認手順とアップデート方法まとめ ~最新のバージョン情報も

ただし、以下のようにjavaのバージョンが表示されたら、まだアンインストールされていない。という事になります。

java(jdk)のアンインストール結果の確認:Windows編-1

この場合は、「java(JDK or JRE)」が存在するフォルダを特定して、そのフォルダを削除してやる必要があります。

フォルダの特定は簡単で、以下の通り「echo %PATH%」とコマンド実行して、環境変数の「Path」の設定内容を確認するだけです。

echo %PATH%

C:\Program Files (x86)\Common Files\Oracle\Java\javapath;C:\Windows\system32;・・・

java(jdk)のアンインストール手順:環境変数のPathの確認-1

上記のように、javaに関連するパスが、問題となるフォルダになります。

ちなみにフォルダを開いてみると、以下のように「java.exe」が存在しますね。

javaのexeファイルのパス-1

このexeファイルが、先ほどコマンドプロンプトで実行した「java」コマンドの実態となります。

これらのファイルはいらないので、フォルダごと削除してしまいましょう。

また、上述している環境変数のPATHの値(javaに関するパス)も、合わせて削除すれば良いでしょう。

環境変数のPATHの設定や削除については、以下の記事にてまとめているので、参考にしてください。

→ javaの環境変数(PATHとJAVA_HOME)の確認と設定方法 ~Windows、Linux・Mac版

ちなみに、環境変数のPATHには設定せずに、javaを利用しているケースもあるかと思います。

その場合は、自力でjavaのフォルダを見つけ出して、削除する必要があります。

大体は、Cドライブのどこかに「java」や「oracle」、「jdk」・「jre」と、名の付くフォルダがあるはずなので、探してみてください。

以下、例

  • C:\Program Files\
  • C:\ProgramData\
  • C:\Users\xxx(ログインユーザー名)\AppData\

Oracle公式のjavaアンインストールツール(Windows専用)について

javaを管理・提供しているオラクル社ですが、実は公式にjavaのアンインストールツールを公開しています。

Oracleのjavaアンインストールツールのダウンロード-1

Oracle Java公式HP:アンインストールツール

上記のように、「JavaUninstallTool.exe」をダウンロードして実行することで、あとはウィザード画面に従って進めていけば良いです。

ただ、このツールは「JRE」については削除できますが、「JDK」の削除はできません。。

なので、個人的にはこのツールの利用はあまりオススメしないですね。

(普通に、Windows標準のアンインストール機能を利用するやり方(上述)で良いでしょう)
 

java(JDK)をアンインストールする手順 ~Mac版(コマンドで対応)

Macで、javaをコマンドでアンインストール(削除)する手順-1

続いて、Macでの手順になります。

※Macでは、JDKとJREで、アンインストールの手順が違います(削除するファイルやフォルダが違う)

なので、まずは「JDK」を削除する手順から解説していきます。

ではまず、現在MacPCにインストールされているJDKを確認します。

「ターミナル」を開いて、以下のコマンドを実行してください。

$ /usr/libexec/java_home -V

Matching Java Virtual Machines (1):
1.8.0_05, x86_64:”Java SE 8″ /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_05.jdk/Contents/Home

上記の通り、javaのバージョンと、フォルダのパスを確認することができます。

あとは、上記のフォルダを削除するだけです(以下のコマンド実行)

$ sudo rm -rf /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_05.jdk

(jdk1.8.0_05.jdk のフォルダごと削除してしまって良いです)

これで、アンインストール完了です。

念のため、ちゃんとアンインストールされているか、確認してみましょう。

先程と同じコマンドを実行してみてください。

$ /usr/libexec/java_home -V

Unable to find any JVMs matching version “(null)”
Matching Java Virtual Machines (0):
Default Java Virtual Machines (0):

No Java runtime present, try –request to install.

先程とは実行結果が異なっており、「JVMが見つかりません」・「Javaランタイムが存在しません」と表示されているので、アンインストール成功ですね。

ちなみに今回、MacのJDKアンインストール手順については、以下のオラクル公式ページを参考にさせていただきました。

参考:オラクル公式HP:MacOSへのJDK8のインストール

また、JREのアンインストールについても、以下オラクル公式のページにて解説されているので、参考にしてください。

→ Oracle Java公式HP:MacでのJava(JRE)のアンインストール方法

(削除対象のパスが、違っているだけです)

以上、Mac環境でのjavaアンインストール手順でした。

javaをアンインストール(削除)できない時の対策について ~Windows版

ここでは、Windows標準のアンインストール機能を利用して、失敗してしまったケースでの対応手順についてです。

以下、オラクルのjava公式ページに記載があります。

Windows環境:javaをアンインストール(削除)できない時の対応-1

Oracle Java公式HP:WindowsでJavaをアンインストールする時のトラブルシューティング

記載内容から、「Microsoftユーティリティ」を利用して、アンインストールが失敗した原因に繋がる、破損したファイルやレジストリを修復するとのことです。

「Microsoftユーティリティ」はリンクになっているので、Microsoftのページに移って、「トラブルシューティングツール」をダウンロードしてください。

java(jdk)アンインストールできない時の対策ツール-2

Microsoft公式サポート:プログラムのインストールまたは削除がブロックされる問題を解決する

以下の通り、ダウンロードできたら実行してください。

java(jdk)の削除ができない時の対策ツール-3

ウィザード画面が開くので、あとは画面の指示通りに進めていけば、アンインストールすることができます。


もしも上記の対策をしても、アンインストールする事ができなかった場合は(滅多に無いとは思いますが、)

そもそも、アンインストールをしない。という選択肢もあります。

それは、java(JDK or JRE)が、1つのPC内で、複数のバージョンを並行運用することが可能だからです。

ただし、インストールの方法によっては、複数のjavaをインストールすることができないので、

インストールする際は、インストーラーやセットアップ版は利用せずに、zipファイルをダウンロードして、それを解凍するだけでOKなものを選択してください。

詳細は、以下の記事にて解説しているので良かったら参考にしてください。

→ java(jdk)のダウンロード&インストール方法を初心者向けに解説 ~Windowsの環境構築

※上記の方法でインストールすれば、アンインストールする時も、ただ単にフォルダを削除するだけで終わりなので、簡単です

以上です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。